来年のデビュー30周年に弾みを付けるべく、杏里がカヴァー集を発表

ANRI(杏里)   2007/09/11掲載
はてなブックマークに追加
来年のデビュー30周年に弾みを付けるべく、杏里がカヴァー集を発表
 2008年にデビューから30周年を迎える杏里が、ユニバーサル ミュージックに移籍。それを機にあらためてシンガーとしての自身を再認識するために、カヴァー・アルバム『tears of anri』を発表。ファンからリクエストされた楽曲の中から、“涙”や“別れ”をテーマに選曲された11の名曲をカヴァー。他アーティストの曲をカヴァーをするのは初めてという彼女に、新作についての話を聞いてみた。




 デビューから数年は「オリビアを聴きながら」や「CAT'S EYE」といった書き下ろしで提供された曲をヒットさせ、80年代後半、アルバム『BOOGIE WOOGIE MAINLAND』などでJ-POPにダンス・ミュージックを導入するかたちとなってからはオリジナル志向を一気に強めていった杏里。そんな彼女が、初の邦楽カヴァー・アルバム『tears of anri』を発表した。川村結花の「夜空ノムコウ」、薬師丸ひろ子の「探偵物語」、DREAMS COME TRUEの「やさしいキスをして」といった名曲が並ぶが、まず感じるのは歌詞の良さがストレートに伝わることだ。彼女のしなやかな声と明快なヴォーカル・スタイルには聴き手にメッセージを届ける力があり、そのことにあらためて気付かされる。

「詞がちゃんと聴こえてくるものにしようと気を付けました。なるべく丁寧に歌い、メロディもオリジナルのテイストを崩さないようにしています」

森高千里の「雨」や岩崎宏美の「聖母たちのララバイ」などは意外な選曲という印象も受けるが、豊かな情感に満ち、しっくりハマっているのが面白い。
「プロジェクトのスタッフによるベーシックなチョイスはあったんです。でも、ファンの人の声を聞くことも大事だということでネットでリクエストを行なって、参考にしています。今まで歌ってきた作品とはぜぜん違うコード進行だったり、メロディだったりするのでプレッシャーはありましたけど、スタートしてみるといいチームが集まって、楽しいレコーディングになりましたね」




 曲によっては大胆なアレンジを施し、オリジナルとはひと味違う魅力を引き出しているのも聴きどころ。自身の代表曲「悲しみがとまらない」はテンポをグンと落とし、メロウなバラードにしている。
「最初に聴いたとき、“こう来たか”と倒れそうになりました(笑)。でも、今までやってきたことと変わりがなければ意味がないと思いますし。歌っているうちに気持ちよくなって、“これ、アリだね”って話になりました」
 しっとりとしたサウンドになった「悲しみが〜」だが、感傷的すぎるということはない。収録されているほかのバラードも同様だ。常に前向きな印象を与える点が彼女のヴォーカルの持ち味でもある。
「タイトルにある“tears”はネガティヴな涙ではなく、感謝の涙なんです。聴いてくれる人に、自分の世界にひたって涙を流すのではなく、ポジティヴな感動の涙を流してもらえたらいいですね」
 杏里がデビューしたのは78年11月。2008年にはプロ生活30年目を迎える。
「今回、人の作品を歌うことで表現力というものを意識しました。カラオケではコピーでよくても、アルバムにするからには杏里というシンガーとしてオリジナルにしなければいけませんから。そういう意味では歌いこなしたという自信もありますし、シンガーの杏里というのも再認識できましたね」
 節目のタイミングでリリースされた新作は、何年か経って振り返ったときに、新たな展開の第一歩と位置づけられていることだろう。


取材・文/浅羽 晃(2007年8月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015