合い言葉は“ポップ・ロック!”──注目のガールズ・ユニット9nineが2ndアルバムを発表!

9nine   2008/07/15掲載
はてなブックマークに追加
 個性溢れる8人のメンバーによって構成されるガールズ・ユニット9nine(ナイン)。今後のブレイクが予想される彼女たちが待望の2ndアルバム『second 9』を発表! ポップでロックな今作について、Perfumeあ〜ちゃんの実妹・西脇彩華、おはガールとしても活躍していた下垣真香、ドラマ『役者魂』での好演で話題を呼んだ川島海荷の3人にメンバーを代表して元気いっぱいに語ってもらった。


 ティーン雑誌のモデルや、映画、テレビ、CMなどで活躍する、個性溢れるメンバーによって構成される8人組ガールズ・ユニット9nine。昨年3月にアルバム『first 9』でメジャー・デビューし、ストリート・ライヴなどの活動を通じ、グループとして着実に成長し続ける彼女たちが、約1年3ヶ月ぶりのニュー・アルバム『second 9』を完成させた。今回は、メンバーを代表して、西脇彩華、下垣真香、川島海荷の3人にロック色の強い新作について話を訊いてみた。
 「前作は、ジャンルを絞らずいろんな楽曲にチャレンジしたけど、今回はロックって大きなテーマを作って、なおかついろんなイメージの曲を作っていったんです。基本はバンド・サウンドだけど、中には大人っぽい〈砂の城〉、ジャジーでカッコいい感じの〈恋花〉とか、今まで歌ったことのないような曲もあったり。あと1stは全員で歌ってたけど、今回はその曲に合った子が歌ってたり、メンバー1人1人の個性が、すごく出てますね。ジャケット写真も、自分に似合う色の服を着たり、好きなアクセサリーを付けたり、撮影も楽しかったなぁ」(西脇)
 「『first 9』は、ジャケットも白黒のイメージでおしとやかな曲も多かったけど、今回のアルバムはカラフルな感じで、ロックっぽいワーッて勢いが詰まってます(笑)。かわいさだけじゃなく、カッコよさも感じてほしいです」(下垣)
 「ロックだけどポップな曲も入ってて、メロディも歌詞もすごくいいんです。心を込めて歌っているので、喜怒哀楽を思いっきり出して楽しんでほしいな(笑)。今回のアルバムの合い言葉は、“ポップ・ロック!”です(笑)」(川島)
 ハードなギターが炸裂する「awake」、空に向かって突き抜けていくようなポップ・チューン「sky」、60'sガール・ポップ・テイストの「漂流少女」、ハード・ポップで9nine初のラップも飛び出すシングル曲「Show TIME」など、バラエティ豊かな楽曲揃いの今作からは9nineのイキイキとした楽しさとカッコよさが伝わってくる。では、3人のフェイヴァリット・チューンは?
 「〈sky〉は、元気で明るくて、聴くと楽しくなる、いい曲なので好きですね」(下垣)
 「私も〈sky〉。インディ時代から歌ってて思い入れもあるし、ライヴでも一番盛り上がる曲なんです。あと〈恋花〉は、リード・ヴォーカルで歌わせてもらった曲で、すごく印象深いですね」(西脇)
「〈漂流少女〉は、おとなしめの曲で歌詞も深い意味があって好きなんです。あと〈sky〉をライヴで歌ったときに、“元気をもらった”ってアンケートをいただいたことがあって。歌って良かったなって思いました」(川島)
 さて、9nineは、中学3年生から高校3年生までのリアルなティーンエイジ・グループだけに、可能性はまさに無限大。これからやりたいこともたくさんあるという。
 「今後も地道にライヴを続けて、もっと自分たちのレベルを上げたいのはもちろんだし、いろんな人、同世代の子からも親近感を感じてもらえるグループになりたいです。あと、ワンマン・ライヴや全国ツアーとかやりたいね」(西脇)
 「大きいステージで歌いたい! あと9nineは、みんな話も面白いので、トーク番組がやりたいです(笑)」(下垣)
 「メンバーの(三浦)萌が、携帯のムービーで映画を作るのが得意で、9nineのHPで萌監督のCMが見れるんです。そういう誰もやったことないことがやりたいな。それぞれが得意なものを発揮して、メンバー発のアイディアで動けるグループになりたいんです。アイドル・グループじゃなく、ガールズ・ユニットとして頑張っていきたいな」(西脇)
 「ホントいろんなことに挑戦したいね。曲も9nineのこともメンバーそれぞれのことも、もっと知ってもらって、楽しい私たちのありのままを見せていきたいです!」(川島)



取材・文/土屋恵介(2008年6月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015