今までになかった女性ラッパー像を創出――ニッキー・ミナージュの鮮烈なデビュー・アルバムが日本上陸!

ニッキー・ミナージ   2011/02/03掲載
はてなブックマークに追加
今までになかった女性ラッパー像を創出――ニッキー・ミナージュの鮮烈なデビュー・アルバムが日本上陸!
 2010年末に本国アメリカでリリースされたニッキー・ミナージュのデビュー・アルバム『ピンク・フライデー』は、彼の地で瞬く間に話題となり大ヒットを記録した。鮮烈なヴィジュアル・イメージもさることながら、カニエ・ウェストエミネムら大物をフィーチャーしながら、物怖じせずに個性的なラップの応酬を繰り広げた彼女は、レディー・ガガに迫るポップ・アイコンとして絶大な存在感を放っている。いよいよ『ピンク・フライデー』の日本盤リリースを2月23日に控えた彼女に話を聞いた。
――アルバム『ピンク・フライデー』のコンセプト、そしてこの作品を通じてあなたが打ち出したかったことを教えてください。
ニッキー・ミナージュ(以下、同)「このアルバムは、自分探しの過程というか、過去を振り返りながら、今の私はいったいどういうステップを踏まえて生まれたんだろうって見つめ直したものになってるわ。恋愛のことから、自分が疎外感を覚える時のこと、認められたいって思う気持ちや、いつもよりハードな態度でいかなきゃって思う時のこと、そして単純に騒いで楽しみたいって気分のことまで、パーソナルな物語を歌ってるの。誰かの日記を覗くような感じね」
――あなたの別人格キャラ、ロマン・ゾランスキーが大活躍する「ロマンズ・リヴェンジ」はアルバムの最大の聴き物だと思います。ロマン・ゾランスキーというキャラクターについて教えていただけますか?
 「ロマン・ゾランスキ―は、言うならば派手なゲイの男の子かしら。彼は突拍子もなくてクレイジーなの。思ったことを口に出しちゃう人。あえてコミカルな要素を加えて、軽いノリの曲にしたかったのよ」
(C)Howard Huang
――その「ロマンズ・リヴェンジ」ではエミネムが客演していますね。彼との共演はいかがでしたか?
 「エミネムはアイコンであり、ラップっていうジャンルを越えて、音楽界におけるレジェンドでしょ? 彼と仕事するのは本当に夢だったの。謙虚で優しくて、誠実な人だったわ。曲の制作過程でも積極的に意見を出してくれて、ちゃんと考えてやってくれてるんだなって感じられたし、この曲をヤバいものにしようって、時間もエネルギーもたくさん注いでくれたの」
――本作について、「セクシャルなイメージを削ぎ落とそうとした」と語っていますね。これは従来の女性ラッパーのイメージや在り方を大きく覆すものと言えますが、この発言の真意、そしてこうした考えに行き着いた経緯や背景を教えてもらえますか?
 「以前は先輩の女性ラッパーを見ながら、成功するにはセックス・アピールをがんがん出していかないとだめなんだって思ってたの。でも自分の中でなにか違うって感じてた。私はみんなが思ってるほどセクシャルじゃないのよ。だからこそバカっぽい表情をしてみたり、自分の中のコメディアン的要素をどんどん表に出している。最初期を振り返ると、間違った選択をしたなって後悔することもあるわ。私っていう人間を間違った見せ方で表現したと思うから。今みたいに自分らしさを前に出すことで、普段は女性ラッパーの曲なんてほとんど聴かなかったような人にも相手にしてもらえるようになったし、なんといっても、女の子、とくに若い女の子に、もっとまっとうなメッセージを届けられるようになったと思うの」
(C)Howard Huang
――あなたはこれまでにいくつかの別人格キャラを生み出していますが、それは子供のころに数々の問題を抱えていたあなたが現実逃避をするために描いていた妄想が出発点になっているそうですね。そんなあなたの「妄想は私にとっての現実」という発言は、家庭環境などで悩みを抱えている女の子たちに大きな勇気を与えることになると思います。音楽活動を通じて、そういった女の子たちにどんなメッセージを伝えていきたいと考えていますか?
 「伝えたいのは、“意志あるところに道は拓ける”って慣用句ね。3年前の私なんて、住む場所もなくて車で生活してたんだもの。貯金もなかったし。でも私には信じる力っていうものがあって、それにすがってた。神さまはきっとなんとかしてくれるって信じてた。あの頃の自分を考えると、本当に不可能なものっていうのはないんだなと思うわ。苦労している間は“いつ終わるんだろう”ってすごく長い時間に感じるんだけど、雲り空が晴れわたった瞬間にすべてがものすごい早さで一気に好転していくの。だから女性ファンにはそれを伝えたい。諦めちゃだめ、意志さえしっかり持ってれば、かならず道は拓けるからって」
――レディー・ガガやリアーナケイティ・ペリーら、音楽的にもヴィジュアル的にも個性的で、挑発的な女性アーティストの活躍が目立ちます。そういう人たちの存在は刺激になりますか?
 「もちろん。パワフルでクリエイティヴな女性が、私の目指していることを成功させているのを見るとすごくワクワクするわ。でもその中でも私は完全に独立してると思う。言うまでもなくラッパーってカテゴリーに入ってるのは私だけだし、女性ラッパーにはほかにはない戦いがあるから。彼女たちはストリートからの評価は必要ないし、すごく気の利いたリリックやパンチラインや比喩のことなんか考えなくても大丈夫だし。でも、ビヨンセのことはすごく尊敬してるの。彼女は作品に妥協はしないけど、彼女自身成長して変化を遂げてきたでしょ? メインストリーム度は上がったけど、しっかりバランスをとっているし、自分をブランドとして上手に見せている。まさにビジネス・ウーマンでしょ? 業界の女性の中で私のインスピレーションになってる人って言ったら彼女ね」
構成・文/房賀辰男(2011年1月)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015