エレガントな味わい深さとフレッシュさを感じさせてくれるリトルテンポのニュー・アルバム『太陽の花嫁』

リトル・テンポ   2011/07/13掲載
はてなブックマークに追加
 日本を代表するインスト・レゲエ・バンドとして、そして、めくるめくさまざまな音楽的要素を自在に取り入れリトルテンポ節として圧倒的な演奏力とエンタテインメントと音楽熱で日本中のフェスや祭りには欠かせないライヴ・バンドとして君臨しているリトルテンポが、3年ぶりの新作『太陽の花嫁』をリリースした。

 前作『山と海』では、オトナのアダルティなバンド的アンサンブルを披露し、貫禄を感じさせてくれていたのだが、この新作『太陽の花嫁』では、リトルテンポ初期の印象、そう、まるでUB40の初期のような、センチメンタルで内省的でありながらも、全体としてはハートウォーミングで優しい感じというか、(もちろんリトルテンポにはこのような魅力はいつもあるのではあるが……)しかも、今作ではリトルテンポ初の打ち込みトラックも4曲収録し、今までになくエレガントな味わい深さとフレッシュさを見事に感じさせてくれるアルバムとなっているのだ。

 ライヴではおなじみだったアフロ・キューバンなオールドスクール・ラテンのスタンダードである「南京豆売り」のリトルテンポ流カヴァーにはじまり、大野由美子をゲストに迎えてサンシャイン・スティール・オーケストラのクラシカルなアンサンブルを見事に聴かせてくれている「月光」、ブルーノート仕様のキュートなロックステディ「トワイライト・ダンディ」に、デスカルガみたいなキューバン・ジャム・セッションも感じさせつつのスティール・ギターむせび泣きのオヤジ哀愁艶歌「ブラジリアン・サマー」や、はたまた往年のribbonを思い出すかのような、ぜひともアイドルに歌ってもらいたいメロディカ&スティール・パンがセンチメンタルに歌う、歌謡ラヴァーズの王道インスト「ときめき☆リダイヤル」などなど、バラエティ豊かでありながらもアルバムとしての流れと調和もこれまた見事なのである。

 『太陽の花嫁』というアルバム・タイトルも、まずは、「この言葉の響きを聞いただけで幸せになれそうだよね」という温かく優しい響きと意味、そして、そこに込められた思いを深読みしようとすると、未来への希望や命の源、そして次の世代の子供たちへ捧げられたリトルテンポからのメッセージにも思えてきて、より深く音楽が伝わってくるようである。昔からのファンにも、そして今までリトテンを知らなかった新たな聴き手も幅広ーく魅了しそうな、そして長く長〜く楽しめる作品となりそうだ。

 リトテンのホームグランドとも呼べる武蔵野の某スタジオにて、リーダーのTICOこと、土生剛さん(steel pan)にお話を訊いてきました。




――新作の完成おめでとうございます。今回のアルバムからは今まで以上に優しい印象を感じたのですが、震災というのはアルバムの内容に影響していますか?
 TICO(以下同) 「優しくなったんだよね。歳を経て(笑)。今回のアルバムのデモ・テープを聴いたのは正月のタコ焼きパーティで、その時にほぼイメージが固まってたんだけど、その後の震災、そして今の状況があって……音には多分出ていると思いますね。暗い部分ではなくて、“明るくいきましょう!”という気持ちの部分が特に」
――今回打ち込みを取り入れたのは?
 「単純にバンドの録音に飽きたのと、おっさんが9人集まってやるスタイルの中で、今さらなんだけど、“なんか打ち込みオシャレだな! ナウい!”みたいな感じで取り入れてみたんですよね。昔はバンドの人力で昇華しようという目標があったけど、なんか1周したというか。アルバムは、まとめてしまうと、ぶっちゃけコンセプトないし、気負いもなく、流れのままに作っただけなんです」
――今回のアルバムは、今までリトテンを知らなかったような人にも、さらに受け入れられそうな気がするんですが、これからの季節、ラジオとかでもガンガンにかかりそうな気がするというか。TVとかもいけるんじゃないですか? NHK『トップランナー』とか観てみたいですけどね。
 「実はトップランナーには昔、10年くらい前に出たことあるんだよね。いやー苦い思い出ですね。その時の司会は大江千里さんと元バレー日本代表の益子直美さんだったかな。で、エイベックスの頃、“癒し系クラブ・サウンド”、みたいな触れ込みで出て……“ダブとは?”みたいな感じで、ウッチー(内田直之)の手元がアップに映されたり、“もーーー、やーめーてーくーれー”的な、終始、“恥ずかしいー”みたいな。そんな感じでした。でも改めて今だったらできることもあるかもしれませんね。ただヴィジュアル的には、もうどうにもならない。みたいな」
(※残念ながらトップランナーは、今年の3月末で定時番組としては現在休止中。リトルテンポが出演したのは番組始まってすぐの、初期2000年の頃でした)
――今回、アルバムのツアーはやるんですか?
 「こんなご時世なんで、夏場はそんなに組めなかったけど、また秋からゆっくりと段取って組んでいこうかと。まあ、それでもフジロックとかいくつか入ってきてるから、大きめのとこをやりつつ……最近は、タイとか韓国とかもいいかなー、とか思ってて。アジアの他の国にも行ってみたいんだよね。韓国ではレゲエがアツイみたいで、なんか、フィッシュマンズがスゲー人気みたいで」
――(編集部)むこうに『空中キャンプ』っていうライヴ・ハウスがあるんですよ。フィッシュマンズの熱烈なファンの方々が作った箱で、日本人のアーティストたちも最近そこでよく演奏してるみたいなんです。
(一同大きくうなずく)
 「なんかHAKASEがそこに行ったって話してて、とにかく、アツイ!らしくて……もうモテまくるって話で、カミさんが横にいるのに、女の子たちが両脇腕組んでくるって」
――凄いですねー。それはアツすぎますねー。でも、このアルバムを携えて、リトルテンポには韓国ツアー、ぜひ行ってほしいですね。
 「そんときは、HAKASE (元フィッシュマンズ)& FRIENDSでいくから。(笑)ライヴも、常にHAKASEがド真ん中で(笑)」
――絶対観に行きたいです(笑)。
取材・文/コンピューマ(松永耕一)(2011年6月)
<LITTLE TEMPO presents 第四回 ワイワイ祭りスペシャル! 『太陽の花嫁』披露宴> 
●公演日:2011年9月16日(金)
●会場:恵比寿 LIQUIDROOM
●時間:開場: 19:00 / 開演: 20:00
●出演者:リトルテンポ
●ゲスト:大野由美子(Buffalo Daughter、Sunshine Love Steel Orchestra) / icchie / 西内徹
●DJ:工藤Big'H'晴康
●料金:前売3,300円(税込・ドリンク別・整理番号付) / 当日3,500円 (税込・ドリンク別)
※PG発売→7月16日(土)より一斉発売開始
チケットぴあ http://t.pia.jp/ TEL:0570-02-9999
ローソンチケット http://l-tike.com/ TEL:0570-084-003
イープラス http://eplus.jp/sys/main.jsp
 
問い合わせ:HOTSTUFF PROMOTION / TEL:03-5720-9999

<FUJI ROCK FESTIVAL2011>
●公演日:7月29日(金)
●会場:新潟県湯沢町苗場スキー場
http://www.littletempo.com/
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015