ニュース

ソニーのCCCD“レーベルゲートCD”がVer.2に!

2003/10/01掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 以前にもお伝えしたように、ついに米国でも導入されることになってしまったCCCDですが、どうやら、日本でもCCCDに関して新たな動きがある模様です。

 本日ソニー・ミュージックエンタテインメントが発表したことによれば、どうやら、同社が独自に採用している、ネットワーク認証型CCCD“レーベルゲートCD”のニュー・ヴァージョン“レーベルゲートCD2”が、このたび新たに開発されたそうで、今後、11月6日以降にソニー・ミュージック傘下のレーベルから発売される邦楽シングルに関して、随時導入していく予定とのこと。ただ、新ヴァージョンとはいえ、現在までに発表されていることによれば、どうやらその違いは、旧ヴァージョンの、パソコンで再生するだけでも、インターネット経由にて個別認証手続きが必要であった点が排除されただけであって、それ以外の点は変わらない模様。しかも、プレスリリースによれば、今は導入が見送られている邦楽アルバムに関しても、来年1月下旬以降に随時導入していく予定だそうなので、これは世間のCCCD反対派からは、またしても攻撃を受け続けそうな予感です。

 ちなみに、従来通り、インターネットにて個別認証手続きを得れば、ハードディスクへの複製は可能だそうですが、でも、我々音楽人が持ちたい権利は、そういったことではないのですけどね・・・。なお、写真は、これもレーベルゲートCDであった、Seagull Screaming Kiss Her Kiss Herの休止後、遂に動いた日暮愛葉のソロ・デビュー・シングル「NEW LIFE」です。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015