ニュース

ジョイ・ディヴィジョンのライヴ・ボックスが限定リリース!!

2003/10/15掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 以前にお伝えした、キーボード兼ギタリストのギリアン・ギルバートの脱退について、未だ正式なアナウンスはない、我らが“ニューオーダー”。覚悟はしているものの、出来れば単なる噂であって欲しいと願うばかりなファンも多いかと思いますが、そんななか、その彼らの前身バンドであり、またその孤独感を増幅するクールなサウンドがすでに伝説化している、ジョイ・ディヴィジョンの新たなボックス・セット『Joy Division Box』がUKにて11月10日にリリースされることになった模様です。(写真は彼らの名作『クローサー』
 彼らのボックス・セットといえば、ほぼすべて音源を網羅した『ハート&ソウル』が98年にリリースされたことがありますが、今回のボックス・セットは、彼らのライヴ音源のみを集めたものになるそうで、CD3枚組としてリリースされる予定。なんでも、そのうち2枚に関しては、『ライヴ・イン・パリ(Les Bains Douches 18 December 1979)』『ライヴ・イン・プレストン(Preston:Warehouse 28/2/8)』という名の作品として、すでに単独作品としてリリースされたことがあるものらしいのですが、ただし、最後の1枚である『Live At The Paradiso』なるアルバムは、今回が初披露の貴重なものとなる予定。詳しい録音年月などは不明ではありますが、調べたところによれば、かつて80年1月に、このアムステルダムにある“Paradiso”にて彼らがライヴを行なったことがあるので、きっとその時の音源かと思われます。

 ちなみに、今作には、そのCD3枚に加え、当時のツアー・ポスターやTシャツを復元したものも付属される予定。ただし、その豪華な仕様ゆえ、プレス数はたった3,000枚となってしまう模様なので、見つけたら即買いすることをオススメ致します。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー![インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015