日米混成ヒップホップ・ユニット、ShinSight Trio―各国のラッパーが集まったユニヴァーサルな3rdアルバムが完成!

ShinSight Trio   2011/09/20掲載
はてなブックマークに追加
 ボストンを拠点に活動するラッパー/トラックメイカーのInsight、メロウなトラックメイキングで熱狂的な支持を集めるShin-Ski、彼とのユニット=Levitatorzでも活動を行なうDJ RYOW a.k.a smooth currentという3人から構成される日米混成ユニット、ShinSight Trio(シンサイト・トリオ)。彼らのニュー・アルバム『Moonlight Sunrise』は、各国のラッパーを迎えたスケールの大きな一枚になった。ラップ・ミュージックの魅力を再認識させてくれるその内容を紹介しよう。
Shin-Ski
――どういった経緯で活動を始めることになったんですか。
 Shin-Ski 「僕はもともとアメリカに住んでて、Insightとはその頃から仲が良かったんですよ。彼のアルバムに関わったこともあったし、単発じゃなくて一緒にアルバムを作ろうっていう話が出てきて。それで仲の良かったRYOWくんも入って、2006年から3人で始めました」
 DJ RYOW 「お互いに違うものを持ってるんで、おもしろい化学反応が起きる気がしたんですね」
――結成にあたって具体的な音楽のイメージはあったんですか。
 Shin-Ski 「Insightは“『Midnight Marauders』(ア・トライブ・コールド・クエストの93年作)の現代版を作りたい”って言ってましたね。僕もおもしろいと思ったし、そのアイディアが発展して出来たのがファースト『Shallow Nights Blurry Moon』(2006年)なんですよ」
Insight
――Insightとは普段どうやってやりとりしてるんですか。
 Shin-Ski 「Skypeとか電話、あとはメールですね。実は僕らもInsightと5年ぐらい会ってないんですよ(笑)。でも、Skypeでは常に話してるんで、会ってない感じはしないんですけど」
――じゃあ、データのやりとりをしながら制作を進めていくんですね。
 Shin-Ski 「そうですね。僕からトラックを送るんですよ。そのなかからInsightがピックアップして、そこにラップを入れたものの上にRYOWくんのスクラッチを乗せていったり。Insightの上げてくるラップに一回もNG出したことないんですよ。意思疎通ができてますからね」
 DJ RYOW 「僕も普段トラックを作ってるんですけど、ShinSight Trioでは(トラックメイキングを)Shin-Skiに任せているので、僕はスクラッチなりSEに専念できる。ただし、スクラッチはやりすぎるとノイズになりかねないんで、そこはやりすぎず、なおかつ存在感を出せるようにやってます」
DJ RYOW a.k.a smooth current
――台湾や中国などアジアでの活動も積極的にやってらっしゃいますよね。
 DJ RYOW 「そうですね。中国は今年の年明けに(ライヴを)やったんですけど、温かい感じでした。中国ではこういうことをやってる人たちがまだいないんで、おもしろく観てくれてるみたいで。アジアの方からはよくメールをいただくし、少しずつレスポンスがよくなってる感覚はありますね」
――日本のヒップホップ・シーンについては?
 Shin-Ski 「僕、日本のヒップホップはあんまり聴いたことないんですよ。現状もそれほど知らないですし。日本でムーヴメントを作ろうという意識よりも、自分たちのなかでやりたい音楽があって、それを楽しんでくれる人がいたら……という意識のほうが強いですね。
――新作『Moonlight Sunrise』は最初に何らかのイメージがあったんですか。
 Shin-Ski 「今回は“ユニヴァーサルなものを作りたい”っていうコンセプトがあったんですよ。だから、いろんな国のラッパーが参加してるんです。“音楽には国も言葉も関係ない、みんなで楽しもうよ”、そういう作品にしたかった」
――みなさん過去に交流があるラッパーなんですか?
 Shin-Ski 「ドイツのGeronimo MCやフランスのMoby Deeは、Insightがヨーロッパで出会った人らしくて、僕らも会ったことはないです。Insightからファイルが送られてきたら、すでに彼らのラップが入ってたんですよ」
 DJ RYOW 「最初は“これ、誰?”って感じでしたけど(笑)」
 Shin-Ski 「ふだん聞き慣れない言葉のラップは聴いていても新鮮でしたね。“(トラックに)こういう風に乗るんだ!”という驚きがありました」
――今後の活動に関してはどういうイメージを持ってます?
 Shin-Ski 「ライヴをやりたいですね。Insightがアメリカにいるぶん、今まではなかなかできなかったんですけど、2人でもできるような形を作っておいて、Insightが来るときはすぐにライヴできるようにしたい。ゲスト的にほかのラッパーに入ってもらうのもいいと思いますしね」


取材・文/大石 始(2011年9月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015