【Special Interview】Perfume、女の子らしい世界観が表現されたニュー・シングル

Perfume   2007/09/13掲載
はてなブックマークに追加
 その可愛らしいルックスによるアイドル性と、中田ヤスタカcapsule)の手がける高い音楽性を武器に、アキバ系からオシャレ音楽好きまでを虜にし、根強い人気を得ているPerfume。彼女たちのニュー・シングル「ポリリズム」は、音楽性がさらに深まった作品だ。公共広告機構のCMソングに起用され、彼女たちにとっても新しい方向性を拓く作品になることは間違いない。


――シングル「スウィートドーナッツ」でのデビューから4年目を迎えたわけですが、この4年はどんな時間でした?

かしゆか(樫野有香)「その時その時のことに一所懸命で、それをこなすことにいっぱいいっぱいで、あっという間でしたね」
あ〜ちゃん(西脇綾香)「4年の中でストリート・ライヴもインストア・ライヴもたくさんやったし、それがあったからこそ、今のPerfumeがあると思うんですね。今では“カッコイイ系”って言ってくださる人もいるんですけど、アキバでやってた過去を消したいとは思いませんし、全部があって良い方向に進んでいってると思いますね」


――その間に、“代官山UNIT”をソールド・アウトなど、“ファンが増えてる”ってことが明確にわかることもありましたよね。

のっち(大本彩乃)「嬉しいですね。でも“Perfumeの何が良かったんだろう?”って思ったりもするんですけど(笑)」
あ〜ちゃん「たぶん、私たちがやってきたことがすべてではなくて、いろんな方――たとえば木村カエラさんとか――がいろんなところで話してくれたりして、知ってもらってっていう、みなさんのおかげもあると思うんですよね」



【プレゼント】
Perfume エコバッグ/3名様



――今年は“サマーソニック”にも出演しましたね。

かしゆか「う〜ん……、すごく嬉しいことなんですけど、“あれ、出たのかな?”っていうか、まだ実感が湧かないんですよ」
のっち「分かる! 出たのにまだ先のことみたいな気分」
あ〜ちゃん「あっ! ご飯食べるところもめっちゃすごくて、お寿司と天ぷらと……」
のっち「ドーナツ!」
かしゆか「お蕎麦もあったよね」
あ〜ちゃん「ジュースも外国の缶ジュースがズラ〜ってあって」
かしゆか「そういうところをすごく楽しんでました(笑)」


――(笑)……ライヴの話は?

あ〜ちゃん「最初は、“Perfumeのことなんかみんな知らないし、観に来てくれても50人ぐらいだろうな”って思ってたんですよ。でも、客席を見たらめっちゃ観に来てくれていて。それでステージが終わったらみんな客席から出ていったから、“あ、私たちを観に来てくれたんだ”って」


――今までの話を総合すると、本当に人気があるってことに実感がないんですね?

あ〜ちゃん「人気ないですよ!」
のっち「Perfumeがメディアにあまり出てないっていうのも実感がない要素なのかも」


――話し方とか本当に自然体だね。ちょっと驚いてます。

かしゆか「たぶん、音楽を聴いたり、ジャケットを見たりするとすごく作り込まれてるので、カッコイイって見てくださってるかもしれないんですけど、実際は普通の女子大生なので。そのギャップが激しいのかな……」


――今回の新曲「ポリリズム」は公共広告機構のCMに起用されて、PerfumeもそのCMに出演していますね。

かしゆか「そのCMを自分が観てるときに、同時に全国で流れてるって思えなくて。あんまり実感がないんですよね」
あ〜ちゃん「流れてるのを見ると“ハッ!(固まるポーズ)”って」
のっち「息止まるよね(笑)。でもこのCMを通してPerfumeが知ってもらえるいい機会だと思うし、PVみたいな感じの映像だから、PerfumeらしいPerfumeが観てもらえるのは嬉しいですね」
あ〜ちゃん「環境のCMに、あえてPerfumeが出演することで謎が深まって、“なんのCMだろう? あ、環境のCMなんだ”って思ってもらえれば、リサイクルにも感心が湧くかもしれないし」


――かなり奇抜な部分も目立つ曲だけど、初めて聴いた感想は?

のっち「最初は〈ポリリズム〉って意味が3人とも分からなかったから、“ポリ袋とかに関係あるのかな? 中田さんもリサイクルのことを考えてるんだな”って思っちゃった(笑)」
かしゆか「曲的にも、聴いた人はプレーヤーが壊れたかと思うかもしれませんね(笑)」
あ〜ちゃん「ずっと聴いてると気持ち悪くなっちゃうかも(笑)」
のっち「だから、静かに聴くんじゃなくて、身体で感じてほしいですね」


――歌詞も、2006年リリースの「エレクトロ・ワールド」のような抽象的な歌詞から、より女の子らしい世界観に変化してますね。

あ〜ちゃん「たしかに。〈リニアモーターガール〉とか意味が分かんないもんね(笑)」
かしゆか「誰も共感はできないよね(笑)。そう考えると今回のシングルのカップリング曲の〈SEVENTH HEAVEN〉とかはすごく共感できるし、女の子の曲だな〜って。といいつつ、逆に男性にも聴いてほしいですね。“女の子はこういうときにときめいてるんだよ”って。歌詞は女の子目線だけど、男性でも切なくなると思うんですよ。……しかし、中田さんはなんでこんなに女の子の気持ちを知ってるんだろ?」
あ〜ちゃん「中田さんが書いてるんじゃないんだよ、きっと。中田さんの下に、すご〜いちっちゃ〜い可愛い子がいて、その子が書いてるはず(笑)」
のっち「……っていうくらい、本当に女の子の気持ちが分かってるんですよね。こわいぐらい(笑)。今回は新しくPerfumeを知ってもらえるいい機会だと思うんですね。昔からのファンの人には“また大人になったよ”って捉えてもらえれば」
あ〜ちゃん「でも、売れたいからやってるんじゃなくて、Perfumeでいられることが自体が嬉しいんです。だからずっとPerfumeでいたいですね」



取材・文/高木晋一郎(2007年8月)



最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015