【清塚信也】初のライヴDVD発売記念企画 “女子クラ部”からの質問をぶつけてみました!

清塚信也   2014/02/05掲載
はてなブックマークに追加
清塚信也 “THE LIVE”
 2月5日にコロムビア移籍第1弾として、自身初のライヴDVD『THE LIVE』をリリースするピアニストの清塚信也さん。速弾きや超絶技巧のアドリブ、爆笑トークなど、ピアニスト&エンターテイナーとしての清塚さんの魅力が満載で、ファンはもちろん、今までコンサートに足を運んだことのない方にもぜひ注目してもらいたい作品です。
 今回は、清塚さんの母校でもある桐朋学園でピアノを学んでいる現役女子大生、鷲尾仁美が“女子クラ部”(クラシックを楽しみたい女子が集まるサークル / columbia.jp/joshicla)に寄せられた質問を抱え、代表して突撃インタビューをしてきました!
 「先輩だから厳しくいくよ!(笑)」
――お手柔らかにお願いします……。さて、さっそく1つ目、速弾きに関する質問を。
『清塚さんの手の速さは、速すぎて客席からは見えません。清塚さんにはしっかり見えているんですか? どうやったらそんなに速く動くのですか?』
 「なに? “手がはやい”ってのは、僕に対する偏見?(笑)」
――Twitterのプロフィール文に、ご自身で書かれていたじゃないですか。
 「ははは! 書いてたわ! ごめんなさい。自分の手は見てないよ。見える見えないの前に、“見てない”。ピアノって基本的に右と左に分かれてるじゃん。目はどっちかにしか焦点を合わせられないんだから、両方は追えない。腕の伸び、手の触り心地で鍵盤の位置が分かるようにしなければいけないんだよ。(速く動くのは)練習したからだね。もともと僕は身体がすごくタフで、精神力にも自信があるし。あと、緊張すると人って萎縮するから参りやすくなるけど、僕はあまり緊張しないんだよね。ステージでも楽屋でも、いつもこのまんま」
――見習いたいです……。では、第2の質問。
『なんでそんなにファンに優しいのですか?』
 「優しくないよ!」
――Twitterでも、たくさんのファンの方に一人ずつリプライされているじゃないですか。
 「ああ、それはね、僕は“フェア”かどうかにけっこうこだわってるから。一人にリプライしたら、みんなに返さなきゃフェアじゃないでしょ? 一人一人と対話することで、それぞれの価値観を聞かせてもらえるのも楽しいしね。ちなみにリプライが一番できる時間帯は、弾く直前の楽屋ね(笑)。舞台袖までずっとやってる。“出番です”って言われても、“ちょっと待って〜、今顔文字探してるから!”って」
――すごい! 出番前にそんな余裕ないです……。3つ目は、
『清塚さんは声も素敵なので、ぜひ歌も歌ってほしいのですが……。弾き語りを考えたことはありませんか?』
 「歌ですか? まず無理ですね(笑)。歌いたいと思ったこともないし、その才能も僕にはない。まず、歌を聴いていても音の方を聴いちゃって、歌詞が自分の中に入ってこないの。言葉って、ものの意味を断定するから、本来は音楽とは一緒になっちゃいけないものだと思ってるんだよね。でも、この人は僕に何を歌ってほしいんだろうね? 言ってくれれば今度コンサートで歌うけど。……ツッコめよ、今のとこは! 歌うんかい!? って(笑)」
――すいません、つい期待してしまいました! 次の質問はズバリ、
『奥様との出会い、第一印象、なれそめ、今思っていること!』
 「妻が台湾でタレントをやっていて、向こうのバラエティ番組で一芸を披露することになった時、ピアノで弾き語りがしたいから教えてくれないかって、僕に話が回ってきたのが出会いのきっかけ。第一印象は、頑張ってるなぁって感じかな。僕も海外留学した身だから、外国で活動する大変さも分かるし。今、妻に対して思うことは“ありがとう”だけ。子育てしてくれてるからね。僕は1年の半分は家にいないから彼女は大変だよ」
――お次の質問は、
『新しく始めるとしたら何の楽器にしますか?』
 「打楽器かな。ドラムとか。メロディがない楽器がいいな。リズム好きだし、爽快感がある。メロディというのはキャッチーだけど、下で支えてる和声とリズムがあってのものだよね。和声とリズムの方が、突き詰めると深いと思ってる。だからコンサートでは時々、ピアノの椅子をカホンっていう打楽器にかえて、即興演奏中に突然叩いちゃったりしてるんだ」
――最後の質問、これはぜひ私も伺いたいことなのですが、
『私のまわりには、私を含め、将来音楽をやっていきたいけど、とても不安だという学生がたくさんいます。そんな人たちに何かメッセージをお願いできないでしょうか』
 「せいぜい頑張って〜(笑)」
――そんなぁ!
 「まあ、コンクールの結果を鵜呑みにしないで頑張ってほしいね。僕は審査員をやったこともあるから分かるけど、ある程度の高レベルになってきたら、順位なんてつけられないもん。運もあるし。あとは、自分の腕を磨くのと一緒に、どうやったらマーケットを得られるかを考えること。自分が将来“何に”なりたいか、どこにアプローチしていきたいかということを考えてほしいよね、冷静に」
――ありがとうございました!
 「まあ、せいぜい頑張って〜(笑)」
取材・文 / 鷲尾仁美(2014年1月)
ライヴDVD『THE LIVE』リリース記念
清塚信也★スペシャル・コンサート

※昼・夜公演のプログラムは異なります。

■ 2014年3月20日(木)
東京 銀座 ヤマハホール

〒104-0061 東京都中央区銀座7-9-14
03-3572-3171


[昼公演]
“ガチクラ!「ショパン vs リスト」
特別ゲスト: 高井羅人(pf)”
開場 13:30 / 開演 14:00
一般 4,000円(税込 / 全席指定 / 未就学児入場不可)
e+ / ぴあ(P: 221-458)


[夜公演]
開演 19:00 / 18:30 開場
一般 4,000円(税込 / 全席指定 / 未就学児入場不可)
e+ / ぴあ(P: 218-378)


[公演詳細]
コンサート・クリエイティヴ
columbia.jp/concertcreative/schedule.html



大きな地図で見る

[清塚信也オフィシャル・サイト]
shinya-kiyozuka.com


[コロムビア特設サイト]
columbia.jp/kiyozuka


[女子クラ部]
columbia.jp/joshicla/
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015