ニュース

“5人目のビートルズ”ビリー・プレストン死去

2006/06/07掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 ビートルズローリング・ストーンズとの共演で知られるミュージシャン、ビリー・プレストンが、6日、米西部アリゾナ州の病院で他界しました。享年59歳。死因は明らかにされていませんが、腎移植手術が失敗し2005年11月から意識不明の状態が続いていたようです。

 ビリー・プレストンは、1946年、テキサス州ヒューストン生まれ。10代で本格的な音楽活動に入り、62年に16歳でレコード・デビュー、この年、ハンブルクのスター・クラブでビートルズと出会います。65年にはレイ・チャールズのバック・バンドに参加し、67〜8年に行なわれたワールド・ツアーにサポート・メンバーとして同行。また69年1月、ジョージ・ハリスンの誘いでビートルズの“ゲット・バック・セッション”に参加し、「レット・イット・ビー」や「ゲット・バック」などの楽曲で印象的な演奏を繰り広げました。アップル・ビルの屋上で行なわれたビートルズ最後のライヴ演奏ではエレクトリック・ピアノを担当、“5人目のビートルズ”と称されるほどの存在感を見せました。その後、アップル・レコードから2枚のアルバムと4枚のシングルを発表し、71年にA&Mへ移籍。72年に発表された「アウタ・スペース」がアメリカで2位まで上がる大ヒットを記録。この曲でグラミー賞“ベスト・ポップ・インストゥルメンタル”を受賞しました。

 また、ローリング・ストーンズとの親交も深く、アルバム『スティッキー・フィンガーズ』『メイン・ストリートのならず者』などのレコーディングにも参加。73年のツアーでは前座として出演し、また75/76年のツアーではサポート・メンバーとして参加するだけでなく、ストーンズをバックに自身の曲を2曲披露するなどしました。90年代に入ると薬物中毒や保険金詐欺事件などのスキャンダルに見舞われ、その後は、ゴスペル音楽などの分野で活動を続けていたようです。(写真は『ミュージック・イズ・マイ・ライフ』)心からのご冥福を申し上げます。
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』
[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』[インタビュー] “HIP HOPミーツallグッド何か”の現在地点――サイプレス上野とロベルト吉野『ドリーム銀座』
[インタビュー] また一歩“最終形態”へと近づいた――KOYAN MUSIC『No Border』[インタビュー] 元キャロル内海利勝 10年ぶりのソロ・フル・アルバム完成!
[インタビュー] NHK大河ドラマ『西郷どん』の劇中歌で話題 奄美生まれのシンガー、城 南海が全国ツアーを開催[インタビュー] 挾間美帆がm_unitと描く三部作完結編『ダンサー・イン・ノーホエア』
[インタビュー] 自分には音楽がある KID FRESINO『ài qíng』全曲解説[インタビュー] 人間として、自分に何が出来るか 5lack『KESHIKI』
[インタビュー] 結成20周年を迎えたサックス・アンサンブルの先駆者 ――サキソフォビア『ノクターン』[インタビュー] 主人公の輪郭を求めているのかもしれない 中村雅俊、通算55枚目のシングル「だろう!!」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015