【2CELLOS】 エルトン・ジョン、スティーヴ・ヴァイからラン・ランまで、豪華ゲストを迎えパワー・アップした2ndアルバム!

2CELLOS   2012/11/09掲載
はてなブックマークに追加
 それぞれクラシックの名門校で研鑽を積み、コンクール優勝歴を重ねてきたクロアチア出身のチェリスト、ルカ・スーリッチとステファン・ハウザー。2011年の1月、YouTubeにアップしたマイケル・ジャクソンの「スムーズ・クリミナル」の情熱的すぎるカヴァー映像が3週間で300万回再生に達するほどの反響を呼び、ふたりはチェロ2本でロックの名曲を歌い上げるユニークなデュオ、2CELLOSとして同年6月にCDデビュー(日本盤は9月に発売)。世界的な大ブレイクを果たした。
 あれから約1年、待望の2ndアルバム『2CELLOS2〜IN2ITION〜』が世界に先駆けて日本でリリース! この11月には名古屋・大阪・東京で震災復興支援のフリー・ライヴを行ない、7日のリリース記念ショーケースでもおおいに日本のファンを沸かせたばかりだ。

photographer credit:Smallz&Raskind / (C)Sony Music Entertainment
――ニュー・アルバムのタイトルは『IN2ITION』(intuition=直感)ということですが、制作するうえでおふたりの直感が互いに衝突し合ったりしませんでしたか?
ルカ・スーリッチ「たしかに僕らはふたりとも直感に従って行動するタイプで、実際、デビュー・アルバムの時はお互いに譲らなくてしょっちゅう議論を重ねていたけど、今回そういうのは少なかったよ。プロデューサーのボブ・エズリンが僕らの間でよき調停役を務めてくれたからね(笑)」
――前作よりパワーもスケールもアップした今作では、多彩なゲスト陣とのコラボも魅力です。とくに4人の個性派ヴォーカリストとの共演が素晴らしい!
ステファン・ハウザー「4人はまったくタイプの違う歌い手で、独自の表現方法と個性的な声を持っている。ナヤ・リヴェラの歌声はセクシーで、ズッケロはとてもノスタルジックでメランコリック、エルトン・ジョンは豊潤にしてパワフルだし、スカイ・フェレイラは親密で繊細に歌い上げる……どれも驚くほどチェロの音色にフットしているんだよね。しかも4人とも完璧に自分のスタイルに合った楽曲を選んでいると思う」
――AC/DCの「地獄のハイウェイ(ハイウェイ・トゥ・ヘル)」では、偉大なるギタリスト、スティーヴ・ヴァイとの共演でこれまで以上に熱いロックのスピリットが炸裂しています。
ステファン「僕らには、生まれつきロックのスピリットが備わっているみたいだ。これまでもつねに魂のロッカーだったし、ありったけのエネルギーと情熱でクラシックも演奏していたからね。とても自然なことなんだよ」

スティーヴ・ヴァイと
Photo credit:Bernard De Lierre / (C)Sony Music Entertainment
――コールドプレイの「クロックス」が、まるで2本のチェロとピアノのために書かれたクラシックの楽曲のように完成度が高くて、美しい。スター・ピアニストのラン・ランとの共演にクラシック・ファンも大興奮です。
ルカ「ピアノとコールドプレイの曲をカヴァーしたいとずっと思っていたんだ。〈クロックス〉はそれにうってつけだし、しかもラン・ラン以外の演奏家とこの曲を一緒にやるなんて考えられなかったよ。彼の発想はいつも時代の先をいっている。ぜひまた、クラシックからロックや映画音楽まで、彼といろいろコラボしたいと願っている」
――エフェクトを効果的に駆使したミューズの「スーパーマッシヴ・ブラック・ホール」もカッコいいですね。共演しているのが米国の人気TVドラマ『glee』のサンタナ役でおなじみのナヤ・リヴェラっていうのも素敵です。
ルカ「ナヤとは、僕らが『glee』にゲスト出演して〈スムーズ・クリミナル〉を演奏した時(※シーズン3 第11話)にすぐ友達になって、一緒に何かやろうって意気投合したんだ」
ステファン「『glee』の撮影は大変だったけど、すごくエキサイティングな経験だった。まさにハリウッド式番組制作の現場を目の当たりにしたかも」
――今作は本当に選曲が最高です。リアーナのヒット・チューンから往年の名曲、英国のオルタナ系人気バンドの楽曲まで幅広いチョイスが素晴らしい。大御所プロデューサーのエズリンさんともかなり話し合ったのですか?
ルカ「ボブとは選曲だけでなく、アルバムのすべてのゲストもセレクトした。ロックの歴史に伝説のアルバムの数々を残した大物と僕らの間に、ある種のケミストリーが生まれたことを心から光栄に思う」
――日本盤にはボーナストラックとしてレッド・ホット・チリ・ペッパーズの「カリフォルニケイション」が収録されていてとても嬉しいです。8月にはクロアチアでレッチリ公演のオープニング・アクトを務めたとか。おふたりにとっても憧れの存在であるレッチリとの共演はいかがでした?
ルカ「間違いなく人生でもっともエキサイティングで、忘れられない体験のひとつだったね。僕らはオープニング・アクトとして演奏したんだけど、最後の〈バック・イン・ブラック〉でなんとチャドがドラムで飛び入り参加してくれて、僕ら完全にぶっ飛んだよ。一緒に演奏しはじめたらアドレナリン出まくりで! しかも彼らのステージでも最初のアンコール曲〈カリフォルニケイション〉に呼ばれて、バンドのみんなと一緒に演奏できたなんて夢みたいだった。本当に最高のバンドでみんな大好きだけど、とくにフリーとチャドが素晴らしすぎる。ミュージシャンとしてすごく尊敬しているんだ」
――来年の2月には日本でツアーも予定されているそうですね。本当に楽しみです! では最後に、このコンビの魅力についてそれぞれ語っていただけますか?
ステファン「ルカのことは非常に成熟した、深みのあるアーティストだと思う。僕らは異なる個性を持っているからこそ、こんなふうに一緒に働けるんだと思う。お互いに補完しあっているんだよね」
ルカ「ステファンとは一日じゅう一緒にいるけど、退屈な瞬間はほとんどないと言っていい。彼の素晴らしい才能、音楽家としてのあり方には、いつもはっとさせられるんだ」
取材・文/東端哲也(2012年10月)
■2CELLOS 来日ツアー 2013
2013年
2月15日(金) 東京・オーチャードホール
2月16日(土) 大阪・メルパルクホール
2月18日(月) 金沢・金沢市文化ホール
2月19日(火) 広島・アステールプラザ
2月20日(水) 名古屋・Zepp Nagoya
※問:ウドー音楽事務所 [Tel]03-3402-5999
http://www.udo.co.jp/Artists/2Cellos/

■2CELLOS オフィシャル・サイト
http://www.sonymusic.co.jp/2cellos/
http://www.2cellos.com/jp

■2CELLOS 日本公式Twitterアカウント
http://twitter.com/2CELLOS_Japan
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015