日本が誇る“R&B DJ”DJ KOMORIの最新作、UK R&Bミックスが登場!

DJ KOMORI   2008/08/29掲載
はてなブックマークに追加
 クラブ・シーンへその名を知らしめたマンスリー・ミックス・シリーズ『Monthly Fruits』のリリースをはじめとする、常に現場を意識した活動によって、日本における“R&B DJ”の第一人者となったDJ KOMORI。今年3月には初のプロデュース曲である、ティナ・ノヴァックをヴォーカルに迎えた「Really Into You」をManhattan Recordsよりリリース、またその曲をリードにしたミックスCDは異例のロング・セールスを記録するなど、シーンに確かな軌跡を残す彼の最新ミックスCD『UK Emotional R&B Mix』が発売された。日常のさまざまなシーンを演出する、スタイリッシュな仕上がりとなった本作について話を訊いた。



 フロアを熱く揺らすトップDJとしてR&Bシーンを牽引し続けるDJ KOMORIが、最新ミックスCD『UK Emotional R&B Mix』をリリースした。タイトル通り、本作のテーマは名門“DOME RECORDS”のナンバーを中心とするUK R&Bだ。
 「アメリカのR&Bとは違って、UK R&Bは繊細で上品な感じがしますね。ブラックブラックしてないから、より日本人に受け入れられるものだと思います。中でもDOMEレーベルの曲は音楽として一本筋が通ってるから、安心して聴ける。僕はそういうUKソウルど真ん中のところがすごく好きなので、今回のミックスCDにはピッタリな感じでした」


 BPM速めの4つ打ちモノをメインとしつつ、緩急のつけられた曲セレクトによって、1本の大きな、心地良いストーリーを作り上げていくのは、まさにKOMORIの真骨頂。さまざまなシチュエーションで活躍してくれる一枚になっている。
 「一枚を通して起承転結のあるストーリーを作るっていうのはいつも意識してますね。今回で言うと、Incognitoの〈Morning Sun〉やLuluの〈Every woman knows〉を頂点にしよう、と思って作りはじめました。で、後半はグルーヴ感のあるUKソウルらしい曲で、ブラックミュージックとしてのかっこよさを生かした感じですね。シーンのトレンドや、自分の好みを反映させて速い曲を入れていったんで、まさに“今、聴くならコレ”っていうものになったと思います」




 また、序盤にはKOMORI自身が手がけたJay Sean「May be」のリミックスも収録されている。そこからは、クラブDJのみならず、リミックスやオリジナル音源の制作なども精力的に行っているKOMORIのアーティストとしての側面を垣間見ることもできるだろう。
 「〈May be〉に関しては、原曲の良さを壊さずに、クラブで聴いてよりカッコイイものにしようっていうイメージで作りました。Jay Sean本人に“すごく良かった”って言ってもらえたんで、嬉しかったですね。自分にとって一番の基本はクラブでDJをすることなんですけど、今は制作やミックスCDなんかもバランス良くできているので、すごく調子がイイんですよね(笑)」


 本作に続いて、11月には日本人のR&B楽曲だけを集めたミックスCDをリリースすることも決まった。そこには女性ヴォーカルを迎えて制作されたKOMORIオリジナルの楽曲も収録される予定だ。
 「ヒップホップやR&BのDJって意外と日本人の曲をかけなかったりするんですよ。洋楽と邦楽が分けて考えられてるところがあるというか。僕は日本人の曲もけっこうかけたりするほうなんで、そういうミックスCDをずっとやりたかったんです。日本のR&Bにもかっこいい曲はいっぱいあるんで、そういう部分がアピールできたらいいなと思ってます」


 R&Bに魅せられた一人の男として、KOMORIはこの先もR&Bの素晴らしさを伝えるために邁進していきたいという。
 「例えばNe-Yoはすごい売れるけど、それを聴いてる人が全員クラブに来るかっていったらそんなことはないわけで。でも僕の作品がきっかけになって、みんながクラブに来てくれるようになったら面白いと思うんですよね。そうなるようにがんばりたいなって」



取材・文/もりひでゆき(2008年8月)



【DJ KOMORI 〜Regular Party Infomation〜】
<毎月開催>
 毎月 第1・第5 土曜 @渋谷 club axxcis 「HEART BEAT」
 毎月 第2・第4 木曜 @渋谷 HARLEM 「Apple Pie」
 毎月 第2金曜 @渋谷 CAMELOT  「INTERNATIONAL CAMELOT」
 毎月 第4火曜 @渋谷 NUTS 「GROOVY」

<隔月開催>
 隔月 第3木曜 @大阪 AZURE 「Ruby Red」(偶数月開催)
 隔月 第4金曜 @渋谷 VUENOS & NEO 「Pallety」(奇数月開催)

※詳しくはオフィシャル・サイト/http://www.djkomori.com/でご確認を。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015