世界デビュー・アルバムが完成―大躍進のニッキーが表現する“素”の自分とは?

ニッキー(Nikki Yanofsky)   2010/05/07掲載
はてなブックマークに追加
世界デビュー・アルバムが完成―大躍進のニッキーが表現する“素”の自分とは?
ニッキーにとって世界デビュー作となる『ニッキー〜フォー・アナザー・デイ』を聞くにあたって、“バンクーバー五輪開会式でカナダ国歌を歌った、16歳の天才少女”うんぬんといった情報は、むしろ念頭に置かないほうがいいかもしれない。アルバムの半分を占めるオリジナル曲が放つ、いきいきとした感受性。それに触れるには白紙の状態のほうが好ましい、と思われるからで、タイトル曲の一節、“They leaves us with questions, for another day”は、そんな彼女の若さと卓越した歌唱力とが交錯する、文字通りのハイライト。ほんと、期待の星と断言したい。素顔もかわいいし。


ニッキー(以下同) 「オリジナル曲には、ありのままの私の姿を反映させたいと思っていたの。〈フォー・アナザー・デイ〉の歌詞は私も大好き。スタンダード・ナンバーをカヴァーする時には、ブロードウェイの舞台に立っているような気分、ある意味“演技”に近いアプローチをしているから、オリジナルではなおさら“素”の自分を出したかった」
――5曲をジェシー・ハリスロン・セクスミスと共作していますね。
 「モントリオールにある私の家の地下室に3人で集まっては、セッションしていったの。ロン・セクスミスはボブ・ディランレナード・コーエンと並ぶ、私のアイドル。歌詞を書く上で、たくさん学んだわ。一方ジェシーは、独特のコード展開が素晴らしい。〈ネヴァー・メイク・イット・オン・タイム〉は、ジェシーがピアノで、あのシンコペートするフレーズを弾いたところから生まれた曲なのよ。
――「ネヴァー・メイク・イット〜」は歌詞もおもしろいですね。
 「私自身、(“時間に間に合わない”という歌詞同様)大の遅刻魔なの(笑)。あれこれ空想にふけるのが好きで、気がついた時には“いっけない、また遅刻”という事態になっちゃってる。〈ネヴァー・メイク・イット〜〉は、普遍的なラヴ・ソングであると同時に、そんな私の性格をからかった、“内輪の冗談”でもあるわけ。
――「トライ・トライ・トライ」は、ロン同様、あなたにとって同郷の先輩にあたるファイストの書き下ろしですね。
 「ファイストにはジュノー賞(カナダのグラミーにあたる)授与式で、一度会ったことがあるだけなんだけど、ジェシーが彼女と親しかった。“ファイストが書いたカントリー・ブルース調の曲があるんだけど”と聞かせてくれたデモ・テープを耳にしたとたん、“絶対歌いたい!”と思ったのよね。




(c)Jeff Lipsky


――この曲のヴォーカルを聞くと、アレサ・フランクリンが大好きなのがわかります。
 「よく言われるのは“ボニー・レイットに似てる”。でもアレサは大好きな歌手の一人だから、比べられるのはうれしい」
――あなた自身、デビュー当初、エラ・フィッツジェラルドを見事にカヴァーしたことから、ジャズの人脈で語られがちですが、歌手としてはより幅広いですよね。
 「今回、スタンダードとオリジナル曲を半々に収録したのは、そうした持ち味を伝えたいという意図があったからなの。エラ・フィッツジェラルドは尊敬してやまない歌手だけど、ふだんの私はジェイ・Zケイナーンだって聞く、普通のティーンエイジャー。ジャズも歌えば、R&Bやポップも好き。そんな私のうそいつわりのない姿を聞いてほしかった。
――歌手活動で日々多忙な中、音楽から離れたときの楽しみを挙げるとすると?
 「詩を書くこと。学校に通えないぶん、仮題を出されているんだけど、ふと気がつくと教科書の余白に詩を書きなぐっている(笑)。あと、ショッピングが大好き。今日も渋谷に連れていってもらう予定なの。109に出かけて、60年代っぽい長い羽根のついたピアスを買いたいな」
取材・文/真保みゆき(2010年4月)



<ニッキー来日公演>
【大阪】
10月4日(月)大阪・心斎橋クラブクアトロ
開演:19:30
【名古屋】
10月5日(火)愛知・名古屋クラブクアトロ
開演:19:30
【東京】
10 月6日(水)東京・東京国際フォーラム ホールC
開演:19:00

【チケット一般発売】5月22日(土)

総合問い合わせ:ウドー音楽事務所[URL] http://udo.jp
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015