“デストロイ!!”がクセになる楽曲「ゆきこさん」も好評 新メンバーで心機一転、ミドリの新作が完成!

ミドリ   2008/05/27掲載
はてなブックマークに追加
“デストロイ!!”がクセになる楽曲「ゆきこさん」も好評 新メンバーで心機一転、ミドリの新作が完成!
 新ベーシストを迎えて、個性派バンドのミドリがニュー・アルバム『あらためまして、はじめまして、ミドリです。』を5月に発表した。

 “デストロイ!!”のフレーズがクセになる楽曲「ゆきこさん」も収録。しっかりとした音作りだけでなく、言葉の深さも感じ取れる本作について新ベーシスト(欠席)を除くメンバーに話を訊いた。



 サポート・ベースの原田真悟が脱退し、新しいベーシストとして、ジャズ/エクスペリメンタル系バンドで活躍する岩見のとっつあんが加入。新生ミドリ初のアルバム『あらためまして、はじめまして、ミドリです。』が完成した。

 「ボク、最初は(岩見のとっつあん)嫌いやってん。まあこの人(ハジメ)のことも最初は大嫌いやったし、こっつぁん(小銭)も苦手やったんやけどな。でもな、こっつぁんが、岩見のとっつあんを“いい”って言って。この人がそんなこと言うの初めてやった」(後藤まりこ/ギターと歌)
 「長いこと一緒だった原田さんに比べたら、とっつあんは当然まだ微妙だった。けど……“なんかあるなー”と思って」(小銭喜剛/ドラム)
 「年上で優しいし、教えてもらうこともいろいろある。彼はジャズ出身で即興ができるから、こっちが出した音にすぐ応えてきたり、違うアイディアを出してくれたり」(ハジメ/鍵盤)
 「瞬発力のあるデブやな」(後藤)

 前作『清水』から、たった半年で臨んだレコーディングだったが……。

 「毎日毎日、5時間も6時間も練習スタジオに行って、今までにないぐらいみんなで一緒に作った。でも、アルバムのレコーディングが1週間って、ボクらにしたら長いほう」(後藤)
 「1日余ったもんな(笑)。今回のアルバムは、前もってこういう曲を入れたいとかはなかったけど、とにかく音作りをしっかりしたいと思ってた。今までのCDとは違った、ホンマに納得できる音にしたかったし、それができたと思う」(小銭)

 かつては詞の中で、女の魂の叫びをおっぴろげていた後藤まりこだが、このアルバムの表現はちょっと違う。“デストロイ!!”といった獣の叫びだけでなく、“愛はなく愛してる”(〈かなしい日々。〉)といった、より切ない、自身の心を深くえぐるような言葉が増えた。

 「なんか、モンモンとすることが増えました。前に、大事な人から、“大事な言葉はしまっておきなさい”って言われて。最初は“この人、ボクのことがイヤやからそんなこと言うんや”って思ってんけど、そうじゃなくて。言わんでもわかるとか、言わずに我慢したことでよけい気持ちがたかぶるっていうことが、すごい大事なんやって。そっから大事なことは黙るようにしたら、こういう詞になった」(後藤)





 パンク・ノイズの破壊衝動と、ジャズ的アンサンブルの妙を、際どいバランスで成立させるミドリ。曲作りや演奏において、どういう状態まで行けたら、彼らの中でOKが出るのだろうか。

 「何か一本筋が通ることがあるんですよ。“あ、見えた”って」(小銭)
 「逆に、なんかまとまらんなーっていうこともあるし。その辺の感覚はみんな近いと思う」(ハジメ)
 「グルーブ? グルーヴ?っていうのかな、やってて楽しい感じっていうのはみんな一緒やねんなあ。そういうときは、後からテイク聴いたら、なんかええねん。不思議やなあ」(後藤)

 それは、人間が“いい顔してる”というのと同じような感覚なのかもしれない。このアルバムのミドリのサウンドは、実にギラギラと、生々しく嘘のない、いい顔をしている。“芯がしっかりしてそうな、髪の長い女の子が素っ裸で、下の毛は出してください”、そんな後藤のリクエストで、漫画家・山本直樹が描き下ろした名ジャケットのように。


取材・文/齋藤奈緒子(2008年5月)



【ミドリ ライヴ情報】

5/26(月) 岡山 ペパーランド
「あらためまして、はじめまして、ミドリです。」ワンマン
OPEN/19:00 START/19:30
料金:前売り2,300円(+drink) / 当日2,800円(+drink)
お問い合わせ:夢番地 086-231-3531
※ミドリHPでのメールチケット予約受付はございません。

    
6/10(火) 札幌 PENNY LANE 24
「GO!GO!7188 2マンTour 徹子のHair」
共演:GO!GO!7188
OPEN/18:30 START/19:00
料金:前売り3,300円(+drink)
お問い合わせ:WESS 011-614-9999
※ミドリHPでのメールチケット予約受付はございません。

6/12(木) 仙台 CLUB JUNK BOX
「GO!GO!7188 2マンTour 徹子のHair」
共演:GO!GO!7188
OPEN/18:30 START/19:00
料金:前売り3,300円(+drink)
※SOLD OUT!! thank you!

6/22(日) 日比谷野外大音楽堂
「GO!GO!7188 2マンTour 徹子のHair FINAL」
共演:GO!GO!7188 / フラワーカンパニーズ ほか
OPEN/15:45 START/16:30
料金:前売り3,300円(+drink)
お問い合わせ:SOGO 03-3405-9999
※ミドリHPでのメールチケット予約受付はございません。

6/26(木) 高崎 CLUB FLEEZ
共演:KING BROTHERS
OPEN/18:30 START/19:00
料金:前売2,000円(+drink)/当日2,500(+drink)
お問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
※ミドリHPでのメールチケット予約受付あり。

7/2(水) 京都 磔磔
共演:キングブラザーズ
OPEN/18:00 START/19:00
料金:前売り2,500円(+drink)/ 当日3,000円(+drink)
お問い合わせ:清水音泉 06-6357-3666
※ミドリHPでのメールチケット予約受付はございません。

7/4(金) 福岡 DRUM Be-1
共演:凛として時雨
OPEN/18:30 START/19:00
料金:前売り2,500円(+drink)
お問い合わせ:TSUKUSU 092-771-9009
※ミドリHPでのメールチケット予約受付はございません。

7/5(土) 大分 T.O.P.S
共演:凛として時雨
OPEN/18:00 START/18:30
料金:前売り2,500円(+drink)
お問い合わせ:TSUKUSU 092-771-9009
※ミドリHPでのメールチケット予約受付はございません。

7/7(月) 熊本 DRUM Be-9
共演:凛として時雨
OPEN/18:30 START/19:00
料金:前売り2,500円(+drink)
お問い合わせ:TSUKUSU 092-771-9009
※ミドリHPでのメールチケット予約受付はございません。

7/9(水) 長崎 DRUM Be-7
共演:凛として時雨
OPEN/18:30 START/19:00
料金:前売り2,500円(+drink)
お問い合わせ:TSUKUSU 092-771-9009
※ミドリHPでのメールチケット予約受付はございません。

7/11(金) 広島 ナミキジャンクション
共演:8otto
OPEN/18:30 START/19:00
料金:前売り2,500円(+drink)/ 当日3,000円(+drink)
お問い合わせ:夢番地(広島) 082-249-3571
※ミドリHPでのメールチケット予約受付あり。

7/13(日) 松山 サロンキティ
共演:ニッポリヒト / 8otto
OPEN/18:00 START/18:30
料金:前売り2,500円(+drink)/ 当日3,000円(+drink)
お問い合わせ:夢番地(広島) 082-249-3571
※メールチケット予約受付いたします。

7/21(月・祝) HEAVEN'S ROCK さいたま新都心VJ-3
共演:サンボマスター
OPEN/17:30 START/18:00
料金:前売3,000円(+drink)
お問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
※ミドリHPでのメールチケット予約受付はございません。

■詳細はオフィシャル・サイトでご確認ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015