魔法のようなポップな世界“Sa-World”に引き込まれる SAWAの1stフル・アルバムがリリース!

SAWA   2010/07/02掲載
はてなブックマークに追加
 CDをプレイした瞬間、まるで魔法のようなポップ・ワールドに引きずりこまれる――こんな体験は本当に久しぶりだ。SAWAの1stフル・アルバム、その名も『Welcome to Sa-World』FreeTEMPORAM RIDERm-floの☆Taku Takahashi、福富幸宏といったクリエイターたちによるトラック、ストーリー性を感じさせる構成、そして、スウィートな香りとどこかシニカル(?)な手触りを持ったヴォーカル。いまや日本のシーンの主流になりつつある“J-POPとクラブ・ミュージックの融合”というスタイルにおいて、彼女の存在はひとつの頂点と言えるかもしれない。



――1stアルバム『Welcome to Sa-World』、めちゃくちゃ楽しませていただきました。
 SAWA(以下、同) 「あ、楽しんじゃいました?」
――はい(笑)。2年前のデビュー時から、じつはこのアルバムをイメージしてたのでは? と思えるほどの完成度で。
 「おーなるほど。結果的にそうなったんですよね。もともと楽曲の内面に遊園地っぽい雰囲気――パーッとエスケイプしちゃう感じだったり――があったから、アルバム全体をアトラクションに見立ててみようって思って。いろんなテイストの曲があるし、ちゃんとコンセプトを立てておかないと、縫い合わすことができないかもしれないなって」
――その結果、SAWAさん自身の音楽観、世界観が強く出てますよね。いい意味で現実逃避的というか。
 「人それぞれに現実逃避する場所があると思うんですよ、たとえば南の島だったり。それが私の場合は、遊園地みたいなものだったんですよね。切ない曲に共感するっていう音楽があってもいいと思うけど、私はもっと楽しいことに思いをはせていたいなあって思うので。希望とか」






――なるほど。
 「ただ、普通の遊園地とは違って、ひとつの国みたいなイメージなんですけどね。いきなりオープニング・セレモニーが始まって、そこから義務的に連れて行かれるというか(笑)。アルバムのストーリーとしては、<Swimming Dancing>(☆Taku Takahashiプロデュースによるシングル曲)をクライマックスにしようと思ったんですよ。だからその前に<Danger Zone〜逃げろ!危うしSa-World!〜>(SAWA本人によるインタールード)を入れて、一度Sa-Worldを壊しちゃおうと思って。リスナーを恐怖のどん底に突き落とすことによって、また新しい世界が始まるという」
――そういうこと考えてるのって、楽しそうですねえ。
 「そうですね(笑)。その展開があることで、その後に入ってる<I Can Fly><あいにいくよ>みたいなポップな曲がさらにありがたく聴こえるんじゃないかなって」
――なるほど。アルバム全体をトータライズしていくっていう考え方は、SAWAさんのルーツのひとつであるm-floの影響だったりします?
 「うん、☆Takuさんにはかなり影響されてると思います。インタールードやSEをたくさん入れるっていうのもそうだし……。☆Takuさんも、面白いインタールードをいっぱい作ってたじゃないですか(笑)。意外とそれが芯になって、アルバムの意味が出てきたりすると思うんですよね」
――しかも、SAWAさん自身がインタールードを作ってるっていう。プログラミングを始めたのって、今年に入ってからなんですよね?
 「はい(笑)。親戚のおじさんにパソコンをもらって、“じゃあ、やってみようかな”って。最初は“あとで誰かに見てもらえばいいか”っていう甘い考えだったんですけど、なぜか“そのまま使いましょう”ってことになっちゃって。“え、いいのかな?”って思ったんですけど」
――もともとクリエイター志向だったんですか?
 「いや、ぜんぜん。“そんなめんどくさいこと、できない!”って思ってました(笑)。もうね、最初の頃は何もわからなかったし、歌うことだけに集中してたんですよ。その後、歌詞を書くようになって、コーラス・アレンジにも進出して、今回は打ち込みと楽器もやるようになって。デビューしてからがんばった感じですね。でも、面白いですよ、自分のなかでイメージしてる曲を具現化していくのは。ハマってる音をふんだんに使うことによって、アルバムの統一感も出ると思うし」
――サウンド・プロダクトに加わることによって、音楽的な幅も広がってくるのかも。
 「いままでは“クラブ・ミュージックとJ-POPの真ん中”っていうところでやってきて、このアルバムはその集大成でもあって。まだ具体的なことはわからないですけど、違うこともどんどんやっていきたいなって思ってるんですよね。聴いてくれた人が“これはクラブ・ミュージックだ”みたいに思わないで、“あ、SAWAだ”って思ってもらえるのが一番いいなって思ってるので」
取材・文/森 朋之(2010年6月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
[インタビュー] まちがいさがし、話題の自己内省音楽的4人組、ついに1stフル・アルバムをリリース[インタビュー] 石丸幹二、デビュー30周年を迎えたミュージカル・スターが、ベスト盤とデュエット・アルバムを同時リリース
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015