2022年01月15日(土)
  
ヒット曲も持つ芸達者な名女優、樹木希林が誕生
樹木希林 / 1943年)
女優の樹木希林が東京都に生まれる。悠木千帆の名前で61年にデビュー、77年の改名以降も第一線で活躍する実力派である。どこかとぼけたキャラクターが魅力だが、若い頃から老人を演じるなど、個性あふれる演技は非常に魅力的だ。実は、音楽界とも縁が深い。2人目の夫はあの内田裕也であるし、70年代にはドラマで共演した郷ひろみと組んで「お化けのロック」、「林檎殺人事件」と立て続けにヒットを記録。さらに、娘の也哉子は元シブがき隊の本木雅弘と結婚した。
−2006年12月26日作成−
L.スキナードのロニー・ヴァン・ザントが誕生
L.スキナードのロニー・ヴァン・ザントが誕生
レーナード・スキナードのシンガー、ロニー・ヴァン・ザントが米国フロリダ州ジャクソンヴィルに生まれる。38スペシャルのドニー、後にレーナードに加入するジョニーの兄である。後にはサザン・ロック界の重要人物になるのだが、幼い頃はそれほど熱心に音楽を聴いていたわけではなく、ボクサーやカー・レーサーを夢見ていたという。そんな彼をロックに導いたのはローリング・ストーンズのライヴだったとか。77年、有名な飛行機事故で死去。
−2007年12月18日作成−
奥田民生、2ndシングル「息子」発売
奥田民生 / 1995年)
奥田民生、2ndシングル「息子」発売
奥田民生がソロ第2弾の「息子」を発売。65年広島県生まれの民生は86〜93年、バンド「ユニコーン」でヴォーカルを務める。解散1年後の94年に「愛のために」でソロ・デビューし、その独特の楽曲・作詞センスをまざまざと見せつけ、その後の活躍はご存知のとおり。コカ・コーラのCMにもなぜか使われたこの曲は、PUFFYに提供した「MOTHER」にも通じる寂しさと、そこから開き直る前向きさに満ちた名曲だ。
−2000年12月22日作成−
子どもにも大人気のスチャダラBOSE、誕生
J-RAPの元祖、スチャダラパーのBOSEこと光嶋誠、岡山県に生まれる。'90年にデビューし、'94年小沢健二との共作「今夜はブギーバック」が大ヒット。以後、BOSEはゲーム『ゼルダの伝説〜時のオカリナ』のCMに出演したり、TV番組『ポンキッキーズ』に出演したりと、子どもたちからも支持を得る。ちなみに、スチャダラのANIとSHINCOは兄弟だが、BOSEの弟・光嶋崇も、かせきさいだぁのいたバンドで活躍したりデザイナーとして活躍したりもしている。
−2001年12月25日作成−
ザ・フーがデビュー
ザ・フー / 1965年)
ザ・フーがデビュー
ザ・フーが「アイ・キャント・エクスプレイン」でデビュー。「マイ・ジェネレイション」「恋のピンチ・ヒッター」などモッズのスタンダードを生み出した彼らは、その破壊的なライヴパフォーマンスでも名を馳せた。若者の行き場のない感情をストレートに示したこの曲は、G.ピート・タウンゼントが18歳のときに作ったものだという。同日には、ボブ・ディランが名曲「ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム」の収録も終えている。
−2002年12月25日作成−
クリリン、ルフィ、パズー、はに丸くん! 声優・田中真弓、誕生
田中真弓 / 1955年)
クリリン、ルフィ、パズー、はに丸くん! 声優・田中真弓、誕生
1955年1月15日、声優/舞台俳優として活躍する田中真弓が東京都に生まれる。劇団「おっ、ぺれった」を主宰するなど舞台女優として活躍する一方、声優としても大活躍。『ドラゴンボール』のクリリン、『ONE PIERCE』のルフィ、『天空の城ラピュタ』のパズー、『ダッシュ勝平』の坂本勝平、『魔神英雄伝ワタル』の戦部ワタルなど、多くの少年役を演じ、知名度、人気ともに今もトップを走る大ベテランとして活躍中。なお、ある世代なら誰もが知るNHK教育の人気キャラクター「はに丸くん」(『おーい!はに丸』)の声も担当している。
−2009年01月05日作成−
国民的女優、樹木希林が生まれる
樹木希林 / 1943年)
コミカルな役どころはよりコミカルに、シリアスな役どころはよりシリアスに。独特の存在感で演じて作品を盛り立てる国民的個性派女優、樹木希林。歳を重ねても出演のペースは落ちることはなく、常に第一線の女優として銀幕にお茶の間に、その誰もが納得する個性を振りまいている。
−2008年01月08日作成−
ビートルズ365:2月5日までパリのオランピア劇場にて公演。
ザ・ビートルズ / 1964年)
ビートルズ365:2月5日までパリのオランピア劇場にて公演。
トリニ・ロペスやシルヴィ・バルタンなどが共演した初のフランス公演。全10組のミュージシャンが出演したこの公演の観客の入りは悪く、ビートルズは前座に人気を奪われてしまった。観客の反応は曲が終わると拍手がおきるのみという、お行儀の良いコンサートだったようだ。現地の新聞でもこの公演については厳しい意見が多く、否定的なものが多かった(フランス公演初日の夜、地元の記者やカメラマンとビートルズが殴り合いのケンカをしたのが一因ともいわれている)。
−2006年03月08日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
[インタビュー] シバノソウ、少し大人になった彼女の「これから」を表明した新作EP[インタビュー] 広瀬咲楽、ナチュラルな歌声が魅力のSSW、真骨頂である春曲を集めたアルバム
[インタビュー] 橋本一子×藤本敦夫、スペシャル・ライヴ直前、マルチ・アーティスト対談[特集] 井上芳雄、デビュー20周年、スペシャルライヴを収めた豪華DVD + CD発売
[インタビュー] 魚返明未&井上 銘、ピアニストとギタリスト、同い年で旧知の二人による和らぎのデュオ・アルバム[特集] ウエスト・サイド・ストーリー OST 名作ミュージカルをスピルバーグ監督が新たに映画化永遠の輝きを放つその音楽の魅力
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015