【フライトゥンド・ラビット interview】グラスゴーでいま最も注目すべきバンド、フライトゥンド・ラビット――さらなるスケール・アップを遂げた新作を完成

フライトゥンド・ラビット   2010/04/22掲載
はてなブックマークに追加
 多種の良質なバンドを量産する場所として、音楽ファンから絶大な信頼を得ているグラスゴー。彼の地でいま最も大きな注目を集めているのが、フライトゥンド・ラビットだ。通算2作目となる前作『ザ・ミッドナイト・オルガン・ファイト』(2008年)は、英米を中心に多くのメディアで年間ベスト・アルバムに挙げられる高評価を獲得し、デスキャブビッフィ・クライロら同業者からの支持も得た。そして、2年ぶりとなる新作『ザ・ウィンター・オブ・ミックス・ドリンク』は、時にむせび泣くようにも聞こえるエモーショナルなヴォーカルを、ストリングスを用いてグッとスケール・アップしたサウンドが優しく包み込む一枚となった。さらなる飛躍を予感させる5人組のフロントマン、スコット・ハチソン(vo、g)に話を聞いた。
――まずは、そのユニークなバンド名の由来を教えてください。
スコット・ハチソン(以下、同) 「これは両親が僕につけたニックネームなんだ。僕がまだ小さかった頃、誰かに話しかける勇気がなくて、一人ぼっちで座っていた時に、まるで“怯えたウサギ(=フライトゥンド・ラビット)”みたいな顔をしてたんだって(笑)」
――前作『ザ・ミッドナイト・オルガン・ファイト』で大きな成功を収めましたが、周囲の変化は激しかったんじゃないですか?
 「まったく劇的に変わったね。急にライヴに人が集まるようになったし、とても忙しくなった。パートタイムのミュージシャンじゃなくて、本当にプロのバンドになったんだって気がしたよ。新作を作るにあたっては、すごいプレッシャーがあったけど、それがよかった。プレッシャーがあったからこそ、どうしたら前作を凌ぐアルバムを作れるのかと、やるべきことを突き詰めていけたんだ」
――前作に続いてピーター・ケイティスをプロデューサーに起用していますが。彼とチームを組むきっかけは何だったのでしょう?
 「所属しているファットキャット・レーベルのアメリカ支社の社長が紹介してくれたんだ。もともとピーターが手がけているアーティストはどれも好きで、とくにザ・ナショナルザ・トワイライト・サッドの大ファンなんだよ。彼はサウンドの中に多くの“間”を持ち込んで、音が呼吸できるスペースを作り出している。しかも同時にとてもパワフルで、サウンドを物凄く広大なものにしてくれるんだ。そこがピーターの素晴らしいところだね」
――あなたの音楽はとても繊細で、ときに物悲しくもあると思うのですが、でも決してネガティヴなフィーリングを与えず、つねにどこかに希望を持っているように思います。
 「そうだね。人間のダークな要素を見つけ出していくのが好きなんだ。でも、真っ暗なトンネルの出口には必ず光が存在しているべきだと思う。僕は人間の感情を最大限の振り幅で描きたい。一曲の中にさまざまな心情のコントラストが描けたら、それは素晴らしいと思うよ」
――また、歌唱や詞作からは、心の底からあふれ出て、抑えきれない感情を一気に吐き出しているような印象を受けます。そういう感情はどのように生まれてくるのでしょう?
 「僕にとって曲や詞を書くことは、自分自身を表現するのに最も効果的な、そして、たぶんただ一つの方法なんだと思う。僕は話しをするのが得意じゃないから。曲を書くために座り込んでいると、内面にあるすべてのものが一気にあふれ出してくるんだ。いつもひとりぼっちになって曲を書くようにしているんだけど、内省的な思考を曲に反映させるにはそれが一番なんだよ」
――あなたは作品のアートワークも手がけています。グラスゴー・スクール・オブ・アートの出身だそうですが、どんな音楽やアートにインスピレーションを受けてきたのでしょう?
 「曲作りを始めたころは、ウィルコとかウィスキータウン、ローラ・カントレル、アイアン&ワインなど、オルタナ・カントリーをたくさん聴いていたね。もちろん地元のバンドにも大いに影響されていて、ザ・デルガドスモグワイアイドルワイルドが大好きだよ。アートで言えば、ダダイズムが好きなんだ。ハンナ・ヘッヒ、マルセル・デュシャン、フランセス・ピカビアのようなアーティストに、インスピレーションを受けているよ。それに、クリス・ウェアやダニエル・クロウズのような、グラフィック・アーティストにも。僕は曲作りの際にも、つねにヴィジュアル・イメージを思い描くように意識しているんだ。リスナーにも、曲を通して何かヴィジュアルを思い浮かべてもらえたり、曲を聴くことで何かのストーリーが広がっていくような経験をしてもらえることが理想だね」
――たしかに、あなたの音楽からはヴィジュアル・イメージを喚起させられる気がします。そんなあなた自身は、新作『ザ・ウィンター・オブ・ミックス・ドリンク』についてどのようなイメージを抱いているのですか?
 「このアルバムは、激しく波打つ大海が強いイメージになっていると思う。それに、スコットランドの情景(天候)というのはつねに移ろっているけど、このアルバムの上にも多くの移ろいゆく景色が見えると思うよ。僕は、音楽を聴くことでどこか別の場所にワープしてしまえるような感覚が好きなんだけど、このアルバムでそんな気持ちを味わってもらえたら嬉しいな」



取材・文/房賀辰男(2010年4月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015