PE’Zを昇華して、さらにその先へ――門田“JAW”晃介率いるBARBが始動

BARB(Jazz)   2016/10/05掲載
はてなブックマークに追加
 2015年末に惜しまれながら解散したPE'Zのサックス・プレイヤー、門田“JAW”晃介が新バンドBARBを結成。1stアルバム『Brew Up』とともに本格的な活動をスタートさせる。メンバーはジャズ・シーンを中心に多方面で才能を発揮している宮川 純(Key)、Yasei Collectiveのリズム・セクションである中西道彦(b)、松下マサナオ(dr)。メロディアスなフレーズと先鋭的なサウンド、ジャズの伝統と革新がせめぎ合うような音楽性からは、このバンドがすでに確固たる独創性を掴み取っていることが伝わってくる。
 今回はバンド・リーダー、門田にインタビュー。バンド結成の経緯と『Brew Up』の制作について聞いた。
拡大表示
――PE'Zの解散が2015年12月末。2016年の初めにはBARBの活動がスタートしていますが、結成の経緯はどんなものだったのでしょうか?
 「PE'Zをやっているなかで自然な形で集まったメンバーなんですよね。解散を発表したのが2014年の終わり頃なんですけど、その数ヵ月前の夏に主催イベントに参加してくれたのがYasei Collectiveで。そのときに中西くん、松下くんのふたりには“またセッションしましょう”と話していたんです。PE'Zが解散したのが2015年の12月なんですが、やっぱりその1ヵ月くらい前に、鍵盤に宮川くんを入れた4人で初めてライヴをやって、“来年(2016年)はこのバンドで活動します”ということを発表して」
――偶然が重なっているとは言え、すごいメンバーが揃いましたね。
 「そうですね。BARBを始めるに当たっては“PE'Zでやってきたことを自分なりに昇華して表現する”ということと“この先の自分がやりたいことを発信する”というふたつのコンセプトがあって。それがエレクトリックなサウンドだったり、サンプラーなどを使った音作りなんですが、このメンバーだったらそういう尖ったこともやれるという確信はありましたね」
拡大表示
――今回のアルバム『Brew Up』の楽曲はBARBのために書いたんですか?
 「PE'Zをやっているときに書いた曲が中心ですね。PE'Zの後半から自分で曲を書くようになって、もちろんPE'Zでやることを想定して書くわけですけど、“これはバンドでは出来ないな”というメロディもいっぱいあったんです。そのうちに“これは個人でカタチにしたい”という欲求が大きくなって、宅録で音源を作って。アルバムに入っているインタールードはそのときの音源ですね。以前からライヴでやっている曲もあるんですよ。〈Blue〉は最初のライヴからやっているし――そのときの音源は“まだまだ”過ぎて聴けないですけど(笑)――ボーナストラックとして入っている〈Prayer〉(矢野顕子 / パット・メセニー作曲)のカヴァーもライヴのイントロとしてやっていたので」
――制作はどんなふうに進めているんですか?
 「自分で打ち込んでデモと譜面を渡して、曲のイメージを伝えてからメンバー全員で作っていくんですが、最初のデモは8〜9割解体される感じですね(笑)。“そのままの感じでいこう”ということも稀にあるんですが、かなり変わることが多いです。3人ともエッジのあるセンスを持っているので、“普通の感じは許せない”というか、何か違うふうに持っていきたいという感じがあって。それを期待して声を掛けているところもあるんですよね。僕の曲は基本的にコード感もメロディもシンプルなので、それをいい意味で壊して、尖らせてくれるっていう。今回のアルバムにもそれがいい具合に出ていると思います」
拡大表示
――メンバーから音楽的刺激を受けることも多そうですね。
 「すごくありますね。PE'Zの16年間はほとんど他のミュージシャンと絡んでいなかったから、どんどん外に出て、いろんな人と関わりたいという気持ちもあるんです。メンバーの3人はいまの音楽に対するアンテナの張り方もハンパないんですよ。ジャズだけではなくて、エレクトロやポップスも詳しいし、J-POPのミュージシャンと交流があったり、交友関係も広い。日々勉強ですね、ホントに」
――「Blue」はBARBのバランス感がうまく出ている楽曲ですよね。メインとなるテーマはすごくメロウで、リズムはかなり攻め込んでいて。
 「確かに。この曲はいちばん最初に手を付けたんですけど、いちばん手を焼いた曲でもあるんです。さっきも言いましたけど、“PE'Zの良さを昇華したうえで先に進みたい”という思いがあったんですよね。解散までの1年間(2014年末〜2015年末)はそれを考える時間もたくさんあったし、メロディ・ライン、キャッチーなところ、間口の広さはこれからも追求していきたいな、と。リズムのアプローチも含めて、BARBでやりたいことが出ている曲だと思いますね」
「Blue」 360°視聴が出来るVRカメラで撮影
――「Sweet Scent」にも同じスタンスを感じます。楽曲自体はバラードなんだけど、BARBならではの実験性も感じられて。
 「もともとは“ひとりで吹きたいメロディ”という感じで書いた曲なんですよね。コード進行もシンプルだから、ジャズのセッションにもピッタリなんですよ。でも、バンドに持っていったらどんどん解体が始まって(笑)、サンプラーや打ち込みの音も加わって。普通にやればベタなバラードなんだけど、この4人ならではのサウンドになりましたね」
――軸にあるのは門田さんのメロディなんですね、やはり。
 「そうなってますね。メンバーのなかでいちばんメロウに寄っているのは僕だし、他の3人とのミスマッチも当初の目論見だったので。柿ピーにチョコをかけたら美味しかったというか(笑)、他にはないバランスを大事にしたいというのは確かにありますね」
拡大表示拡大表示拡大表示
――門田さん自身のルーツもメロディがしっかりある音楽なんですか?
 「そんな気がします、いま考えてみると。中学生のときに初めてチャーリー・パーカーを聴いたんですよ。『On Savoy Years』を聴いたんだけど、同じ曲が4〜5テイク入ってるんですよね。当然、アドリブの良さなんてわからなかったんですけど……」
――アドリブを聴き比べるためのレコードですからね。どうして『On Savoy Years』から聴いたんですか(笑)?
 「ジャズ研のお兄さんみたいな知り合いが貸してくれたんです(笑)。“何だこれ”ってアドリブを飛ばして聴いてたんだけど、メインのテーマはすごくいいなって思ってたんです、そのときから。たぶんメロディ・ラインに惹かれてたんだと思うし、それはいまのひとつの軸になってますね。その後、音大に進んで“パーカッション10人とサックスひとり”みたいな現代音楽的なのもやったりして、そういうのも凄く好きだったんですが、今までそういう引き出しをあける機会がなかったのでBARBでは前衛的、フリーキーなこともやりたいし、それが可能なメンバーなんですよね」
拡大表示
――なるほど。「Over, Come-On」のようにアドリブに近いプレイが楽しめる曲もあって。BARBは門田さんのバンドだし、サックス・プレイヤーとして主張したいという部分もあるのでは?
 「自分にとってもチャレンジなんですよ、それは。PE'Zはそこ(アドリブの要素)を削ぎ落としていたし、それがバンドのカラーだったわけですけど、これからはサックス・プレイヤーとしてさらに磨いていきたいし、曲のなかにそういうシーンも作っていきたいな、と。メンバー3人とも手練れのミュージシャンだから、自由に暴れてほしいんですよね。そこをメインにして、余った余白で“俺にもやらせてくれよ”っていう(笑)」
――今後のライヴ活動のなかでメンバー同士の化学反応も活性化しそうですね。
 「そうですね。宮川くんはジャズを突き詰めている人だし、Yasei Collectiveからも“いままでのジャズを吸収して、自分たちの表現をやる”という気概を感じていて。3人に教わることも多いし、そのうえで自分なりの表現を提示していけたらいいなと思っています」
取材・文 / 森 朋之(2016年9月)
BARB 1st Album“Brew Up”Release Tour
2016年11月2日(水)
東京 渋谷 UNDER DEER LOUNGE
開場 19:00 / 開演 19:30
ご予約 3,500円 / 当日 4,000円(税込)
※ご予約・お問い合わせ: 03-5728-2655 / info(at)under-dl.jp
件名を「11/2 BARB LIVE予約」とし、「お名前」「お電話番号」「メールアドレス」「人数」を明記の上ご送信ください。



2016年11月24日(木)
静岡 Live Bar Freaky Show
開場 19:00 / 開演 19:30
ご予約 3,500円 / 当日 4,000円(税込)
※ご予約・お問い合わせ: 054-273-5588 / freakyshow.net/mailto/postmail.html



2016年11月25日(金)
大阪 梅田 Mister Kelly's
開場 18:00 / 開演 1st 19:30・2nd 21:00
ご予約 3,500円 / 当日 4,000円(税込)
※ご予約・お問い合わせ: 06-6342-5821 / www2.revn.jp/mk/pub/pc/schedule.php




2016年11月26日(土)
愛知 名古屋 Mr.Kenny's
開場 18:00 / 開演 19:30
ご予約 3,500円 / 当日 4,000円(税込)
※ご予約・お問い合わせ: 052-881-1555 / www.mrkennys.com/tickets-reservation


※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015