清々しい春風に乗ってふたたび届けられたあの歌声──寺尾紗穂が約1年ぶりに3rdアルバムを発表

寺尾紗穂   2008/05/09掲載
はてなブックマークに追加
清々しい春風に乗ってふたたび届けられたあの歌声──寺尾紗穂が約1年ぶりに3rdアルバムを発表
 大貫妙子坂本龍一など錚々たるアーティストから賛辞を集めたアルバム『御身 onmi』から約1年、寺尾紗穂から3rdアルバム『風はびゅうびゅう』が届けられた。

 聴き手の心に、さまざまなイメージを想起させる“風”から着想を得たという今作について寺尾紗穂に話を訊いた。




 前作『御身 onmi』から1年、並行して活動する5人組バンド、Thousands Birdies' Legsのアルバムを2ヵ月ほど前にはさみ、寺尾紗穂のくすみない歌声が清々しい春風に乗ってふたたび届けられた。通算3枚目のアルバム『風はびゅうびゅう』。

 「タイトル曲は結構前に書いた曲で、“風はびゅうびゅう”っていうフレーズをサビにしようと思って、その部分だけとっておいて。でも、アルバム・タイトルになるとは思ってなかったんですね。でも、アルバムの最後に入っている〈立つことと座ること〉の詞を都守(美世)さんが作ってきた時、今回のタイトルは『風はびゅうびゅう』になるなと思ったんですよ」


 アルバムには、自身の詞による1曲目「風はびゅうびゅう」に始まり、“この風の果てる場所が知りたい”と締められるラスト「立つことと座ること」まで、まさに吹きぬける風のように聴き手の感情を優しく撫でていく12編の歌たちが収められている。

 「『御身 onmi』を作るときは、こんな音を入れたいなっていう漠然としたイメージがまずあって、それからミュージシャンを選んだりしてたんですけど、今回は最初に描いていたイメージが、より明確になっていたところがあって、レコーディングのときに多少細かいディレクションまでできるようになりました。単にピアノと歌だけのアルバムを作りましたっていうだけじゃなくて、どういう楽器を入れて、どういうところで鳴らしたいのかっていうところまで、ある程度見えましたね」

 つまりは、作品の隅々にまで彼女の体温が行き届いている、とでも言おうか。『風はびゅうびゅう』は、寺尾紗穂という歌い手が放つ並々ならぬパッションを、前作にも増して感じとることができるアルバムになった。

 「『御身 onmi』のような、ある種の軽さはないですよね。たぶん、この一年で経験したことも影響してるんでしょうけど、やはり、アルバムのテーマ自体“風はびゅうびゅう”をキーにしたからじゃないですかね。“風”ってひと言で言っても、いろいろな風がありますよね。なにかを邪魔する風とか、きっかけになる風とか、〈立つことと座ること〉で書かれている風は超自然的な存在を感じさせるし。“風がびゅうびゅう”って、外で風が吹いている様を言い表わしているわけですけど、人の心の中に風が吹いている様っていう比喩的捉え方もできますよね。人の心の中で吹いてるって捉えると、それは絶望を意味しているのか虚しさを表わしているのか、これも人によっていろいろ想像できますよね。“風”って、すごく幅広い空想を掻き立ててくれる言葉だなって思うんですよ。だから、おのずと曲たちにいろいろな感情が注ぎ込まれていったんですよね。でも、聴き終わったあと疲れませんでした?(笑)」

 いえいえ、とんでもない。あなたの音楽にじっと見つめられ、あなたの世界に取り囲まれるようなこの感覚は、むしろ心地よいものです。そして、共に時間を過ごした後たるや……素敵な随筆集を一冊読み終えた時のような、満ち足りた気分でいっぱいです。


取材・文/久保田泰平(2008年4月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く
[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章
[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム
[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015