リヴァプール出身の5人組ロック・バンド、ザ・ズートンズがL.A.レコーディングによるニュー・アルバムを発表!

ザ・ズートンズ   2008/08/15掲載
はてなブックマークに追加
リヴァプール出身の5人組ロック・バンド、ザ・ズートンズがL.A.レコーディングによるニュー・アルバムを発表!
 ソウル、ファンク、ブルース、サイケなど、さまざまなルーツ・ミュージックの要素を取り入れた独自のサウンドを展開するリヴァプール出身の5人組ロック・バンド、ザ・ズートンズ。前作『Tired Of Hanging around』に収録されている「Valerie」をエイミー・ワインハウスがカヴァーしたことでも話題を呼んだ彼らから、プライマル・スクリームブラック・クロウズを手掛けた名プロデューサー、ジョージ・ドラキュリアスをプロデューサーに迎えたL.A.レコーディングの3rdアルバム『You Can Do Anything』が届けられた。


 リヴァプール出身の5人組ロック・バンド、ザ・ズートンズが、前作『Tired Of Hanging Around』から約2年ぶりの3rdアルバム『You Can Do Anything』をリリースした。この2年の間には、ギターのボーヤンが脱退するというバンドの危機もあった。しかし、彼らは止まることなく、同じリヴァプール出身のギタリスト、ポールを新メンバーに迎え、ロスでのレコーディングを敢行し、新作を完成させたのだ。ではメンバーを代表し、ドラマーのショーンとサックスのアビ、そしてギターのポールに話を聞いていこう。



 「ボーヤンとは音楽性の違いから、別々の道を進むことになったんだ。しばらく4人で活動するか決め兼ねたけど、すごく腕の良いギタリストのポールが入ってくれたんだ。メンバーが新しくなったことで、バンドのサウンドはもちろん、他のメンバーの演奏も明らかに前とは変わったんだ。ボーヤンが抜けたことは残念だったけど、バンドとしては、すごく成長できたんだよ。それで、今までと違うことをやりたいと思い、プロデューサーに(プライマル・スクリーム、ブラック・クロウズなどを手掛けた)ジョージ・ドラキュリアスを迎えて、彼の提案でロスのサンセット・サウンド・スタジオ(ドアーズレッド・ツェッペリンなどが使った歴史あるスタジオ)でレコーディングしたんだ」 (ショーン)


 アルバムは、AC/DCローリング・ストーンズを彷彿させるパワフルなロックンロール「Harder and Harder」、ポールのスライド・ギターが冴えまくる、楽しさ全開の70'sロック・フレイヴァーな「Always Right Behind You」、フランク・ザッパやPファンク感もたっぷりの「Family Of Leeches」など、バンドの新たな一面を垣間見せつつ、ズートンズならではのポップさ、親しみやすいメロディ・センスにさらに磨きをかけたナンバーがずらりと並んでいる。
 「今回、僕らは自然にプレイすることに心がけたんだ。以前は、このフレーズは何かっぽいなと思ったら、あえて避けるようにしてた。だけど“別にツェッペリンっぽく聴こえようと、何に聴こえても構うもんか”って、とにかく自然に沸いてくるものを大事にしたんだ」 (ショーン)
 「僕は、ズートンズで初めてのレコーディングだったけど、とにかく楽しんで演奏できたよ。良い機材も使わせてもらったしね(笑)」 (ポール)
 「レコーディングは、プロデューサーのジョージが良い雰囲気を作ってくれて、緊張感もありつつリラックスもしてる、とても良い環境で進められたわ。彼は1つ1つの音作りに時間かけて、エッジの効いた生っぽいサウンドに仕上げてくれたの。あと、自分たちでアルバムの音を聴くと、ロスで過ごした時間を感じる。もしかしたら音の方にもロスの街から影響された部分が入ってるのかもね」 (アビ)


 これまでも彼らは、ソウル、ファンク、ブルース、サイケといったルーツを昇華した音を聴かせてきたが、新作では、そこからさらにダイナミックで躍動感溢れるサウンドを作り上げたのだ。そんな、前進し続ける彼らの姿勢は、『You Can Do Anything』というタイトルからもバッチリ伝わってくる。
 「“夢は絶対叶うんだ”といった、アメリカ的なポジティヴさとは違うんだ。ほら、他人は自分に対して、そこまで気を使ったり思いやりを持ってないだろ。だったら“自分たちのやりたいことをやっちまいな”って感じでこのタイトルにしたんだ。うん、たしかに今の僕らの思いを反映したタイトルではあるね(笑)」 (ショーン)
取材・文/土屋恵介(2008年7月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015