【黒田卓也】歴史の先っちょに立っている――世界が注目するトランペッター、ついに凱旋リリース!

黒田卓也   2013/07/26掲載
はてなブックマークに追加
 ニューヨークを中心に活動するトランペッター、黒田卓也の日本デビュー作『シックス・エイシズ』がP-VINEから6月に発売された。2010年に『Bitter and High』、2011年に『Edge』、2012年に本作と3枚のアルバムを自主制作。その3枚目が日本で出ることになったのだ。1980年2月21日兵庫県芦屋市の生まれ。甲南中・高・大学を経て、2003年に渡米してニューヨークはマンハッタンにあるニュースクール大学に進学。ホセ・ジェイムズ・バンドでも活躍中の好漢に話を聞いた。
(C)Katja Liebing
――そもそもトランペットを吹くようになったのは?
黒田(以下、同) 「おやじが趣味でクラシックを聴いていましたが、特別音楽的な家庭というわけではなかった。兄が中学・高校のビッグ・バンドでトロンボーンを吹いていました。兄貴がいるからいやだと、最初は入りたくなかったったんですが、たまたま体操部の部室に行く途中、兄貴の友達につかまって無理やりトランペット吹かされたのがきっかけですね。ビッグ・バンドでカウント・ベイシーグレン・ミラーを吹いていました」
――よく聴いたトランペッターは?
 「10代の頃はクリフォード・ブラウンばっかり。マイルスはニューヨークに行ってから聴きました。ブルー・ミッチェルとかディジー・ガレスピーとか、みんな好きです。ロイ・ハーグローヴはヴィレッジ・ヴァンガードに出ている時は、ずっと見てましたね。ホセ・ジェイムズのバンドで2年半前のジャワ・ジャズ・フェスティヴァルに出た時、憧れのロイ・ハーグローヴと同じステージに立ったんです。ロイが吹くのをソデで聴いていて、次が自分たちの出番。同じお客さんを前に、同じトランペットをロイのあとに吹かなくはいけないと思うと、頭がおかしくなっていましたね。ロイからはたくさんのことを学んだし盗んだし……。本人のあとでやると、彼のクローン人間みたいに思えて、これじゃいけないと、それから自分自身を探すようになりました」
――どのようなジャズを目指しているのですか?
 「12歳でジャズを始め、カウント・ベイシーやクリフォード・ブラウンを聴き、大阪のクラブで演奏するようになり、スタンダードをたくさん覚えて、ニューヨークに行って10年。いろんな音楽に触れたり同世代のミュージシャンと関わっているうちに、自分の意識の中で、自分は歴史の先っちょに立っていることをすごく感じるようになった。いま生きている人はみな先っちょにいるわけだから、いまというのを意識した音楽をやりたい」
――『シックス・エイシズ』について聞かせてください。前のアルバムでは「ラウンド・ミッドナイト」とか「フォー・オール・ウィ・ノウ」のようなスタンダードもやっていましたが、本作は全曲オリジナルですね。
 「〈グラッパ〉は食後酒のこと。景気づけのオープニング・ナンバーです。〈ジャフロ〉はそのものすばりのジャパニーズ・アフロ〈ペッパー・キャラメル〉は昔の淡い思い出、キャラメル状の苦い思い出といったイメージの曲。〈トランク・ベイ〉はヴァージン諸島セントジョン・アイランドにあるきれいなビーチの名前。〈レッド・コーナー〉はプロレスとかボクシングの赤コーナーのこと。タイトル曲の〈シックス・エイシズ〉はセクステットの全員がエースだという意味」
(C)アカセユキ
――個人的にはブルースの「バイト・ザン・バーク」がお気に入りなんですが。
 「ブルース大好きなんです。ブルースしかできなかったから、ニュースクールでみんながコンテンポラリーなことやってるなか、“ブルースの時だけ元気になる日本人”みたいな扱いを受けましたね」
――3管編成のダイナミックなジャズですね。
 「ビッグ・バンド出身、ホーン・セクションが好き、アレンジが好きなんで、結果としてこういう形になりました」
――ところで、ホセ・ジェイムズとの関係は?
 「学校(ニュースクール)が一緒。彼は少しあとから入ったんで、学校で交わることはなかったけど、たまたま共通の知り合いのコンサートで一緒になった。その時、彼は『ブラック・マジック』の録音中だった。今年のスケジュールは12月まで、ほとんどホセのバンド。月に2週間は一緒ですね」
――使用楽器は?
 「バック。ニューヨーク・バック。ニュースクール2年の時、親友が楽器屋で働いていて、朝9時に電話がかかってきた。お前が探していたやつが中古で入ったぞと。音色に惚れてしまって、とりあえずその場は100ドル置いてきた。でもこの楽器、じゃじゃ馬ですぐ故障するし、扱いがとても難しい」
――夢は?
 「いつかはストリングス・アルバムを作りたい。クリフォード・ブラウンのストリングス・アルバムは、ぼくのバイブルです」
取材・文 / 市川正二(2013年7月)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015