[特選ヘッドフォンガイド]どんなジャンルの音楽もナチュラルなサウンドで楽しめる――Vestax HMX-07

2014/05/15掲載
はてなブックマークに追加
Vestax HMX-07
Vestax HMX-07
オープン価格 12,800円前後

■形式: 密閉ダイナミック型 ■ドライバ: 40mm ■再生周波数: 20Hz〜20kHz ■インピーダンス: 22Ω ■感度: 103dB / mW ■プラグ: φ3.5mmミニ金メッキステレオ(L型) ■ケーブル長: 1.2m ■重量: 215g ■付属品: φ6.3mm標準変換プラグ
※お問い合わせ: ベスタクス(株) www.vestax.jp
どんなジャンルの音楽もナチュラルなサウンドで楽しめる
コンパクトに折りたためるので、
持ち運びに便利。
 ターンテーブルやミキサーなどDJ用音響機器で名を馳せるベスタクス。アーティストが思いを込めて制作した楽曲に対して、“何も足さない、何も削らない”ことがブランドのものづくりにおけるアイデンティティであるという。楽器メーカーとして長年培ってきたノウハウをベースに、こだわりを込めて完成させた最新のヘッドフォンが「HMX-07」だ。
 密閉型のハウジングには40mmの大口径ドライバーを搭載。遮音性が高く、アウトドアで音楽を聴くときにも音漏れや外部ノイズの飛び込みをしっかりと防いでくれる。ベスタクスのシンボルカラーであるレッドを基調にブラックをコンビにした鮮烈なボディカラーは、ユーザーの個性を存分に引き立ててくれる。表面のUVマットコーティング処理は塗装の質感を高めるだけでなく、本体に傷が付きにくいという点でもメリットがある。
 装着してみるとやや側圧が強めに感じられたが、クッション性の高いイヤーパッドが和らげてくれるので、長時間のリスニングも苦にはならなかった。イヤーパッドには吸湿性・速乾性の高いものを選んでいるという。実際にさらっとした着け心地が気持ちいい。
 ヘッドフォンはコンパクトに折りたたんで持ち歩くことができる。本体は両手でつかんで捻っても壊れないほど、柔軟性の高いFLEXボディ仕様だ。タフな設計や優れた可搬性を実現できた背景には、プロ用DJ機器のフィールドを25年以上もリードしてきたベスタクスの経験値が垣間見える。
これだけ捻っても壊れない高い
柔軟性と強靭さを兼ね備えた
ボディ構造。
 ケーブルの長さは1.2mで、左側ハウジングからの片出しタイプ。着脱ができるので、同じ3.5mmミニプラグ仕様のケーブルとの交換が楽しめる。付属ケーブルはOFC Litzフラットケーブルを採用。4色の交換用ケーブル「HFC-1」もベスタクスから発売中だ。
 アステル&ケルンのAK100 MK2をリファレンスにハイレゾ音源を試聴した。ダフト・パンク「ギヴ・ライフ・バック・トゥ・ミュージック」ではクリアな音場感と鋭いレスポンス、情報量の密な演奏が楽しめる。中低域は量感を絞り込んだタイトなイメージ。高域は芳醇な余韻を聴かせてくれる。カラフルな本体とは反対に、余計に色を付けない素直な音づくりが本機の持ち味だと感じた。どんなジャンルの音楽もナチュラルなサウンドで楽しめるヘッドフォンとして、選択肢のひとつに加えたい。
試聴・文 / 山本 敦
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 君はひとりじゃないよ Karavi Roushi『清澄黒河』[インタビュー] 山口美央子×松武秀樹 〜1983年作の『月姫』以来となる新作『トキサカシマ』をハイレゾ音源で聴く
[インタビュー] 自然に感じたまま表現すればいい――荘村清志、デビュー50周年の集大成『シャコンヌ』[インタビュー] 活動11年目のTSUKEMENが“いい大人”へのスタートとなる新作『時を超える絆』をリリース
[インタビュー] 世にも美しい“切れ目の戯言”――ATOSONE(RC SLUM / Boutique Strange Motel)[インタビュー] ローカルな個性とグローバルな普遍性 FOUR HORSEMEN『FOUR HEAVENLY KINGS』
[インタビュー] リストのあらゆる側面を伝えたい――金子三勇士『リスト・リサイタル』[インタビュー] 追い求めていくことと打ち砕かれてしまうこと ドキュメンタリー映画「STANDARD」
[インタビュー] 音で聴く回想録 KERA『LANDSCAPE』[インタビュー] CUBERS 注目の5人組ボーイズ・グループ つんく♂作「メジャーボーイ」でメジャー・デビュー!
[インタビュー] Ryo Kobayakawa、NEI、COVAN――名古屋市南区発ヒップホップ・クルー“D.R.C.”を紹介する[インタビュー] 強さと美しさを追い求めて――ベッド・インが初のカヴァー・アルバム『Endless Bubble』を発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015