【ブライアン・ブロンバーグinterview】ベースとドラムだけでジミヘンをカヴァー!? 楽器とプレイヤーとしての限界に挑んだ超絶トリビュート作

ブライアン・ブロンバーグ   2010/07/27掲載
はてなブックマークに追加
【ブライアン・ブロンバーグinterview】ベースとドラムだけでジミヘンをカヴァー!? 楽器とプレイヤーとしての限界に挑んだ超絶トリビュート作
  圧倒的なテクニックを持つ人気ベーシスト、ブライアン・ブロンバーグが、ドラマーのヴィニー・カリウタとの二人だけでジミ・ヘンドリックスの代表曲をカヴァーするというトリビュート・アルバム『プレイズ・ジミ・ヘンドリックス』を完成させた。4弦、5弦、テナー、ピッコロ、アップライト……と何種類ものベースを弾き分けることで、ギターを使っていると錯覚させるほどの音色やフレーズの追求には、誰もが驚きを隠せないだろう。そんな今作のねらいについて話を聞いた。


――新作『プレイズ・ジミ・ヘンドリックス』は、ベーシストによるジミ・ヘンドリックス・トリビュートということで、なかなか大胆な企画ですよね。
 ブライアン・ブロンバーグ(以下、同)「このアルバムを作ることにしたのは、アメリカでレコード会社を経営しているジョン・ダイアモンドと、新作のエクゼクティヴ・プロデューサーでもあるキングレコードの森川氏という、お互いにまったくつながりのない二人の業界人から、まったく同じ企画を持ちかけられたのがきっかけだったんだ。たしかに僕は昔からジミ・ヘンドリックスのファンだったし、彼へのトリビュート作品を考えたことは今までに何度もあった。でも、真の意味で初めて人種の壁を越えて世界中に影響を与えた偉大なアーティストであるジミのトリビュートなんて、ギタリストでもおいそれとは手を出さないのに、ベーシストの僕にやれるわけがないだろうと思っていた。にもかかわらず、関係のない人たちから同じことを勧められたということは、これは真面目に考えるべきなんじゃないかと思ったんだ」
――2004年の『ベース・アクワーズ』同様、ドラムス以外のすべてのパートをベースで演奏することにしたのはなぜですか。
 「正直なところ時間や予算の都合もあったけれど、僕はそれが最も挑戦しがいのある、最も得るところの大きな方法だと思ったんだ。ひとりでスタジオにこもって作業したおかげで、ジミの音楽に込められた精神と1対1の、とても親密な対話ができた。これは何ものにも代えがたい、貴重な体験だったよ。有名なギタリストをたくさんゲストに迎えれば、よりよいアルバムになったかもしれないし、商業的にもより大きな成功が見込めたかもしれないけれど、このアルバムでやりたいことがふたつあった。ひとつは、自分がジミの音楽に対して感じた親密な気持ちを表現することで、もうひとつは、自分が持っているいろいろなベースをいろいろな方法で駆使すること。このふたつに挑戦することで、ベーシストである僕が尊敬するアーティストの音楽を解釈して演奏することに意味が出てくると思ったんだ。完成した作品を自分で聴いてみて、その試みは上手くいったと思っているし、演奏もひとりの人間が多重録音しましたっていう感じじゃなく、メンバーの心がひとつになったバンドのような雰囲気が出ていると自負しているよ」






――曲のアレンジや使用楽器はどんなふうに考えたのですか。
 「頭の中で曲を鳴らして、曲の流れを思い描きながら、どんなサウンドがふさわしいか考えた。曲の性格がアレンジを特定する場合もあるけれど、僕としては今も言ったように、できるかぎりクリエイティヴな方法でいろいろなベースのサウンドを活かすように努力したんだ。ジミがギターで弾いていたフレーズは絶対に真似しないようにしてね。そもそも彼の音楽は、インストゥルメンタルという形で取り上げるのがものすごく難しい。なぜかと言うと、彼の音楽は楽曲自体よりもむしろ、彼自身が演奏することに意味があるからなんだ。しかも、ジミの歌はメロディのある“歌”というよりも、むしろ“語り”に近くて、彼は物語を“語って”伝えていたようなところがある。だから、実際の作業を始めてみて、いやあ参った、こんなに難しいなんて……って思うこともあったけれど、とにかく自分じゃなきゃ作れないようなアルバムにするために努力したよ」
――その努力は日本のリスナーにもきっと伝わると思います。
 「ありがとう。日本のファンは音楽を深い部分まで聴いて、その音楽を作っている人のことも深く知ろうとしてくれるところが素晴らしいと思う。単に好き嫌いだけで判断するんじゃなくてね。だから、このアルバムを聴いても、僕の意図するところをきっと理解してくれると信じている。もちろん、パーティ気分で聴いても盛り上がれるアルバムだから、より幅広い音楽ファンに聴いてもらいたいな」
取材・文/坂本 信(2010年6月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015