【フェニックス interview】グラミー賞オルタナ・ミュージック・アルバム部門を受賞――大躍進を遂げたフェニックスの秘密に迫る!

フェニックス(FRA)   2010/03/12掲載
はてなブックマークに追加
【フェニックス interview】グラミー賞オルタナ・ミュージック・アルバム部門を受賞――大躍進を遂げたフェニックスの秘密に迫る!
 2009年にリリースされた最新作『ヴォルフガング・アマデウス・フェニックス』が、フランスのミュージシャンとして初めてグラミー賞“最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞”を受賞。フレンチ・ロック・シーンを代表する存在になったフェニックスが、今年2月に4年ぶりの単独来日を果たした。幼馴染みたちでバンドをスタートし、気がつけば世界の頂上に立っていた彼ら。グラミー賞受賞の感想や新作の舞台裏、そして、音楽に対する向き合い方などを、クリスチャン・マザレイ(g)、デック・ダーシー(b)に訊いた。
――グラミー受賞おめでとうございます。アルバムが完成した時は、手応えを感じていましたか?
クリスチャン 「うん。自分たちでは納得できていたんだけど、ただ本当に喜んでくれるのはごく一部の人たちだろうなって思ってたんだ。だからグラミー賞はまったくのサプライズだよ」
デック 「いいステップだとは思うんだけど、グラミー賞をもらったからって、妙にプロフェッショナルなことを要求されるようになるとイヤだな。音楽的には何も変わりたくないからね」
――今回のアルバムは、いろんなところを旅しながら曲を作ったそうですね。
クリスチャン 「曲を作っている時やレコーディングをしている時は、何か詩的な環境のなかで生活を送りたいと思っているんだ。あまりにプロフェッショナル仕様なスタジオに入ってしまうと、ミステリーを感じられなくなるからね。前回はベルリンに行ったんだけど、今回はどうしようかと考えていた時に、トリュフォー(フランソワ・トリュフォー/ヌーヴェルヴァーグを代表する映画監督)がホテルにこもって作品を練っていたことを聞いて。それで、僕らもホテルにこもってみたんだけどうまくいかず、あれこれ試しているうちに、気がついたらいろんな土地を旅していたんだ」
――とくに印象に残った場所はありますか?
デック 「セーヌ河に浮かぶボート・ハウス。あれはいい思い出だよ。バンドのメンバーが船酔いしちゃってね(笑)。結局、ボート・ハウスでレコーディングする計画は諦めるしかなかった」
クリスチャン 「でも、すごくいい船だったんだよ。アルゼンチンのポロの選手が持ってる船で、トロフィーがいっぱい飾ってあって、デザインも素敵だった。僕ら二人は平気だったんだけど、ほかの二人が船酔いしてダメだったんだ(笑)」
――最終的には、フィリップ・ズダール(カシアス)のスタジオで、彼と一緒にアルバムをまとめたそうですね。
デック 「とてもいいスタジオなんだけど、僕たちが使っていた時はまだ工事中で、なおさらスペシャルな感じだったよ。僕らは落ち着いた雰囲気の場所より、どこか居心地が悪いような、エッジーな感覚がある場所のほうがクリエイティヴになれるみたいなんだ」
――出来上がったアルバムは、緻密にデザインされながらも息苦しく感じさせない、とてもグルーヴ感のあるサウンドが印象的です。サウンド面ではどんなところにポイントを置きましたか?
クリスチャン 「そう言ってもらえると嬉しいな。僕らはファースト・テイクで終わらせてしまうことが多いんだ。パーフェクトとは言えない感じが気に入っていて、何度もやり直すと、どんどん違った感じになってしまう気がする。そういうシンプルな録り方と入り組んだミックス、そのバランスによってああいうパワフルな音ができてるんじゃないかな。パワフルなだけじゃなくて、そこにちょっとした儚さみたいな、フラジャイルな感じも残っていてほしいと思ってた」
――緻密な作り込みに関しては、ライヴ・レコーディングをベースにした前作『イッツ・ネヴァー・ビン・ライク・ザット』の反動みたいなところはあったのでしょうか?
クリスチャン 「そうだね。前作ではナイーヴな感じやスポンティニアスな感覚を求めてああいう作り方にしたんだけど、今回はもうちょっと手の込んだものを作りたいと思っていたんだ。人間って何かひとつの段階を終了すると、また違うことをやることでエキサイトしたいと思うものだからね。だから今回は、前作よりも感触の豊かな、層の厚みを感じられるサウンドを目指したんだ」
――アルバムのタイトルには“(ヴォルフガング・アマデウス・)モーツァルト”、曲名には“リスト”というふうに、クラシックの巨匠の名前が登場します。これには何か理由があるのですか?
デック 「それって偶然だったんだけど、僕らのヨーロッパ文化的ルーツを歌詞にも反映させたいとは思っていたんだ。僕らはヴェルサイユの出身で、いつもヨーロッパの歴史的な遺産(ヴェルサイユ宮殿など)を身近に感じて育ってきたから」
――あなたたち4人は幼馴染み同士でバンドをやり、最近ではレーベルも立ち上げました。やっぱり幼馴染みでバンドをやるっていいものですか?
デック 「僕らとしてはほかのやり方を知らないからね。普通に仲のいい友だちとやってたことが、こうやって取材を受けたりするようになった。それはとても光栄なことだけど、いまだに信じられないよ」
クリスチャン 「僕らの場合、それぞれが持ち寄るものはすごくシンプルで、“大したことないじゃん”って思うようなものなんだけど、それを集めた時に素晴らしいものが生まれる。その感覚がいちばん嬉しいし、楽しいところなんだよね。友だちと一緒にやっていくのはいいことばかりで、悪いことなんて考えられないよ」
取材・文/村尾泰郎(2010年2月)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』
[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース
[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』
[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」
[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015