さらなるピーク・ポイントへ向けて紡ぎ出すビート──“ダンス・ミュージック界のゴッドファーザー”、高橋透がミックスCDで試みる新たなチャレンジ

高橋透   2008/05/15掲載
はてなブックマークに追加
さらなるピーク・ポイントへ向けて紡ぎ出すビート──“ダンス・ミュージック界のゴッドファーザー”、高橋透がミックスCDで試みる新たなチャレンジ
 2000年以降のオルタナティヴなダンス・ミュージック・シーンを牽引してきた名物パーティ〈GODFATHER〉。そのレジデントDJとして、日本各地のパーティ・ピープルを興奮の坩堝に巻き込んでいるのが今年で活動33年目を迎える高橋透

 〈GODFATHER〉10周年を記念したミックスCDの発表にあわせて、“ダンス・ミュージック界のゴッドファーザー”、高橋透に話を訊いた。


 ダンス・ミュージック界のゴッドファーザー。高橋透というDJを一言で語るなら、そんな形容が相応しいのではないかと思う。キャリア33年、今年51歳という彼の伝説に彩られた足跡は、昨年、刊行された自伝『DJバカ一代』(リットーミュージック)に詳しいが、1975年のディスコ最盛期にトレンドの移り変わりが激しいDJの世界に身を投じた彼は、その道を追求するべく渡米。そこでDJ界のジミ・ヘンドリックスことラリー・レヴァンがDJを務めていたパラダイス・ガラージやDJと照明が一体となった4000人規模のメガ・ディスコ、ザ・セイントといったニューヨークでの強烈な音楽体験を重ねてきた。そして、黎明期のハウス・ミュージックを携えて帰国すると、89年に東京は芝浦に誕生した伝説のクラブ、GOLDのレジデントDJ兼音楽監督に就任。そして、そのGOLDに通い、彼のプレイに大きな影響を受けたのが、若き日のDJ、MOODMANとVJの宇川直宏だ。
 

 「10年前の僕は青山の(クラブ)LOOPくらいでしかDJをやってなかったんだけど、当時のガラージ解釈って、BODY&SOULだったり、SHELTERみたいな一部のパーティやクラブの解釈が主流になっていたの。でも、僕が実際に体験したパラダイス・ガラージ、ラリー(・レヴァン)のプレイって幅があって、“狂気の日”って言われる、とんでもないことだったり、くだらないことがいっぱい行われていて、ゲイの黒人たちの面白おかしいパーティ・グルーヴが渦巻いていたのに、その解釈性が偏ってて、違和感があったのね。そう思っていた時にMOODMANと宇川くんに出会ったんだけど、彼らは世代が違うのに同じ違和感を感じていて、“ガラージの一番尖った部分、狂った部分を表現するパーティが出来たらいいよね”ってことで意気投合したんだ。あの頃はね、世の中がどんどん移り変わって、新しいDJが出てきている感触があって、MOODMANのプレイ、宇川君の狂ったVJはまさにそんな感じだった。〈GODFATHER〉はそうやって始まったんですよ」




 かくして、98年にスタートしたパーティ〈GODFATHER〉は、都内を拠点に不定期で全国巡業を開始。点在するローカルなシーンを線で繋ぎながら、2000年以降のオルタナティヴなダンス・ミュージック・シーンを牽引し、気が付けば、10年の歳月が経過していた。高橋透のミックスCD『GODFATHER 10th anniversary Vol.1 / deathcovery mix - Mixed by TOHRU TAKAHASHI』は、その軌跡を振り返ることなく、黒光りするテクノを懐に引き寄せた12曲、73分で伝える〈GODFATHER〉の最新/最深レポートと言える一枚だ。

 「今までのミックスCDは自分が持ってるレコードを選曲して1枚にまとめたんですけど、今回は手元のレコードを使わずに新しい曲を(有料ダウンロード・サイト)BEATPORTからダウンロードして、CDに焼いたものをCDJでミックスしたもの。アナログに比べると、データ・トラックはまだまだ音質的に不安定なので、最終的にマスタリングで綿密に音の調整をしたんです。だから、音質的には聴きやすくなってると思いますよ」

 世界的な現象として、インターネット環境が整備されるに伴い、レコード・ショップが淘汰されつつある昨今、DJは徐々にではあるが、PCやCDJでのプレイに移行しつつある。しかし、選曲やプレイの仕方はもちろんのこと、音の鳴りがすべてといっていいクラブ・シーンにおいて、PCやCDJのプレイ・スタイルはまだまだ確立したというにはほど遠い状況だ。そうであるからこそ、日本におけるダンス・ミュージック・シーンのパイオニアである高橋透は荒野を目指す。キャリア33年にしてパーティ〈GODFATHER〉を始めて10年という51歳のDJが、さらなるピーク・ポイントへ向けて紡ぎ出すビートに、まだまだ止まる気配はない。


取材・文/小野田雄(2008年4月)



GODFATHER 10th ANNIVERSARY Vol.1 DEATHCOVERY MIX MIXED by TOHRU TAKAHASHI RELEASE PARTY

2008.5.16(FRI)
at UNIT (Daikanyama, Tokyo)、http://www.unit-tokyo.com/
open/start 23:30
adv: ¥3,000 door: ¥3,500
!!Attention!! You must be 20 and over with photo ID to enter.
※20歳未満の方のご入場はお断りさせて頂いております。全てのお客様のご入場時、写真付き身分証明書の確認を行っております。実年齢に関わらず、写真付き身分証明書をお持ちでない方はご入場できませんので、お忘れの無いよう必ずご持参ください。

<UNIT>
GODFATHER DEATHCOVERY SET
DJ:高橋透/MOODMAN
VJ:宇川直宏
Special Guest DJ:DISCO TWINS[DJ TASAKA & KAGAMI]

<SALOON>
MOODMAN Presents
TRIBUTE to TOHRU TAKAHASHI -DJ 33th anniversary Bash-
supported by Mixrooffice
DJ:DJ WADA (CO-FUSION)/瀧見憲司 (CRUE-L)/二見裕志 (World Famous)/KABUTO & RYOSUKE (FUTURE TERROR)/Dr. Nishimura (Discossession)/UNIVERSAL INDIANN (濡れ牧場)/1DRINK (JAYPEG)/CRYSTAL (TRAKS BOYS)/KLO (ポテ恋DISCO)/DJ NORI (Gallery)/MOODMAN (GODFATHER)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
[インタビュー] シバノソウ、少し大人になった彼女の「これから」を表明した新作EP[インタビュー] 広瀬咲楽、ナチュラルな歌声が魅力のSSW、真骨頂である春曲を集めたアルバム
[インタビュー] 橋本一子×藤本敦夫、スペシャル・ライヴ直前、マルチ・アーティスト対談[特集] 井上芳雄、デビュー20周年、スペシャルライヴを収めた豪華DVD + CD発売
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015