ニュース

ダンスを規制した風営法問題を問うドキュメンタリー映画『SAVE THE CLUB NOON』公開決定

2013/09/24 15:51掲載
はてなブックマークに追加
ダンスを規制した風営法問題を問うドキュメンタリー映画『SAVE THE CLUB NOON』公開決定
 2012年4月4日(水)21:43、大阪・梅田のクラブ「NOON」が“無許可で店内にダンススペースを設け、客にダンスをさせていた”という理由で摘発された――。ダンスを規制した風営法問題を問うドキュメンタリー映画、『SAVE THE CLUB NOON』(監督:宮本杜朗、企画:佐伯慎亮)が11月30日(土)より東京・渋谷「アップリンク」などにて公開されます。

 風営法の取り締まりは2010年頃から強化され、関西では約2年間でおよそ20軒ものクラブが実質的な廃業へ。大阪・中崎町の老舗ナイトクラブ「NOON」も摘発、経営者をはじめスタッフ8人が逮捕されるという事件が起こる。さらに“深夜帯”ではない摘発だったこともあり、クラブ・シーンのみならず、ライヴハウスまで緊張は広がり、摘発されたNOONを救済するべく、日本全国から約100組ものDJ、ミュージシャンが集まり、イベント〈SAVE THE NOON〉が4日間にわたり開催――。

 クラウドファンド(プロジェクトの賛同者がインターネット上で資金応援できる仕組み)で製作資金の100%を集めた作品としても注目を集める本作は、この〈SAVE THE NOON〉に出演した豪華ミュージシャンたちによる、熱く貴重なインタビューとライヴを収めたもの。現状を知って、未来を考える、そのための“最初の一歩”がここに記録されています。



《『SAVE THE CLUB NOON』Introduction》

2012年4月、風営法の厳密化により摘発された大阪中崎町の老舗クラブ[NOON](前身[clubDAWN])。クラブミュージックのみならず様々なジャンルのアンダーグラウンドな音楽シーンを支えた、いわばカルチャーの電波塔だったNOONへの「感謝」、そして「救済したい」という想いを伝えるべく、豪華ミュージシャンたちは20分や30分の少ない持ち時間でマイクをリレーする…… 。この映画は2012年の7月、4日間に渡り開催されたイベント〈SAVE THE NOON〉に出演したミュージシャン達の、熱く貴重なインタビューとライブを収めたドキュメンタリー映画である。
風営法によるクラブ摘発は2010年末頃から大阪、京都、福岡、東京と広がりを見せる中、あらゆるメディアがこの問題を取り上げてきた。そういった報道では、弁護士、クラブ経営者、音楽ライターなどの意見はよく目にするが、クラブやライブハウスを生業の場としているミュージシャンの声はなかなか表立って記事にはなっていない。表現者である彼らはこの問題をどう捉えているのか? この映画は、そのミュージシャン達それぞれのダイレクトな声をより多くの人に伝えたい、という想いが核になっている。
風営法に対して、怒りに任せて声高に異議を唱えるのではなく、この問題を冷静に捉え、風営法への疑問を通して自分たちが生きている社会をより深く知り、これからの未来を考えていく、そういうきっかけになればという想いで制作された。そして、記録としての役割。「2012年の夏にこういうイベントがあった」という事実を、音楽を愛する後世に伝えていく事を目的にしている。
この映画は、風営法のあり方について深く掘り下げて考察していくという内容の映画ではなく、あくまで「最初の一歩」である。その「最初の一歩」が、見た人の今後へと、きっと繋がっていく。その役割がこの映画にはあるものと確信している。

「この風営法をめぐる貴重なドキュメンタリーがテーマとしているのは、クラブやダンスについてだけでもないし、もちろんCLUB NOONの摘発だけではない。大切なものを守るため、考えることの大切さ、そして行動することの大切さを教えてくれる貴重な映像作品である」――齋藤貴弘(弁護士)

『SAVE THE CLUB NOON』

《公開スケジュール》
11月30日(土)〜 渋谷 アップリンク
12月頃〜 十三 第七藝術劇場
12月頃〜 名古屋 シネマテーク

監督・編集:宮本杜朗
企画:佐伯慎亮 / 山本陽平(NOON)
撮影:宮本杜朗 / 佐伯慎亮 / 東井剛生 / 高木風太 / 高木陽春 / 倉科直弘 / 平賀敬人 / 松本平太 / 牧野裕也
録音・整音:松野泉
インタビュー:佐伯慎亮
宣伝デザイン: 境隆太
スチール:名越啓介

配給・宣伝:「SAVE THE CLUB NOON」製作委員会
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015