働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」

2019/03/29掲載
はてなブックマークに追加
 “ハートフルリラクゼーション”をコンセプトに、疲れた体の筋肉やツボをもみほぐすボディケアやリフレクソロジーなどのリラクゼーションサービスを展開するラフィネ。先日公開されたCM『リセットノススメ』が働く女性を中心に“観るだけでリフレッシュできる?!”と話題を呼んだが、3月28日、早くも“新CM発表会”が開催された。
ラフィネ新CM発表会
ラフィネ新CM発表会
 出演するのは“美人すぎる劇団員”としても注目の女優・糸原美波。『リセットノススメ』と同様、働く女性が主人公で、リラクゼーション業という職業と、セラピストの仕事や働き方を広く知ってもらうために制作された。「リセットノススメ」と続いてRaffine Inspireが担当したCM楽曲「職業、セラピスト。」は、おしゃれなエレクトロ・サウンドに乗せたラップ調のヴォーカルが印象的で、歌詞は現役セラピストからリサーチした“セラピストあるある”が満載。また、糸原は楽曲に合わせて歯磨きなど日常の動きを取り入れたキュートなダンスを披露しており、春らしい爽やかさのあるファッショナブルな映像がまたも女性の共感を呼びそうだ。
 セラピストの施術着姿で登壇した糸原は、「初CMで緊張しました。日常の細かい動きを取り入れたダンスは難しかったですが、幼少期からダンスを習っていたので撮影は楽しかったです」と振り返った。“美人すぎる劇団員”と呼ばれる美貌の秘訣は「朝晩のストレッチとボディケアを欠かさないこと」とのこと。「朝が弱くて、二度寝、三度寝してしまうこともあります」と朝が弱いことも明かした彼女は、最後に「たいへんなこともあると思いますが、これからもキラキラした笑顔でたくさんの人を癒やしてください」とセラピストにエールを送った。
ラフィネ新CM発表会
ラフィネ新CM発表会
 またイベントには、バラエティ番組などで活躍するタレントの鈴木奈々と元AKB48の西野未姫も登壇した。CMに出演した糸原について、「美人で透明感があって、私たちとは真逆!」とメロメロの2人。「30歳を越えてから身体が疲れやすく、お尻や胸が垂れてきた」と悩みを明かした鈴木はラフィネのトップセラピストから疲れが取れるストレッチの手ほどきを受けた。「筋トレとダイエットをしていて、お腹が空いて眠れない」という西野は、「カモミールティーが寝付きにいい」とアドバイスをもらい、「身体だけでなく気持ちも癒やしてくれる、セラピストさんの技術のすごさを知りました」と感嘆。「セラピストさんのように、元気や癒やしを与えられるバラエティタレントになれるようがんばります」と、セラピストという職業になぞらえてさらなるやる気を滲ませた。
ラフィネ新CM発表会
 同じ事務所の先輩と後輩でふだんから仲がいいという鈴木と西野。イベント後の囲み取材では、西野のバラエティ出演が増えていることについて、鈴木が「負けてられない。私は色気でやっていこうと思います」と話せば、西野が「色気があるところは見たことがない!」とすかさずつっこむ、息の合った場面も。バレンタインの時は、西野が鈴木の夫へのチョコレート選びに付き合ったというプライベート話も飛び出し、いい先輩と後輩の関係であることをアピールした。そんな2人も大絶賛の“セラピスト”を主人公にしたCM「職業、セラピスト。」。仕事で疲れたあなたにぜひチェックしていただきたい。
ラフィネ新CM第二弾「職業、セラピスト。」
ラフィネ新CM第一弾「リセットノススメ」
■「だから、ラフィネ。」ラフィネのセラピスト求人・採用公式サイト
http://www.bodywork.co.jp/recruit/
文/榑林史章
撮影/片野智浩
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015