2022年07月04日(月)
  
愛の伝道者、バリー・ホワイトが死去
バリー・ホワイト / 2003年)
愛の伝道者、バリー・ホワイトが死去
ソウル・シンガーのバリー・ホワイトが腎不全による合併症で死去。58歳だった。低音の魅力に溢れる歌声、その深い声で語られる愛の囁き……。“愛の伝道者”によって結ばれたカップルも数多いとか。73年のデビュー以降、精力的に作品をリリースし、90年代末には日本でも大人気となったドラマ『アリー my Love』にも登場。毎回のように「マイ・エヴリシング」が劇中で使用され、新たなファンを獲得した直後のことだった。
−2006年06月28日作成−
ジョン・ウェイトが誕生
ジョン・ウェイト / 1952年)
ベイビーズやバッド・イングリッシュに在籍したことで知られるヴォーカリスト、ジョン・ウェイトが英国ランカスターに生まれる。ベイビーズ以前には、ロンドンでの活動を経て、米国にも渡るのだが短期間で帰国するなど、苦労を重ねた人である。80年代に入るとソロとして成功、いくつものヒット曲・ヒット作を生み、88年にはバッド・イングリッシュ結成へ。特にメロディを好むロック・ファンから支持を得る実力派のシンガーだ。
−2007年06月28日作成−
家の中ではいつも全裸。Gackt、誕生
Gackt / ?年)
家の中ではいつも全裸。Gackt、誕生
Gackt、沖縄県に生まれる。幼い頃からクラシックピアノと声楽の勉強を受け、'95年MALICE MIZERの2代目Vo.としてメジャーデビュー。カリスマ的な人気を集めるも、'98年Gacktが失踪騒ぎを起こし、翌年バンドを脱退。ソロとして活動を開始し、中性的なルックスに加え、その特異なキャラクターで人気を得る。ちなみに氏は家の中ではいつでも全裸で、彼の熱狂的なファンも彼がメディア出演する際、必ず全裸になるという決まりもあるとか。ほんと?
−2002年06月24日作成−
ビートルズ“イメルダ夫人すっぽかし”事件
ビートルズ / 1966年)
ビートルズ“イメルダ夫人すっぽかし”事件
人気アイドルとして絶頂期にあったビートルズ。彼らがなんとフィリピン公演後に招待されていた、イメルダ夫人の昼食会を欠席! 3,000足もの靴を所有していたと言われるイメルダ夫人は、当時の大統領マルコスの妻。マルコスの当選は“100万票はイメルダの力”と言われたほど、凄まじい人気だった。彼女の招待をすっぽかしたビートルズを、新聞は“侮辱”と糾弾。2日後、空港でビートルズは逆上した暴徒から、袋だたきに。さて、彼らが招待を断った理由は、招待状が届いていなかったから……ウソかマコトか!?
−2003年06月25日作成−
TVアニメ「シャーマンキング」の放送開始
(2001年)
TVアニメ「シャーマンキング」の放送開始
武井宏之による漫画が原作のTVアニメ。霊能者(シャーマン)である主人公・麻倉葉が、500年に一度あるというシャーマンの頂点を決める戦い「シャーマンファイト」に参加し、全知全能の力を持つシャーマンキングとなるための戦いを描いた作品。2001年7月4日から2002年9月25日まで、全64話を放送。後半からはアニメオリジナルのストーリーが展開された。最終回の予告でも語られているとおり、1年でも1年半でもない中途半端な時期に終了している。
−2008年07月03日作成−
アメリカ独立記念日に生まれた主人公、映画『7月4日に生まれて』
7月4日はアメリカ独立記念日。『7月4日に生まれて』は、ベトナム帰還兵の青年が心の傷を抱えながらも、反戦運動に身を投じていく姿を描いた映画だ。実話を基にして書かれたロン・コーヴィックの同小説を、オリヴァー・ストーンが製作・監督・脚本で映画化。『プラトーン』『天と地と』に並ぶ、オリヴァーのベトナム戦争三部作の一つでもある。徹底的な役作りで挑んだトム・クルーズの好演に注目。
−2007年06月20日作成−
ビートルズ365:プラスティック・オノ・バンド「平和を我等に」発売。
ザ・ビートルズ / 1969年)
ビートルズ365:プラスティック・オノ・バンド「平和を我等に」発売。
ジョン、プラスティック・オノ・バンド名義でシングル「平和を我等に」英国で発売(米国では7日、日本では21日発売)。英国では3週連続2位、米国では最高14位を記録。レコーディングにはアレン・ギンズバーグやティモシー・リアリーなども参加している。またこのとき、カリフォルニア州知事選挙に出馬していたティモシー・リアリーにジョンはキャンペーン・ソングを依頼され、即興で書き上げた。しかし、ティモシーが麻薬不法所持で投獄されてしまったため、その後、まったく関係のない曲に作り変えた。それで出来上がった曲が『アビイ・ロード』に収録されている「カム・トゥゲザー」。獄中で「カム・トゥゲザー」を聴いたティモシーはやんわりとジョンに抗議をしたそうだ。
−2006年06月26日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015