目を見張るほどの躍進を経て、さらに勢いは加速! the GazettE、新曲「DISTRESS AND COMA」がリリース

the GazettE   2009/03/17掲載
はてなブックマークに追加
 昨年は、初の代々木第一体育館2daysをソールド・アウトさせ、富士急ハイランドコニファーフォレストでも野外ライヴを行ない、その後も新宿駅東口でシークレット・ライヴを敢行し、その人気と実力を世間にアピールしたヴィジュアル系バンド、the GazettE。そんな彼らが3月25日にニュー・シングル「DISTRESS AND COMA」をリリース! そこで、メンバーのれいた(b)、戒(ds)の2人に新作の話を訊いた。



 2008年におけるthe GazettEの躍進ぶりには、とにかく目を見張るものがあった。4月には大阪城ホール、代々木体育館(2days)でのライヴをソールド・アウトさせ、8月には富士急ハイランドコニファーフォレストでのセルフ・イベントが大成功。さらにシングル「紅蓮」 「LEECH」がそれぞれチャート3位、2位を記録するなど、CDセールスにおいても文句ナシ。このバンドが“ビジュアル系”という枠を超え、日本の音楽シーンの中心的な存在になっていることは、間違いないだろう。その人気ぶりを裏付けているのは決して、強烈なインパクトを放つビジュアルだけではない。2000年代のモダン・へヴィ・ロックの流れをしっかりと受け継つぎながら、さらなるビルド・アップを果たしたバンド・サウンド、そして、ろくでもない閉鎖感に満ちた現在を射抜く、切実でシリアスな世界観こそが彼らの魅力であり、その存在を急速に拡大している最大の要因なのだ。

 そのことは最新シングル「DISTRESS AND COMA」――超ド級のへヴィネスをたたえたサウンド・メイクと震えるほどに繊細なメロディが一つになったミディアム・チューン――からも強く感じてもらえるはずだ。
 「これはルキの曲なんですけど(彼らはメンバー全員が作曲を手掛ける)、デモの段階からへヴィな感じと繊細さが入り混じっていて。そこからアレンジを固めていったんですけど、より作り込んだサウンドが表現できたと思いますね。ピッキングのニュアンスだったり録り方だったり、可能性はまだまだ無限にあるので」 (れいた/b)
 「かなりタイトなスケジュールだったんですけど、できる限りのことはできたかな、と。時間を削るのはそこ(制作、レコーディング)じゃねえだろう、っていうのはあるけど、ストイックにやっていきたいとは思ってます」 (戒/ds)





 2曲目の「HEADACHE MAN」はライヴでの狂乱ぶりをイメージさせるアップ・チューン。
 「ライヴで暴れたいっていうファンも多いし、俺らもやってて楽しいですからね、こういう曲は。まさに非日常というか――ドラムは大変かもしれないけど、彼(戒)なら大丈夫(笑)」 (れいた)


 そして「バンドとしての世界観が確立したからこそ、こういう曲もやれるんだと思う」 (れいた)というアコースティック・テイストの「WITHOUT A TRACE」には、ファンに対する真摯な思いが反映されているという。
 「“曲に救われてます”って言うファンの子も多いんだけど、実際には救えなかった子もいるだろうし、今も悩んでる子もいる。がんばれ、とか、明日があるなんて、口だけなら何とでも言えるじゃないですか。そうじゃなくて、自分たちに何ができるのか? っていいうのを真剣に考えなくちゃいけないんですよね」 (戒)
 「ファンの子たちからのメールは毎日読んでます。“生意気なバンドだ”って感じてる人も多いと思うんだけど、ファンのことはいつも考えてます」 (れいた)

 3月には幕張メッセ国際展示場でのイベントを敢行。結成7周年を越え、the GazettEの勢いはさらに加速していきそうだ。
 「最初のライヴの動員は18人だったんです。いまは1万人を越えるようになって……なんだろうね?」 (れいた)
 「よくやってきた、ってことじゃない? これからもスタイルを貫いて、ファンを裏切らない活動を続けていきます」 (戒)



取材・文/森 朋之(2009年2月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] マイアミ・ソウルの秘宝クラレンス・リード TKプロダクション期をコンパイル [対談]黒田大介×the Shark[インタビュー] kiki vivi lily 豪華メンバーが集結した待望のニューEP
[インタビュー] 今、最も目が離せない!ガールズ・バンドの急先鋒、THE LET[インタビュー] “沖縄の音楽”を今の視点でアーカイヴ化。5枚組ボックス・セット『沖縄の音楽 記憶と記録』
[インタビュー] 浅利史花  気鋭のジャズ・ギタリストが、伝説のギタリスト、エミリー・レムラーに捧げる新作を発表[インタビュー] 紫 日本のロックの礎を築いた沖縄のバンドが、Char、BOWWOW G2とともに伝説のライヴを再現
[インタビュー] 走り続けるtha BOSS、2作目のソロ・アルバム完成[インタビュー] KERA、還暦記念ライブ直前インタビュー(よりぬき版)
[インタビュー] illiomote 新たなモードのサウンドを詰め込んだEP[インタビュー] ピアノYouTuberみやけん 待望の3rdアルバム!
[インタビュー] 加古 蓮/袈福新映像を追加した〈NHKスペシャル「映像の世紀コンサート」〉の聴きどころ見どころ[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015