大きなフィールドへの浸透力を持つ極上のポップスの数々 村上ゆきの個性的な音楽観が詰まった新作がリリース

村上ゆき   2009/01/16掲載
はてなブックマークに追加
 もともとはピアニストとして音楽活動が始まり、知人の薦めで歌うことに目覚めたという経歴を持つ実力派シンガー・ソングライターの村上ゆき。「バファリンA」「東武特急スペーシア」など数々のCM楽曲なども手掛ける彼女の新作『1ミリのキセキ』が1月21日にリリースされる。本作は、贅沢な気分になれる極上のサウンドの中で、包容力のある美しい歌声が心地よく響いてくる一枚。本作について彼女に話を訊いた。


 “がんばりたいのに がんばれない”というフレーズが心に響く「恋+薬」(ライオン「バファリンA」CM曲)、大貫妙子の作詞による「私を連れて帰ろう」(「東武特急スペーシア」CM曲)。強く印象に残るCMソング2曲をはじめ、初めて全曲オリジナルの楽曲で構成された新作『1ミリのキセキ』は、幅広い層にアピールする優れたポップス・アルバムであると同時に、シンガー・ソングライター、村上ゆきの個性的な音楽観が強く示された作品でもある。
 「“この人に対して、何がしてあげられるだろう?”という想い、ある特定の人に向けて語り掛けたい言葉とか、何か強烈な体験をしたときに生まれてきた感情とか、そういうものがないとなかなか曲ができないんですよね。(ポップスの)セオリー通りには作れないし、それをやったところで、自分に嘘をつくことになると思うので」


 そんな彼女の言葉を端的に反映しているのが、タイトル曲の「1ミリのキセキ」だろう。クラシカルな雰囲気を漂わせるストリングスをフィーチャーしたこのバラードは、2007年の冬、北欧を旅行中に見たオーロラがもとになっているという。
 「オーロラを見ること自体、奇跡に近いことだし、その瞬間は何て言葉にしたらいいかわからなかったんです。でも、帰国してから、前のアルバムのレコ発ライヴの前日にこの曲が出てきて、“どうしても演奏したい”って思って。考えて作ったのではなく、感動のあまり思わず生まれてきた曲なんですよね」

 大きな病気と向き合いながら、限りある人生を全うしようとする友人に向けた「To Be Continued」など、アルバムのなかには深く、シリアスな感情が含まれた楽曲も多い。しかし、この作品を聴き終えたあとに残るのは、ずっしりとした重さではなく、どこか軽やかで前向きな気分であり、その事実こそが彼女の音楽のチャーム・ポイントを形作っているのだと思う。
 「基本、楽観主義なんですよね。どんなに重くて、大変なことをテーマにしていても、最後は“でも、楽にいこうよ”っていうことを歌いたくなる。それは自分の作風というか、そういう性分なんだと思います。それに私自身、音楽でバランスを取っているところもあるんですよね。もともと感情が極端に走っていってしまうタイプなので」

 編曲に武部聡志沢田穣治が参加、さらに3曲の作詞を“きれいなおねえさんは好きですか”などの名コピーで知られるコピーライター、一倉宏が手掛けていることも、彼女の音楽の世界を広げるという意味において、大きな役割を果たしている。ジャズをベースにした村上ゆきのポップスは、このアルバムによってさらに大きなフィールドへと浸透していくだろう。
 「ピアノの仕事をしていた頃は、まさか自分の曲を歌うことになるなんて思ってもなかったんです。でも、いろんな人とのご縁のなかで“歌ってみたら?”“作ってみたら?”っていうお話をいただいて、オリジナル曲だけのアルバムまでリリースできて。これからも、自分の可能性を探っていきたいですね」



取材・文/森 朋之(2008年12月)



【『1ミリのキセキ』リリース記念ミニ・ライヴ&サイン会】

1月25日(日)ヤマハミュージックスクエアつくば(茨城)
Start 14:00 Start 16:00 出演:村上ゆき
※問:ヤマハミュージックスクエアつくば[Tel]029-868-7180
http://www.yamahamusic.jp/tsukuba-s/concert/index.php?mode=detail&id=41

2月8日(日)ディスクピア日本橋店(大阪)
Start 15:00  出演:村上ゆき
※問:ディスクピア日本橋店[Tel]06-6634-1161
http://shop.joshin.co.jp/shopdetail.php?cd=1528

2月11日(水・祝)タワーレコード福岡店
Start 16:00 出演:村上ゆき
※問:タワーレコード福岡店[Tel]092-722-4611
http://www.towerrecords.jp/store/store28.html

2月11日(水・祝)HMVキャナルシティ店(福岡)
Start 13:00 出演:村上ゆき
※問:HMV CANAL CITY[Tel]092-271-9181
http://www.hmv.co.jp/news/newsDetail.asp?newsnum=301180002

2月21日(土)タワーレコード渋谷店(東京)
Start 15:00 出演:村上ゆき
※問:タワーレコード渋谷店[Tel]03-3496-3661
http://www.towerrecords.jp/store/store03.html

【『1ミリのキセキ』リリース記念Live】

2月9日(月)みみみ堂(神戸)※完売となりました。
Open 18:00 / Start 19:00 出演:村上ゆき
予約制・問:[Tel]078-764-5333
http://mimimi-dou.cool.ne.jp/top.htm

3月7日(土)ビルボードライブ福岡
1st Open 16:15 / Start 17:30  2nd Open 19:15 / Start 20:30
MEMBER :村上ゆき(ヴォーカル&ピアノ)、沢田穣治(コントラバス)、佐藤芳明(アコーディオン)、福和誠司(パーカッション)
http://www.billboard-live.com/pg/shop/index.php?mode=top&shop=3

3月20日(金・祝)shibuya duo MUSIC EXCHANGE
Open 14:30 Start 15:00
MEMBER :村上ゆき(ヴォーカル&ピアノ)、沢田穣治(コントラバス)、佐藤芳明(アコーディオン)、岡部洋一(パーカッション)
http://www.sunrisetokyo.com/schedule/E000964-1.html
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015