心に内包する、熱い衝動を解き放つ! 新作『ひとヒナタ』に見られる、熊木杏里の“変化”

熊木杏里   2008/11/07掲載
はてなブックマークに追加
心に内包する、熱い衝動を解き放つ! 新作『ひとヒナタ』に見られる、熊木杏里の“変化”
 2002年のデビューから数えるとリリースされたアルバムは4作品。リリースごとに自分自身の世界観を追求してきたシンガー・ソングライターの熊木杏里。そんな彼女が5枚目のアルバム『ひとヒナタ』を発表した。前作まではシンガー・ソングライター特有の内向的な作品が中心だったが、今作ではシングルとしてリリースされた「モウイチド」のように、気持ちを外に解放させたいという熱い衝動を感じる作品も収録。その心境の変化のきっかけとなったものは……。サウンド面もカラフルなイメージになった本作について彼女に話を訊いた。




 「歌はいつも真っ白な紙に向かって、シチュエーションも決めず、結末も見えないまま書き始めます。歌いながら私の根本を探っていくと、たとえば“花になりたい”という気持ちが芽生えて、〈春隣〉という言葉が出てくる。それがメロディに乗って、ふわっと歌が生まれるんです」
 そう語るのは11月5日にアルバム『ひとヒナタ』をリリースしたシンガー・ソングライター、熊木杏里。彼女はいつも、ほかの誰でもない自分自身を歌に反映してきた。だが、5枚目のアルバムとなる『ひとヒナタ』には、今までとは少し違う熊木杏里の姿が見える。“私”の枠をはみだして、他人に触れたい、誰かと心のやりとりをしたい、という想いが聴こえてくるのだ。


 「確かに〈誕生日〉で歌ってる“おめでとう”という言葉なんて明らかに、自分に言う言葉じゃないですもんね。そう、今は誰かと心の手をつなぎたい、もっと触れ合いたいという気持ちが止まらなくなってきてるんです。人と一緒にいるときの自分が幸せだなあと思うし、そうすると新たな悲しみや問題が出てくるのが、またいいなあって……今だけかもしれないけど(笑)、そう思えるんです」
 そのきっかけは、ほんの小さな出来事の積み重ねだという。たとえば……。


 「意外と飲みの席だったりして(笑)。お酒を飲んでワーッとテンションが上がると、人って美しいほど変化するじゃないですか。さっきまで笑ってたのにいきなり泣き始めちゃったりとか(笑)。日常でも私の周りには泣いたり笑ったりしてる人がいっぱいいて、そういう人たちを見てると、私はこれまで一期一会を何度逃してきたんだろうと思うんですよ。それは歌を歌ったり曲を作ったりすることにおいて、かなり致命的なことだったのかも」
 そんなふうに彼女は言うけれど、とことん“私”と向き合ってきた熊木杏里だからこそ歌える歌がある。そうして生まれた歌を、彼女はもっと多くの人に手渡したくなったのだ。その変化はサウンドにも現れていて、彼女はこのアルバムで長年のパートナーだった吉俣良の元を巣立ち、複数のプロデューサーにアレンジを託している。


 「私自身も、作る曲も変わってきたので、人と触れ合いたい意欲が音作りにも出てます。今はいろんな人の息吹を感じながら、いろんな音のなかで熊木杏里を模索して歌うのが楽しい。今回とくに新鮮だったのが、〈青雲〉や〈やっぱり〉のたゆたうような電子音。生音以外のサウンドも意外と自分の声と合うんだなって、ひとつ新しい道を見つけました」
 人と関われば楽しさや刺激は倍増し、そのぶん傷つくことだってある。そのどちらの側面も歌うから、熊木杏里の歌は“私”の歌でありながら、多くの人の心に届くのだろう。


 「泣いて笑って正直に生きてる人に出会うと、このままの自分じゃやばいと危機感を感じたり、自分はどうなんだって問い詰めたり。私はいつも、自分が痛手をうけて曲を作ってます(笑)。それがパワーの源になってるし、でなきゃ嘘のないメッセージは歌えないと思う。だからこのアルバムは〈モウイチド〉から始まるんです。ゼロからの始まりじゃなくて、マイナスの状態から“よっこいしょ”と腰を上げる感じ。そういう変化を迎える人に届いてくれたらうれしいですね」



取材・文/廿楽玲子(2008年10月)



【熊木杏里ライブツアー2008 〜ひとヒナタ〜】

●11/9 京都 KYOTO MUSE 開場17:00/開演17:30
※info:夢番地/大阪06-6341-3525

●11/19 札幌 KRAPS HALL 開場18:00/開演18:30
※info:ユアソング/011-242-2200

●11/23 浜松 窓枠 開場17:00/開演17:30
※info:サンデーフォークプロモーション静岡/054-284-9999

●11/24 広島 Live Cafe Jive 開場17:30/開演18:00
※info:夢番地広島/082-249-3571

●11/26 福岡 Gate's7 開場18:30/開演19:00
※info:BEA/092-712-4221

●11/27 名古屋 ボトムライン 開場18:30/開演19:00
※info:サンデーフォークプロモーション/052-320-9100

●11/29 大阪 BIG CAT 開場17:30/開演18:00
※info:夢番地大阪/06-6341-3525

●12/3 東京 国際フォーラムC 開場18:15/開演19:00
※info:FLIP SIDE/03-3466

【熊木杏里・出演ライヴイベント“風の音、虫の音”】

【日時】 11月21日(金)、OPEN18:00/START18:30
【場所】 仙台戦災復興記念館
【出演】 熊木杏里、竹仲絵里、岡野宏典
※チケット:一般発売10/18(土)AM10:00〜発売
 ローソンチケット/0570-084-002(Lコード:29385)
 チケットぴあ/0570-02-9999(Pコード:306-446)
 e+  
※お問い合わせ先:ジー・アイ・ピー/022-222-9999
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015