ニュース

“5人目のビートルズ”ビリー・プレストン死去

2006/06/07掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 ビートルズローリング・ストーンズとの共演で知られるミュージシャン、ビリー・プレストンが、6日、米西部アリゾナ州の病院で他界しました。享年59歳。死因は明らかにされていませんが、腎移植手術が失敗し2005年11月から意識不明の状態が続いていたようです。

 ビリー・プレストンは、1946年、テキサス州ヒューストン生まれ。10代で本格的な音楽活動に入り、62年に16歳でレコード・デビュー、この年、ハンブルクのスター・クラブでビートルズと出会います。65年にはレイ・チャールズのバック・バンドに参加し、67〜8年に行なわれたワールド・ツアーにサポート・メンバーとして同行。また69年1月、ジョージ・ハリスンの誘いでビートルズの“ゲット・バック・セッション”に参加し、「レット・イット・ビー」や「ゲット・バック」などの楽曲で印象的な演奏を繰り広げました。アップル・ビルの屋上で行なわれたビートルズ最後のライヴ演奏ではエレクトリック・ピアノを担当、“5人目のビートルズ”と称されるほどの存在感を見せました。その後、アップル・レコードから2枚のアルバムと4枚のシングルを発表し、71年にA&Mへ移籍。72年に発表された「アウタ・スペース」がアメリカで2位まで上がる大ヒットを記録。この曲でグラミー賞“ベスト・ポップ・インストゥルメンタル”を受賞しました。

 また、ローリング・ストーンズとの親交も深く、アルバム『スティッキー・フィンガーズ』『メイン・ストリートのならず者』などのレコーディングにも参加。73年のツアーでは前座として出演し、また75/76年のツアーではサポート・メンバーとして参加するだけでなく、ストーンズをバックに自身の曲を2曲披露するなどしました。90年代に入ると薬物中毒や保険金詐欺事件などのスキャンダルに見舞われ、その後は、ゴスペル音楽などの分野で活動を続けていたようです。(写真は『ミュージック・イズ・マイ・ライフ』)心からのご冥福を申し上げます。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴動祭』[インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』[インタビュー] マンチェスターから世界へ羽ばたいた“2010年代UKジャズの先駆者” ゴーゴー・ペンギンのサウンド方法論
[インタビュー] chelmicoのマイペースな“無敵感”が詰まったメジャー・デビュー・アルバム『POWER』[インタビュー] “いつ聴いてもハッピーになれる曲”を目指して 京都在住シンガー・ソングライター、竹内アンナのデビュー作『at ONE』
[インタビュー] 熟成とフレッシュネス BTB改め“BTB特効”初のオリジナル・アルバム『SWEET MACHINE』[インタビュー] 南 佳孝が語る、ショーボート・レーベル第1弾作品『摩天楼のヒロイン』
[インタビュー] 素晴らしい演奏家のみなさんと出会い、サントラを作れたのは本当に幸せ――作曲家、富貴晴美が語る『西郷どん』の音楽[インタビュー] 絶望を掻き消す――“今やりたいこと”を追求してきたLM.Cが導き出す未来とは
[インタビュー] 楽器と理解し合って音楽を作っていく――東儀秀樹、“篳篥で歌う”映画音楽集をリリース[インタビュー] 自分なりの“B面的世界” 大西ユカリによるソウル・カヴァー作『BLACK BOX』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015