「ガイドブックを買ってパスポートを持って出掛ける旅とは、また違う旅というのが、音楽にはあると思う」──原田郁子がソロ3部作の最終作となる『銀河』を発表!

原田郁子   2008/11/13掲載
はてなブックマークに追加
 原田郁子がソロ3部作の最終作となるアルバム『銀河』を発表。『気配と余韻』『ケモノと魔法』という2枚の作品を通じ、約1年という時間をかけて、アーティストとしての自らと徹底的に向き合った末に生まれたという今作について彼女に話を訊いた。
 
 『気配と余韻』『ケモノと魔法』という2枚の作品に続けて、原田郁子がソロ3部作の最終作となるアルバム『銀河』を発表した。最小限の音数のみで構成されているにも関わらず、莫大な奥行きと広がりを感じさせるサウンド。シンプルながらも聴き手のイマジネーションをぐんぐんと広げてくれる言葉たち。今作に端的なキャッチ・ワードを付けるとするならば、さしずめこんな感じだろうか。

 “顕微鏡から覗いた大宇宙”。

 何万光年もの時を超え、キラキラと瞬く星たちを、まるで顕微鏡のレンズごしに、まんじりともせずに眺めているような──今作にはそんな不思議な緊張感と高揚感が満ち溢れている。


 「徹底的に自分を掘り下げていったら、空の向こうまで突き抜けちゃったっていうか(笑)。自分の中にはそういう感覚があるかな。音楽を聴いて頭の中で旅をするような感覚を(エンジニア&共同プロデューサーの)ZAKさんと一緒にアルバム3枚通じて自分なりに形にできたように思う。ガイドブックを買ってパスポートを持って出掛ける旅とは、また違う旅というのが、音楽にはあると思うんだよね」
 アルバムの冒頭を飾るのは、忌野清志郎を作曲/フィーチャリング・ヴォーカリストに、そしてリトル・クリーチャーズを演奏に迎えた13分超のタイトル曲「銀河」。夢と現(うつつ)の間にある大気圏にゆっくりと突入してくような感覚をヴァーチャルで体感させてくれる、穏やかなサイケデリアをたたえた楽曲だ。


 「清志郎さんにいただいたデモ音源があまりにも良すぎて、わたしもZAKさんもクリーチャーズのみんなも完全にヤラれちゃったの。それで、一度リハーサルをした時はもっとバンドっぽいサウンドだったんだけど、持ち帰って聴いてみて、もっと歌の持ってる世界を音にしなくっちゃと思って。それでもう一回まっさらから、“みんなで銀河を作ってみよう“ってアレンジしていきました。原曲に対する愛情を私たちなりに表現したいという思いも込めて」

 それ以外にも今作では、「白昼夢っぽい曲の世界が気になっていた」というキセルの辻村豪文、盟友的なシンガー・ソングライター・おおはた雄一クラムボンのアルバム『id』にも参加しているアダム・ピアースマイス・パレード)、クラムボンのメンバーであるミト伊藤大助、そして自らが参加するバンド、ohanaのメンバーでもある永積タカシオオヤユウスケなど、さまざまなミュージシャンが集い、彼女の内面に渦巻くイマジネーションにさりげなく彩を添えている。
 「自分のソロ・アルバムの中で、クラムボンの2人が演奏してくれたらうれしいなぁと思って、最後の最後に〈ある かたち〉という曲で、ミトくんと大ちゃん(伊藤大助)に参加してもらったんです。ソロで活動していても、どこかで、わたしバンドで活動をしているような感覚があって。違いを探したかったら探してもらって構わないんですけど(笑)、大きく見れば、自分の中では一緒だなって」

 そういえば2006年に、久々となるシングル「THE NEW SONG」をクラムボンで発表したとき、彼女が筆者に、こんな話をしてくれたことがあった。
 「今は“キャッ!”とか、“ビョン!”とか、瞬間的なものを捕らえたいって思ってる。それって、生命力みたいなものかもしれないけど。一瞬の強い力みたいなものを曲に込められたらなと思ってる。それが瞬間的であればあるほど、その奥にあるものとか、それを取り巻くものも見えてくる気がしてるのね」

 3枚のソロ作品を通じて、彼女が追求していたものも、突き詰めていけば、上記の発言にシンクロしていくものなのだと思う。全体的に静謐なムードが漂うソロ3部作ではあるけれど、耳を澄ませば、そこからはアーティスト・原田郁子の根底に流れる本質=言語化不能のゾクゾクするような衝動や声にならない歓喜の雄叫びのようなものが、しっかりと感じ取れるはずだ。
 「“これこれこういうコンセプトで作りました”みたいな、説明書きを添えなくていい、有無を言わせないような音を出したいってずっと思っていて。もっとね、シンプルなことなんです。(取材用のアルバム資料を指して)ここにも自分で書いてるけど、要するに、愛が爆発してるんです(笑)。関わってくれた、ミュージシャンやスタッフ、デザイナーさん、聴いてくれる人、みんなに対して。“好きだぁ!”って言い続けるような(笑)、そんな1年だったですね」
 表現者としての自分と徹底的に向き合った末に彼女の中で巻き起こったビッグバン。そこから生まれたのは、かくも壮大なサウンド・スケープだったのだ。

 覗いてごらん、銀河だよ!


取材・文/望月哲(2008年10月)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』
[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース
[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』
[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」
[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015