「自分の中にある個人的なことを思いきって吐き出してしまおう、と」──スキマスイッチの大橋卓弥が放つ渾身のソロ・アルバム

大橋卓弥(スキマスイッチ)   2008/07/04掲載
はてなブックマークに追加
 スキマスイッチのヴォーカリスト・大橋卓弥が、ソロ活動の集大成となる1stアルバム『Drunk Monkeys』を完成させた。自身の内面をさらけ出した歌詞、躍動感溢れるバンド・サウンドにこだわって制作したという今作は、これまでの大橋卓弥のイメージを一新させる渾身の一枚。今回のソロ活動が彼に与えたもの、そして今後のスキマスイッチとは──。大橋卓弥にその想いを訊いた。
 2008年上半期の音楽トップ・ニュースのひとつに挙げられるであろう、スキマスイッチのヴォーカリスト・大橋卓弥によるソロ・プロジェクト。デビュー・シングル「はじまりの歌」が好スタートを切る一方で、スキマスイッチの活動が順調だっただけに「なぜ今、ソロ活動なのか」という声があったのも事実。


 「ソロ活動については本当にいろいろな意見があったんです。僕としては“ココだ!”ってタイミングで始めたつもりだったので、“どうして?”という意見はちょっと悲しくもあって……。僕のやりたいことは、なかなか伝わらないのかな、とか思ってしまうこともあったりしましたけど、活動を続けてきて今はちゃんと伝えられていると実感してます」

 そんな中でも「ありがとう」「SKY」と立て続けにシングルを発表。そして今回、遂に1stアルバム『Drunk Monkeys』が完成した。



 「最初から、アルバムまでは作りたいと思っていました。どんな作品になるかは僕自身も終盤まで見えていなかったんですけど、とにかくスキマスイッチとは全然違うものを作りたい、そうじゃなきゃソロ活動をする意味がないと思いながら制作していましたね。結果、自分でも納得できる一枚ができたと満足しています」

 彼のソロ活動にはポイントとなる、ふたつの要素がある。ひとつは彼のパーソナルな部分を描いた歌詞、もうひとつはアルバム・タイトルにもなったバック・バンド(古田たかし〈ds〉/斎藤有太〈p〉/山口寛雄〈b〉/新井“ラーメン”健〈g〉)と共に生み出した勢いのあるサウンド。特に、弱さや不安、時には女々しさまでもを感じさせる歌詞は、彼自身にとっても新たな発見だったという。
 「スキマスイッチは2人組なので、僕個人に振り切ったことはあまり歌えないんですね。差別化するためにも、ソロでは自分の中にある個人的なことを思いきって吐き出してしまおう、と。そしたら、思った以上に自分はネガティヴな人間なんだってことがわかりました(笑)。ただ、そのネガティヴな思考も僕にとっては曲を書くいい反動になっているんです。それを吐き出すことでスッキリすることに気付いたし、そもそも吐き出せる自分がいるってことが大発見でした。それと同時にサウンドの方も、パソコンを使って緻密に計算していくスキマスイッチに対し、Drunk Monkeysは僕がギターやピアノで作った曲を、みんなでその場でアレンジしていくという真逆のスタイル。レコーディングもすべて一発録りで行ないました。荒削りだけど、そこがまた、人間味溢れる感じでいいなと思うんです」
 今回のソロ活動を、彼は“修行期間”と位置づけていた。そして今作をもって“修行”、すなわちソロ活動は、ひとまず終了とのこと。
 「秋のツアーが残ってますけど、今は徐々にスキマスイッチの活動の方へ頭が切り替わっている段階です。それぞれがソロ活動をした経験が、今後のスキマスイッチにどう影響してくるのか、僕ら自身も楽しみにしています。また、今回のソロ作品がリスナーの方に与える影響もあると思うんですよ。今までは、あえて僕とシンタくん(常田真太郎)の連名にしていた作詞作曲のクレジットも、ソロ作品を聴くことで、どちらが楽曲のイニシアチブを握っているのか、若干ネタバレになっちゃうんじゃないか、と(笑)。そんな楽しみ方もしてもらえたら嬉しいですね」


取材・文/片貝久美子(2008年6月)


【大橋卓弥ライヴ情報】
9月29日(月)、30日(火)のYOKOHAMA BLITZ 2daysを皮切りに、“大橋卓弥with Drunk Monkeys TOUR 2008”がスタート。ツアー・ファイナルは11月18日(火)、19日(水)のZepp Sapporo 2days。詳しくは公式ホームページ(http://www.office-augusta.com/ohashi/)へ。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015