涙腺直撃系メロディ満載の新作を発表!OCEANLANEインタビュー公開!

OCEANLANE   2007/09/04掲載
はてなブックマークに追加
涙腺直撃系メロディ満載の新作を発表!OCEANLANEインタビュー公開!
 まるで磨きあげられたクリスタルのように透きとおったヴォーカルと、甘くせつない繊細なメロディが骨太なロックの礎の上に築かれていく……そんなサウンドで人気を博すエモーショナルなロック・バンド、OCEANLANEが通算3枚目となるニュー・アルバム『キャッスル・イン・ジ・エアー』を発表する。そこで、直江 慶と武居 創に話を訊いた。




 潔さとロマンティシズムを併せ持ったバンドである。今年のサマーソニックで洋楽バンドに比肩しうる存在感とスケールの大きさを見せつけた日本代表、OCEANLANE。「方法論は何でもアリ」のこの時代に、あくまでメロディ重視、リフ重視、曲は無駄なくコンパクトに、でも、叙情性はたっぷりと……と、あえて正攻法を選ぶ彼らは、自分たちがシンプルなギター・バンドであることをちゃんとわかっているのだろう。通算3枚目となる『キャッスル・イン・ジ・エアー』(XQCX-1002 \\2,500(税込))は、そんな彼らの基本スタンスをあらためて伝えてくれる力作だ。
「やっぱり刺激的な曲って、3分とかそれくらいの長さの曲だと思うんですよ。ビートルズもそうですよね。僕ら、もともと大作志向でもないしコンセプト・バンドでもない。ファーストの時はそれをかなり意識してたんですけど、今回そこに再度立ち返ったって感じもあります」(直江 慶)
「自分たちが作る曲自体、あまり大きく広げなくても伝わっていくって思っていて。どこか一ヵ所フックがあれば。そもそも僕ら、サビに命をかけているんです(笑)。サビが良くなきゃダメ、くらいに思っていて。そういう意味でも曲はコンパクトな方がいい。メロディとサビがキャッチーであれば絶対伝わるから」(武居 創)




(L→R)嶌田政司(buddhistsonkamomekamome)、武居 創、直江 慶、堀越武士(henrytennis


 『キャッスル・イン・ジ・エアー』には、彼らの十八番とも言える涙腺直撃系のメロディをしっかりと携えたギター・チューンがズラリと並んでいる。だが、このバンドの強みは、雰囲気に流されていかないところ。どの曲にも明確な展開があり流れがあり、いい意味で“わかりやすい”。言ってみればオアシスのような、ベタな感動を与えてくれるところが魅力なわけだが、それが新作ではさらに強化されていると言える。
「最初にいいメロディが“降ってきて”、それが元になって曲が出来上がっていく感じ。(この取材を録音している小さなテレコを指して)まさにこれを使ってるんですよ。そういう作り方は変わってないです。でも、最近は曲をまとめていく上でバンド感が出てきましたね。僕ら、今のサポート・メンバー(嶌田政司と堀越武士)と一緒にやり始めてこれで2作目になるんですけど一体感が出るようになったと思います」(武居)
「あと、俺、ピアノを習い始めて。それでちょっと変わりました。コードの見つけ方も変わってきたし。曲調に幅が広がってきましたね」(直江)
 “いつまでもライヴ・バンドでありたい”と断言する彼ら。今年のサマーソニック出演時には大好きなトラヴィスのメンバーに自分たちの作品を渡せたそうだが、イギリスの国民的バンドであり続けるトラヴィスは確かに彼らの在り方と重なるところがあるかもしれない。照れを含んだようなぶっきらぼうな話し方はいかにも若さの象徴という印象も受けるが、自分たちの未来をまっすぐ見つめる視線の先には意外にも壮大な夢が置かれている。
「美しいメロディとか、そういうのも確かに意識しますけど、最終的には庶民的というか、身近な存在みたいなバンドでありたい。かといって、あまりパンクみたいなストリート感はない。とにかく多くの人に伝わっていってほしいですから。そのためにもまずは日本国内でしっかりと足固めをしていきたいですね。もっともっとたくさんの人に聴いてほしいですから」(武居)


取材・文/岡村 詩野(2007年8月)


NEW ALBUM "Castle In The Air" RELEASE TOUR

10月7日(日)仙台:MACANA
OPEN 18:30 START 19:00
前売 \\2,500(D代別)チケット:9月8日(土)発売
チケットぴあ:Pコード(265-878)ローソンチケット:Lコード(22462)
e+
(問)GIP http://www.gip-web.co.jp/

10月10日(水)福岡:DRUM SON
OPEN 18:30 START 19:00
前売 \\2,500(D代別)チケット:9月8日(土)発売
(問)キョードー西日本 / 092-714-0159

10月11日(木)岡山:PEPPERLAND
OPEN 18:30 START 19:00
前売 \\2,500(D代別)チケット:9月8日(土)発売
(問)PEPPERLAND / 086-253-9758

10月13日(土)心斎橋:CLUB QUATTRO
OPEN 18:00 START 19:00
前売 \\2,500(D代別)チケット:9月8日(土)発売
・チケットぴあ:Pコード(266-204)
・ローソンチケット:Lコード(58655)
・e+
(問)GREENS http://www.greens-corp.co.jp/

10月14日(日)名古屋:CLUB QUATTRO
OPEN 18:00 START 19:00
前売 \\2,500(D代別)チケット:9月8日(土)発売
・チケットぴあ:Pコード(265-823)・ローソンチケット:Lコード(42512)
・e+
(問)ジェイルハウス http://www.jailhouse.jp/

10月28日(日)東京:SHIBUYA-AX
OPEN 18:00 START 19:00
前売 \\2,800 チケット:9月8日(土)発売
チケットぴあ:Pコード(266-411)ローソンチケット:Lコード(36425)
クリエイティブマン http://www.creativeman.co.jp/
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015