“ロック結社”政風会、21年目の新作は“グラム・フォーク・ロック”!? 鈴木博文/直枝政広インタビュー!

政風会   2007/11/22掲載
はてなブックマークに追加
 直枝政広がまだ〈政太郎〉だった頃、湾岸スタジオに送ったデモ・テープをキッカケに生まれた、ムーンライダーズ鈴木博文との絆。それは政風会というロック結社へと発展し、86年にカーネーションとのスプリット・ミニ・アルバム『DUCK BOAT』を発表する。そして、それから21年。長い散歩の果てに、二人は再びスタジオで向かい合った。



鈴木「いつかまたやりたい、っていうのはあったんだよね。解散とか、そういうことは言ってなかったし」
直枝「昨年末、何も打ち合わせしないでお互いギターを持って歌い始めた時に、不思議なフォーク・サイケ感がふっと降りてきた。“あ、これでいいや”って思いましたね」




 政風会にとってファースト・アルバムとなる『政風会』は、『DUCK BOAT』とは違った手応えを持つアルバムだ。小里誠(ザ・コレクターズ)、中原由貴(タマコウォルズ)をゲストに迎えた本作は、無頼なバンド・アンサンブルがズシリと重く、生々しい。

鈴木「最初は二人だけで、“スタジオ・ワークに時間をかけて”って思ってたけど、二人のアーティスト(小里、中原)を入れて、バーンと4曲録った感触が良かったから、そっち寄りになってきた」
直枝「政風会としてライヴがやりたかったんで、なるべくストレートでシンプルな曲を持っていこうと。政風会かソロの曲にするか迷った曲もあったんですよね、〈Starsailer〉とか。でも“やっぱり政風会だ!”と思ったとたん、政風会はバンドでやろうって、自分のなかで見えてきたものがあった」


 アルバムのキーとなった直枝作「Starsailer」から、〈星(Star)〉で繋げた鈴木作「Highway Star」への流れは鳥肌もののカッコ良さだが、オオカミの輪唱のようなデュエット・ナンバー「同じ道」は、二人が辿り着いた新境地。政風会の新たなスタート地点といえるかもしれない。

直枝ヴァン・モリソンボブ・ディランがデュエットしてる曲があるんですけど、あんな風に二人で歌える曲が欲しいねって話をしてて。あの曲はたぶん、今の究極の政風会。アルバムのすべてを物語ってる」


 そして、これから。政風会はどこへ向かって歩き出すのか。照れくさいことは承知で、これからお互いに期待するもの、なんてことを最後に訊いてみた。

鈴木「直枝君には今以上に女の子ファンを増やしてほしいね(笑)。俺はそのおこぼれをもらう。やっぱり直枝風ダンディズムってあるじゃない? 絶対、隙を見せないというか。シャツのボタンを2つ開けようか、3つ開けようか悩んだりね」
直枝「見てるなあ(笑)。おれは博文さんには永遠にエロであってほしい。こんなモテる人いないからね。それについてはおれが一番よく知ってるし、それが博文さんだと思ってるから。これからもずっとエロであり続けてくれたら、音楽も続いていくと思う。エロ=音楽!(笑)」


 グラマラスに枯れ続ける、どうやら政風会のこれからのテーマが決まったようだ。そんなこんなで、オーバー・40のロックはまだまだローリングし続ける。

鈴木「グラム・フォーク・ロック(笑)、そういう新しいジャンル作ろう」
直枝「ジャケットの裏、ギラギラだったりしてね。トラックみたいな装飾で(笑)」



取材・文/村尾 泰郎(2007年11月)

最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015