今度はロック!? これまでのイメージを鮮やかに覆すフレンチ・キスの3rdシングルが登場!

フレンチ・キス   2011/05/10掲載
はてなブックマークに追加
 アイドル・シーンの頂点を走り続けるAKB48のメンバー、柏木由紀高城亜樹倉持明日香によって結成されたフレンチ・キス。昨年 9月にシングル「ずっと 前から」でデビューして以来、ふんわり系お嬢様ガールズ・ユニットとして活動してきた彼女たちが、3 rdシングルをリリースする。新曲「カッコ悪い I love you!」は、これまでとはひと味違う、不器用な男子の思いを歌うロック・テイストの疾走チューン。さらには“多くの人に元気を与えたい”という、今の彼女たちの気持ちが詰まったカップリング曲「君なら大丈夫」も注目だ。新たな展開を見せるフレンチ・キスの、今の思いを聞いてみよう。



――まずは、フレンチ・キスとして半年活動してきた感想を聞かせてください。
柏木由紀(以下、柏木)「ユニットしてのまとまりがすごく出てきたんですよ。3人でよく話すし、2人のことは99%把握しました(笑)」
倉持明日香(以下、倉持) 「今までは、曲を出すタイミングだけフレンチ・キスのお仕事をすることが多かったけど、セカンドから新曲にかけてずっと活動が続いていて、3人いつも一緒にいる感じです。家にいるような居心地なんです(笑)」
高城亜樹(以下、高城) 「密になってお互いがよく分かったし、すごく3人の距離感が縮まりましたね」
――チームワークがよくなると、ダンスや歌にも反映されるんじゃないですか。
 柏木 「ハイ、特にダンスに表れました。新曲のダンスは難しいんですけど、MVを見ると今までで一番呼吸が合ってるんです」




――そのニューシングル「カッコ悪い I love you! 」は、不器用な男のコ目線でラヴ・ソングですね。
 柏木 「男のコ目線の歌詞はAKBでは結構あるんですけど、フレキスだと初めてなんです。普段、男のコの気持ちって考えないので、理解するのがなかなか大変で。好きなコをわざと無視したり、横目で見たり、興味のないふりをするのって、女のコはしないよねって3人で話してたんです。なので、一生懸命自分なりに“男のコになったんだ“”と思い込んで歌いました(笑)」
――女子は横目でチラ見しませんか?
 柏木 「ないですね。だって、横目で目が合ったら気まずいじゃないですか(笑)」
 倉持 「だったらガン見して、目が合ってニコってする方がまだ恥ずかしくないです(笑)。歌詞に関していうと、私は、中学、高校生くらいの男のコがこんなこと思ってたらかわいいなって、お姉さん的な目線で歌詞を理解して歌ったんです」
 高城 「歌詞を見たとき、私は小学生や中学生の男子を思い浮かべました。好きな人にそっけない態度しちゃうのって、まさにそうじゃないですか。その感情を意識して歌いましたね」
――サウンドはこれまでと違ってロック的な勢いがありますが、歌うのは大変でしたか?
 柏木 「音にギターが入って新鮮でした。カッコいい曲は好きなのでうれしかったです。ただ、今まで “〜じゃん”とか“〜かよ”って男のコっぽく歌ったことがなかったし、強めに歌うのが難しかったです。“アイラヴユー”も“アイラヴュ”って何度か歌い直しました」
 倉持 「今までやさしい雰囲気の曲が続いてたんですけど、激しく歌うのも、普段カッコいい曲を聴くのが好きなのでうれしかったです。疾走感のある曲なので、単語単語をはっきり区切って歌うのが難しかったですね。この曲で新しい歌い方を勉強しました」
 高城 「今まで“親に紹介したい3人組”っていう秋元(康)先生のキャッチコピーのもとでやってきたので衣装も真っ白だったんですが、今回衣装に黒が入ったんです。でも意外と似合うなと思いましたね。初めて色がついた曲ですね。歌は、最初すましたカッコいい感じで歌ってサビでちょっと弱気になる、男のコの気持ちになって歌いました」
――この曲を歌って、また違うカラーの曲を歌ってみたくなったりしました?
 倉持 「ハイ、もっといろいろ歌いたいです。3人でバラードもいいなって」
――話が逸れますが、普段どんな音楽を聴いてるんですか。
 柏木 「私は、アイドルの曲ばっかり聴いてます。基本は日本の女性アイドルですね」
 倉持 「邦楽だとバラードが多いです。一番聴くのはゴスペラーズさん。あとクレイジーケンバンドさんが好きなんです」
――クレイジーケンバンド! 意外なとこがきましたね (笑)。
 倉持 「親が好きなんですよ。その影響です。あとはK-POPを聴いてます」
 高城 「私はいろいろ好きで……高い音の音楽が好きです(笑)」
 柏木 「え? それってどんなの?(笑)」
 高城 「サウンドトラックとか癒しの音楽とか。すっと耳に入ってくるのを聴いてます」
――三者三様ですね。さてカップリングの話題にいきましょう。「君なら大丈夫」は、震災後に秋元さんが書き下ろした、多くの人を応援する曲ですが、どんな気持ちで歌いましたか。
 柏木 「ほんと、みなさんに元気を送ろうって気持ちで、いつも以上に 1つ1つの言葉を大事に伝えようっていうって意識で歌ったんです」
 倉持 「“私たちにできることは何だろう?”って話してたときに、秋元先生が書いてくださって、3人でできることが見つかったのがうれしかったですね。歌詞を読むだけでも前向きになれるし勇気が持てるんです。私たちも歌いながら元気が出るような曲です」
 高城「歌うときには、ほんとに“遠くの人に届け!”って気持ちだったので、歌詞を見るんじゃなく遠くを見て歌いました。レコーディング・ブースを突き抜けるような気持ちで歌ったんです」




――では、今回のシングルを聴いてくれる人へのメッセージをお願いします。
 柏木 「<カッコ悪い I love you! >は、男のコには共感してもらって、女の子には男の子はこういうこと思ってるんだなって思いながら聴いてほしいです。<君なら大丈夫>は、とにかく元気になれるパワーを受け取ってもらえる曲なのでぜひ聴いてほしいです」
 倉持 「今回は、両A面シングルといっていいくらい大好きな曲だし、私たちも一生懸命歌いました。両方の曲のMVも撮ったのでそちらも見てほしいです」
 高城 「<カッコ悪い I love you! >は、新しいフレンチ・キスを楽しんでもらえたらうれしいです。あと、<君なら大丈夫>は、私たちの込めた気持ちが少しでも多くの人に届いてくれればいいなと思ってます」
――では、フレンチ・キスとしてこれからどんなことやってみたいかを聞かせてください。
 柏木 「まだイベントや握手会とかでしかライヴをやってないので、ぜひフレンチ・キスの単独コンサートをやりたいですね」
 倉持 「私たちでいろいろグッズを考えて出せたら面白いなと思ってるんです」
――今アイディアはあるんですか?
 倉持 「柏もちとお茶のセットです(笑)」
――アハハハ!
 倉持 「柏木の“柏”と、倉持の“もち”と、あきちゃの“茶”で、いいなって(笑)。3人だけで考えてます(笑)」
 柏木 「まだ誰にもいったことがないので今日が初出しです(笑)」
 高城 「(笑)、あと、フレンチキスのDVDや写真集が作りたいです。ソロとは違う、3人のときしか見れない表情とかあるので、見る人も楽しいだろうなって」


取材・文/土屋恵介(2011年4月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー![インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち
[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015