ストリングスの音色と流れるようなメロディ、ファンタジックな歌詞が絶妙に絡み合うIUの日本2ndシングル「You & I」が登場!

IU   2012/07/18掲載
はてなブックマークに追加
 今年3月にシングル「Good Day」で日本デビューした韓国の女性シンガー、IU(アイユー)。清楚で愛らしいルックス、繊細さと伸びやかさを合わせ持つヴォーカルでリスナーの心を掴む彼女が、日本2ndシングル「You & I」をリリース。ストリングスの音色と流れるようなメロディ、そしてファンタジックな歌詞が絶妙に絡み合う、IUの真骨頂というべきナンバー。スムーズな日本語による美しいヴォーカルで、一気に曲の世界観に引き込まれてしまうこと確実だ。さらにカップリングには井上陽水「少年時代」のカヴァー、そして初回生産限定盤TypeA にはFantastic Plastic Machineによるリミックス「You & I」(Japanese Version[FPM TECHNORCHESTRA])を収録。では、新曲についての話を聞いていこう。 優等生過ぎない、彼女の飾らない素顔が垣間見えるインタビューをどうぞ!


――3月に日本デビューしたあと、4月から5月にかけて5大都市(札幌、東京、名古屋、 大阪、福岡)で初のショーケース・ライヴを行ないましたが、そのときの感想を聞かせてください。
 「いろいろな土地のファンのみなさんと会えて楽しかったです。各地のファンの方々の特徴が知れてよかったです」
――特に印象に残ってる都市はどこですか。
 「どこも面白かったけど、特に名古屋が記憶に残りました。東京以外で一番最初に名古屋でショーケースをしたんです。名古屋弁とか食べ物とか全部心に入りました。手羽先、味噌かつも美味しかったです(笑)」
――(笑)。日本の活動を通じて、歌手としてプラスになったものは?
 「私は韓国で5年間活動してきましたが、日本では新人ですから、もう一度、新人の気持ちを感じられたのはすごくいいことだなと思います」
――初心に戻ることができて、気持ちも改めて引き締まったと。では新曲の話題に入りましょう。新曲「You & I」を、最初に聴いたときはどんな印象を持ちましたか。
 「韓国語ヴァージョンを作ったとき、正直、最初のデモの段階では歌詞がなくて、<Good Day>より弱いかもと思ったんです(笑)。でも、歌詞ができたあとは、<Good Day>とは違う魅力がある曲だと思いました。<Good Day>よりも、歌詞にファンタジーとか童話的な要素が入っていて、10代最後に歌うにはぴったりの曲だと思いました」
――歌詞に関して、韓国語ヴァージョンと日本語ヴァージョンでいちばん違うところは?
 「日本語ヴァージョンの方が童話的な要素が多く入っています。韓国語ヴァージョンでは“時をかける少女”のイメージでしたけど、日本語ヴァージョンでは“午前零時の鐘が急がすけど”とか、シンデレラ的な描写が加わりましたね」
――IUさん自身、ファンタジックな歌詞の世界観は好きですか?
 「ハイ、まだ私は少女ですから。少女は童話が好きです(笑)」
――(笑)。こういう世界観に入り込んでみたいと思ったりします?
 「子供のときにはありましたね。童話の主人公になってみたいと思ってました。今は本を読んだり映画を観たりするのがいいです」
――歌詞の内容は、憧れの人への片想いといった雰囲気にも受け取れますね。
 「そうですね。片想いでもあるし、まだ会ったことのない人への歌でもあります。歌詞は、<Good Day>より希望がありますね。あの曲はフラれた歌だったので(笑)」
――そうでしたね。日本語詞で気に入ってるフレーズはどこですか。
 「“この気持ちが愛?”という歌詞です。“アイ”という発音が韓国語ヴァージョンにも入ってるんです。韓国語では“アイ”は、“子供”という意味なんです。日本語では“ラヴ”なので、そこが不思議だし惹かれました」
――さらに英語だと“アイ”は“私”になりますね。同じ発音で、歌詞がいろんな意味に解釈できるような感じもします。では、歌うときに注意したところは?
 「“秘密”という言葉がありますけど、“つ”の発音が難しくて、長く時間をかけて歌ったんです。それは、日本のリスナーのみなさんが聴いたときに、“外国人が歌ってるんだ”と思われないようにしたいからなんです」
――そんな苦労があったとは思わないくらい、すごくスムーズな歌に驚きましたよ。
 「ありがとうございます(微笑)」
――日本語の歌の練習を、特別にやってるんですか。
 「ハイ。やっぱり発音が一番大事だと思うので頑張ってます。今回のレコーディングも、すごく発音に注意して歌いました」
――サウンド面では、豪華なストリングスがとても印象的ですね。
 「私も、インストだけでも成立するんじゃないかと思うくらいでした。素敵な交響楽みたいだなって。<Good Day>が韓国で大ヒットしたので、たぶん作曲家のイ・ミンスさんにも、すごくプレッシャーがかかっていたんじゃないかなって思います(笑)」
――韓国のヒットメイカー、イ・ミンスさんでもプレッシャーがあったと(笑)。
 「だから、力を込めて作ってくださったんだと思います(笑)」
――(笑)。ちょっと気になってたんですけど、間奏の頭で“アウ!”って声が入ってて、何か意味があるのかな?と思ってたんですが。
 「あれは、童話の世界の、会いたくても会えないときの気持ちを声で表現したものなんです(笑)」
――え! あれってIUさんの声だったんですか(笑)。
 「ハイ。実は、韓国語ヴァージョンを作ってるとき、思うように歌えなくて怒ってたんです。それでマイク前で“アウ!”って叫んだら、イ・ミンスさんが“それ、いいね”って(笑)。それで曲中に入れることになったんです」
――それは面白いエピソードです。さて、この曲でもダンスがありますよね。
 「時計ダンスがあります。指を時計の針に見立てて、L字にするのがポイントです。みなさんも歌うときにやってみてください」
――では、歌詞にかけた質問です。今回の楽曲には“運命の音”というフレーズが登場します。それは、運命的なものに出会ったときの比喩ですけど、最近IUさんが“運命の音”を聴いたのはいつですか。
 「日本に来て、もんじゃ焼きを食べたんですけど、それが本当に美味しくて! もんじゃ焼きという食べ物自体、知らなかったし、初めて食べたのでので、とても衝撃的で、そのときに運命を感じました(笑)。私の心にピッタリなくらい美味しくて。なので、もんじゃ焼きを作るときの“ジュワジュワ”って音が私の“運命の音”です(笑)」
――アハハハ、まさかのもんじゃ焼きとは、意外の答えでビックリです(笑)。もうひとつ質問。“夢”という歌詞も出てきますが、最近IUさんが見た夢は?
 「妖怪がたくさん出ました。ほんと怖かったです。私がオノを持って全部やっつけました(笑)」
――ゾンビ映画みたいじゃないですか(笑)。
 「そんな感じでした(笑)。早く起きたかったです。悪夢でした(笑)」
――では、日本版の「You & I」のミュージック・ヴィデオについて聞かせてください。
 「童話とファンタジーがコンセプトになってます。実は韓国版のMVと連動してるんですよ。違う次元の設定で、日本のMVでは、私が毎日童話を読んでるんですけど、その本のストーリーが韓国のMVの内容になってるんです」
――おぉ! 素敵な仕掛けじゃないですか。
 「童話を読む私が童話の中にいる私に気づいて、タイムマシンに乗って会いにいくんです。CGがあり得ないくらいカッコいいです(笑)。ぜひみなさん見てください」
――それは必見ですね。さて、IUさんは、5月16日に韓国で20歳になりましたが(※韓国は数え年なので、日本では19歳)、大人っぽくなろうとか考えました?
 「いえ、私は10代の雰囲気をずっと持っていたいんです。だから、私はずっと10代の気持ちで行くつもりです(笑)」
――そうですか(笑)。20歳の目標は?
 「まずは、今、韓国で行なっているファースト・コンサート・ツアー<REAL FANTASY>(7月15日に終了)を、スタッフさんも私もみんな元気で無事に終わらせたいです。初のツアーですから、成長できたらと思います」
――初のワンマン・ライヴでもありますよね。実際やってみてどうでした?
 「毎週ドキドキです。観客の全員が私のファンというのも新鮮ですし、ステージを自信満々でやれます(笑)」
――(笑)。どんな雰囲気のライヴなんですか。
 「オープニングから中間まではファンタジーな雰囲気で、仮面舞踏会があったり、月の上でギターを弾いたり、ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家も出てきたりします。2部からはバラードを歌ったり、私の話もたくさんします。アーティストのIUも、素の私も全部も見れるようなステージになってるんです」
――それはぜひ観たいですね。
 「日本でも9月17日に東京国際フォーラムでのコンサートが決まりました。すごく嬉しいです。日本でも面白いコンサートをやれると思うので期待していてください」
――期待してます! ちなみに、この夏やってみたことありますか。
 「私は暑いのが苦手なんです。だから涼しい部屋で休んでいたいです(笑)。夏より冬が好きなんです」
――なんとなくIUさんっぽいです(笑)。海に行ったりとかもあまりしないと。
 「冬の海の方が好きです。夏の海は人が多すぎて行きたくないんです。泳いだりしないで、ただぼーっと海を見ているのが好きです(笑)。夏にやってみたいことは……あ! 今は新しいアニメが観たいです(笑)。癒されるアニメをいろいろ探してます。『日常』とか観てみたいなと思ってます」
――なるほど。では最後に「You & I」を聴いてくれる人にメッセージをお願いします。
 「私の2ndシングルがリリースされます。<Good Day>のときは日本デビューだしすごく緊張もありましたけど、今は楽しんで日本での活動ができています。みなさんが応援してくれたら、もっとやる気満々になります(笑)! <You & I>ぜひたくさん聴いてください!」
取材・文/土屋恵介(2012年6月)
【ライヴ情報】
<IU Friendship Special Concert〜Autumn 2012〜>

●日程:9月17日(月・祝)
●会場:東京国際フォーラム ホールA
●時間:開場 16:30 / 開演17:30 (開場/開演時間は変更となる場合があります。)
●料金:全席指定 8,800円(税込)グッズ付き(未定)

【IU 日本オフィシャル・サイト】
http://iloveiu.jp/
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015