甘美な忘却の果実を求めて羽ばたく、コトリンゴ 吹き抜ける風と降り注ぐ陽光に祝福された2ndアルバム

コトリンゴ   2008/09/09掲載
はてなブックマークに追加
 坂本龍一に見出されたコトリンゴは、ファースト・アルバム『songs in the birdcage』やミニ・アルバム『nemurugirl』といった作品で、独自のファンタジーな世界観と類稀なピアノ・パフォーマンスなどを披露して着実にファンを増やしている。そんななか、9月10日にセカンド・アルバム『Sweet Nest』がリリースされる。より広いリスナーに目を向けられた本作について、彼女に話を訊いた。




 インドアの夢想的なエレクトロニカがライヴで躍動感を得て、いよいよアウトドアへ。坂本龍一にその才能を見出され、2006年にデビューを果たしたコトリンゴ。彼女は今年2月のミニ・アルバム『nemurugirl』から飛び立つと、カラフルな音の果実があちこちに実るポップスの森へと舞い降りた。音楽学校のある神戸からさらに深く音楽を学ぶために訪れたボストンのバークリー音楽院、そしてニューヨーク、東京と、世界を渡り歩いてきた彼女の曲たちは、吹き抜ける風と降り注ぐ陽光に祝福された2ndアルバム『Sweet Nest』で遂に帰るべき場所を見つけたのかもしれない。
 「今まで作品は自己表現のための音楽だったんですけど、もっと聴き手に届けるための音楽を作りたいと思ったんです。長く音楽と付き合ってきた人のなかにはポップスを軽く見る人もいて、難しいことや実験的なこと、難しいコードとか言葉を使ったり、そういう一筋縄ではいかないことに向かいがちだったり、逆に言えば、ストレートな表現を避けてしまいがちというか。自分にもそういう傾向があって、素直なコード進行があったとしても、絶対そっちにはいかないっていうひねくれた部分があったんですけど、今回はちょっとこそばゆくもありつつ(笑)、そういう気持ちいいコードをそのまま表現したり、歌詞の世界観も自分の深いところにある内面をいろんなものに置き換えて書かずに、ぽんと出てきたものをそのままぽんと書いてみましたね」

 高い技術に裏打ちされたピアノとジャズ・オリエンテッドなソングライティング、そして、DTM(デスクトップ・ミュージック)の手法によって具現化されたドリーミーでファンタジックなサウンドスケープ。彼女の作品を特徴付けていた世界観は、toeの柏倉隆史、曽我部恵一バンドのオータ・コージ、元Polaris坂田学といったドラマーをフィーチャーすることで表情の豊かさが一気に増している。
 「コードとかメロディや言葉なんかだと頭を使ってしまいがちですけど、リズムって結構、理屈抜きに気持ちいいっていう要素を持っていると思うんですね。その点、ドラマーって、リズムのエキスパートじゃないですか。私、あまりリズムの引き出しがないので、エキスパートにお任せすることでいい方に広げてもらえた体験が何度もあって、今回、任せられる部分は任せようと。それから歌にも何か可能性があるんじゃないかと思っていて。いまさら歌い上げるディーヴァになりたいっていうことじゃなく、人それぞれに役割があると思うので、私にできる範囲でもうちょっと表現力を付けたいと思ってますね」

 「ふれたら」ではおおはた雄一に作詞を依頼するという試みも行ないつつ、彼女自身のペンは、ふわり柔らかい絵本のような心象風景を描く。そこには絵本と同じくある種の陰影が含まれていて、それによって風景の奥行きと説得力が増している。
 「私、例えば、褒めていただいたとしても、勝手にその裏を読んで、自分で自分の首を絞める後ろ向きな人間なので(笑)、歌詞にはそういう部分が出てしまっているのかもしれませんね。でも、ピアノを弾いたり、音楽と向き合ってる瞬間って、イヤなことから解放されて、すっきりするんです。そういう音楽のトリップ感覚って、以前から変わってないといえば変わってないんですけど、種類は変わったかもしれませんね。以前の作品では、一人でヘッドフォンで聴いて瞑想するような、夢の中に入っていくようなイメージを想像していたんですけど、今は、例えば、FUJI ROCKで聴いて、“あ、気持ちいいな”って思えるような、そういうイメージのスケール感は広がった気がします」

 日常を起点に外へ外へと広がってゆくめくるめくファンタジー。甘美な忘却の果実を求めて羽ばたくコトリンゴの物語は、ここから先、いよいよ本章へと突入してゆく。



取材・文/小野田 雄(2008年8月)



【コトリと小島】

日時 : 2008年10月27日(月) 開場:18:30 開演:19:00
会場 : 東京グローブ座
出演 : コトリンゴ with 柏倉隆史(toe)、村田シゲ(□□□/Cubismo Grafico Five) ・小島麻由美
チケット : 前売¥4,000 当日¥4,500 (全席指定)
一般発売日 : 9月27日(土)
※お問い合わせ&チケットはコチラから
HOT STUFF tel : 03-5720-9999 web : http://www.red-hot.ne.jp



【コトリンゴ ライヴ・スケジュール】

コトリンゴ ミニ・ライヴ
日時:2008年9月21日(日) 開場/開演:14:00(入場フリー)
会場:ラチッタデッラ川崎
出演:コトリンゴ
お問い合わせ:ラチッタデッラ川崎
tel:044-233-1934
http://lacittadella.co.jp/event/open.html

Chelsea Market & L magazine presents
“AFTER HOURS”
日時:2008年9月30日(火)開場/開演:19:00(入場フリー)
会場:CHELSEA MARKET(大阪・梅田)
出演:コトリンゴ、ogurusu norihide
お問い合わせ:fish music
http://fish-for-music.com/index.html

MUSIC CITY TENJIN 2008
日時:2008年10月5日(日)開場/開演:14:00(入場フリー)
会場:警固公園Aステージ(福岡)
出演:コトリンゴほか
お問い合わせ:ミュージックシティ天神実行委員会事務局
tel:092-751-6321(平日10:00〜18:00)
http://blg.nnr.co.jp/mct/
※雨天の場合は隣接のソラリアプラザゼファにて実施

Apple store
名古屋栄 インストア・イベント
日時:2008年10月9日(木)
会場:Apple store名古屋栄
※詳細は追って発表

BOSSA 2008 in 青山・神宮前
日時:2008年10月11日(土) フリー・ライヴ
※詳細は追って発表
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015