爽快な季節に、植村花菜の心地いい楽曲を! 7色のシチュエーションの“春”が詰まった新作『春の空』

植村花菜   2009/03/19掲載
はてなブックマークに追加
 2005年のメジャー・デビュー以来、東京を拠点にして3枚のアルバムを発表した植村花菜が、2月に出身地でもある関西限定で両A面シングル「BLESS/春にして君を想う」を発表。原点に立ち返る意味も込められたこのリリースにともない、いま、関西地方で植村花菜に大きな注目が集まっている。テレビCM、FM局のヘヴィ・ローテーションなどもさることながら、関西地区で大人気の番組「ちちんぷいぷい」の生出演で彼女は「BLESS」を歌い、その歌の力によって驚異的な視聴率を獲得したという。そして、その話題の曲も含む7曲が収録されたミニ・アルバム『春の空』が3月25日にリリース決定! 本作について彼女に話を訊いた。




 「地元をもっと盛り上げていきたいなという意識があって、関西限定のシングルを出すことになったんです。地元には思い出がいっぱいあるので、初心にも帰れる場所です。ストリートでやった場所とかもよく通るので、そのたびにここでやってたなとか、音楽をやり始めたときのことを思い出せたりする、そんな場所ですね」
 そんな関西でのブレイクを全国に広げようと、3月25日にはミニ・アルバム『春の空』がリリースされる。先行して関西地方を賑わせた楽曲「BLESS」「春にして君を想う」「ありがと。」や、昨年リリースされ「ライヴでも盛り上がる曲」と本人も言うシングル曲「シャララ」など、幸福な気持ちになれる明るい曲から、哲学的な名曲といえるバラードまで、7つのシチュエーションの“春”を想起させる曲が収録されている。
 「前作『愛と太陽』からは一年と数ヵ月経っているので、環境が変わったりとか、自分の心情の変化とかもあったんです。だから、今までとは違う一面を見つけられたかなと思います。アルバムのタイトルは春をかなり意識しました。春ってすごく気持ちいい時期じゃないですか。とくにわくわくする季節で。私はもともと空が好きでよく見上げることがあるんですけど、たくさんの人がいろんな希望を持って、空を見上げることが多いんじゃないかと思って。出会いも別れも空で繋がっているという」


 楽曲の中で特筆すべきは、今までの彼女の作品にはなかったテーマやサウンド面の変化だ。これまで以上に個性を放つサウンドが印象的で、詞の内容もより深みが増している。
 「〈ダーリン〉は遠距離の相手を想う曲ですね。ただ距離が離れているのではなく、近くにいるんだけど、忙しくて会えないという場面もあるかもしれませんね。詞は切ないけど温かい。離れていても変わらない強い心というのを描きたいなと。これはライヴを意識して、ロックっぽい曲になりました。〈春にして君を想う〉は、蔦谷好位置さんに、“壮大なバラードが歌いたい”ということだけお伝えして作ってもらいました。いいメロディですよね。〈BLESS〉は、アレンジが今までの私の作品とは違いますね。出会いがテーマの超ハッピーなラブ・ソングです。この広い世界の中で一つ一つの出会いって奇跡だなって。当たり前のことなんだけど、本当はすごいことなんだよってことが表現されています。〈神様につながる時〉は、都倉俊一さんが書いた曲で……。じつは彼がジャニス・イアンに提供している曲なんです。世の中に出ていない未発表の曲なんですけど。日本語詞は森若香織さんに書いてもらいました。これは素晴らしい名曲ですよ! 歌いこなすまでに時間がかかりましたね。歌詞も曲も偉大で、生半可な気持ちでは歌えない曲です。森若さんの歌詞は、難しい言葉ではないんですけど、いつも深いんですよね。言葉の中に哲学があるんだと思います。人であったり、夢であったり、迷いがあるような中途半端な気持ちではいろんなことに出会えないぞということですよね」

 このアルバムを出すことによって、彼女のシンガー・ソングライターとしての“志”も明確になっている。いま、世の中に対して、何を伝えたいのか。しっかりとビジョンを持てている人は、とにかく強く、とにかく美しい。その求心力のある志には彼女ならではの大らかな優しさも込められている。
 「嫌なことがあると、心がすさむというか。そういうときほど“笑おうよ”ということを伝えたいですね。あと、一人じゃないよ、ということは音楽を通じて伝えていきたいなと思っていて。辛いことがあったりしたら、曲を聴いて“そんなことないな”とか、“まだ頑張れる”とか、“植村花菜がいるから”って思ってもらいたいですね。元気になりたいときに聴くのもいいですけど、塞ぎこんでしまうときにも、音楽は手を差し伸べてくれるものでもあるので。そう思ってもらえるように曲を作っていきたいですね」



取材・文/清水 隆(2008年2月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015