ザ・ビートルズ   2009/10/01掲載
はてなブックマークに追加
横尾忠則(美術家)

横尾忠則「ビートルズ、昔日の光景」
 ビートルズがインドに旅してマハリシ・マヘシュ・ヨギに会ったというニュースを知った時の驚き。彼等が突然哲学者になった、さあ大変。時代の最先端を疾走していたビートルズに常に焦点を合わせて時代の空気と世界を認識しているつもりが、ぼくの中ではまるで死後の世界のように見えていたインドに彼等が接触した事実は「事件」だった。

 この事件がぼくをインドに向かわせた。ぼくの中で何かが崩落して、何かが変化して、何かを創造した。ぼくの中のインナー・レボルーションが発火した瞬間だった。ビートルズがインドを媒介にぼくの魂の扉をこじ開けたのだった。

 インドはぼくの源流への旅であると同時に新世界・ビートルズの再確認と、自己探求、そして自己解体工事のスタートだった。ビートルズという社会的現実がぼくの中の個人的現実と同化した、今では実に懐しい昔日の光景である。
Profile:

yata-afro1936年兵庫県出身。美術家。72年にニューヨーク近代美術館で個展。その後もパリ、ベネチア、サンパウロなど世界各国のビエンナーレに出品するなど国際的に活躍。2006年パリのカルティエ現代美術財団など海外の発表が多く、また国内の美術館で相継いで個展を開催。国内外での受賞多数。初の小説『ぶるーらんど』では第36回泉鏡花文学賞を受賞した。現在、金沢21世紀美術館にて個展〈未完の横尾忠則 ― 君のものは僕のもの、僕のものは僕のもの〉を開催中(11月3日(火)まで)。また10月20日(火)〜11月21日(土)、西村画廊にて個展〈東京Y字路〉写真展を開催。写真展開催とあわせ、横尾忠則初にして空前絶後の写真集『東京Y字路』が国書刊行会より近日発売!

■公式サイト:http://www.tadanoriyokoo.com/



安齋 肇

安齋肇 ビートルズには、いつも、いつまでも驚かされる。
ほんの数年前「タモリ倶楽部」の『空耳アワー』に、
ビートルズ初体験世代であろう投稿者から
「抱きしめたい」の空耳が送られてきた。
“I wanna hold your hand”が“アホな放尿犯”に
聞えるという。
そんな、アホな。
ビートルズには、いつも新しい発見がある。聞えた気がして笑った。
今回のリマスターは、もっとハッキリ聴こえるんでしょ?
もっともっとハデにやれ、ビートルズ。抱かれたいぜ。
Profile:

yata-afroイラストレーター、アート・ディレクター。音楽に関するさまざまなビジュアルから、キャラクター・デザイン、雑誌連載、装幀、アニメーション、ナレーションなど幅広く活動。1992年よりテレビ朝日系『タモリ倶楽部』空耳アワーに出演。勝手に観光協会、ラストオーダーズ、フーレンズのメンバー。〈SUMMER SONIC 09〉に引き続き、10月11日に行なわれる〈服部緑地RainbowHill〉に宿題工作展バンドOBANDOSで出演決定。年内には初の生き方エッセイ本『空耳人生(仮)』を発売予定。また、BEAMS TにてデザインTシャツ“yata-afro”(写真)が現在好評発売中!




ガチャピン・ムック
ガチャピン・ムック



ガチャピン(以下G): こんにちは、ガチャピンだよー!
ムック(以下M): ムクムクのムックでございますぞ〜。
G: 9月9日にザ・ビートルズのアルバムが全世界同時に発売なんだって。
ムック、知ってた?
M: え〜! ジョンやポールの子どもの頃の写真が発売になるんですか?
G: そのアルバムじゃないよぉ・・・CDだよ、CD!
M: 知ってますってば! ちょっと言ってみただけですよ、ガチャピン。
それに、ジョンとポールはわたくしたちに似てる! と言われることがありますしね〜。
G: そうなんだよね。ぼくは、怪獣とかイモムシに似てるってよく言われてちょびっと落ち込んだりするけど、ポールに似てるって言われたら、誇らしい気分になれちゃう。
M: そうですよね、世界のジョンとポールですもんね〜。ほんとうに光栄であります。
G: それに、番組ではよくビートルズの曲を使っているので、ぼくたちもいっぱい知ってるよね?
M: 今は『Beポンキッキ』のオープニングで「♪オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ」でしょ〜、「♪レット・イット・ビー」はラインダンスでも放送中ですよね〜。
G: ぼくたちはビートルズの曲を聴いて大きくなった(?)のかもしれないね。
M: ということは・・・このアルバムは、わたくしたちの思い出アルバムとも言えるかもしれません!?
G: うわぉ☆
Profile:

ガチャピン☆ワールドツアーvol.2 ヒマラヤ〜ダンテとヒマラヤにチャレンジ〜ガチャピンは4月2日、南の島生まれの恐竜の子ども。年齢は5歳。身長165センチ、体重80キロ。いつも元気な性格で、ちょっとおっちょこちょい。趣味はスポーツと冒険。年齢も誕生日もガチャピンと同じムックは雪男の子ども。身長185センチ、体重110キロ。暑くなるとプロペラが回って体を冷やす。やさしくのんびり屋ながら、慎重派の一面も。特技は何でも食べること。大親友の2人は毎週月〜金曜日、朝7:30〜8:00 BSフジにて放送中のTV『Beポンキッキ』で活躍中。最新作は、ガチャピンがヒマラヤ・ヤラピーク山の登頂に挑戦したDVD『ガチャピン☆ワールドツアーvol.2 ヒマラヤ〜ダンテとヒマラヤにチャレンジ〜』(写真)。

■『Beポンキッキ』公式サイト:http://be-pon.fujitvkidsclub.jp/
■ガチャピン公式ブログへ:http://gachapin.fujitvkidsclub.jp/


イギリス旅行が当たるザ・ビートルズ・クイズ
13のクイズに答えてイギリスに行こう!



〈ザ・ビートルズ09・09・09〉に参加している13のウェブサイトにて各1問の3択クイズ、全13問が出題中! すべてのクイズを解いてEMIミュージック ザ・ビートルズ公式サイトから応募すると、抽選でイギリス旅行が当たるチャンスが! 締切は9月23日(水・祝)24時。詳細は公式サイトへ。


【問題】
アルバム『ビートルズ・フォー・セール』のジャケット写真の一番左で「野菜のカブ」のような髪型をしているのは誰?

A.ジョン B.ジョージ C.リンゴ

EMIミュージック ザ・ビートルズ公式サイト


〈ザ・ビートルズ09・09・09〉Webサイト
■ Vibe http://www.vibe-net.com/ (『プリーズ・プリーズ・ミー』)
■ Barks http://www.barks.jp/ (『ウィズ・ザ・ビートルズ』)
■ Bounce.com http://www.bounce.com/ (『ハード・デイズ・ナイト』)
■ YouTube https://www.youtube.com/soundtownemijapan/ (『ヘルプ!』)
■ AOL http://music.aol.jp/ (『ラバー・ソウル』)
■ MySpace http://www.myspace.com/emisoundtown (『リボルバー』)
■ RO69 http://www.ro69.jp/ (『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』)
■ どらく http://doraku.asahi.com/ (『マジカル・ミステリー・ツアー』)
■ HOT EXPRESS http://www.hotexpress.co.jp/ (『ザ・ビートルズ』)
■ e-days http://e-days.cc/ (『イエロー・サブマリン』)
■ walkerplus http://www.walkerplus.com/ (『アビイ・ロード』)
■ ぴあ http://www.pia.co.jp/ (『レット・イット・ビー』)


【CDJournal.comプレゼント】

■ザ・ビートルズ『ビートルズ・フォー・セール』キャンバス画

 ザ・ビートルズ最新リマスター盤のリリースを記念しての全13サイト合同企画プレゼント。世界でただ1枚限定でこの企画のためだけに制作されたキャンバス画を、CDJournal.com読者1名様にプレゼント。絵柄は『ビートルズ・フォー・セール』のジャケットになります。サイズ縦71センチ×横75センチ×奥行4センチ。キャンバス地を木枠で支えたキャンバス画です。CDJournal.comでしか手に入らないこちらの超貴重なキャンバス画、奮ってご応募ください!




■ザ・ビートルズ09・09・09 Tシャツ

 ザ・ビートルズ リマスター盤リリースを記念して特別に製作された〈ザ・ビートルズ09・09・09 Tシャツ〉を、CDJournal.com読者3名様にプレゼント! ザ・ビートルズのロゴと、リマスター盤発売の記念すべき日付〈09・09・09〉の文字がプリントされたクールな一枚。色は黒、サイズはS、M、L 各1名様の合計3名様となります。




最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015