ニュース

ショートムービープロジェクト〈SHORT MOVIE CRASH〉の先行上映会がお台場にて開催

2013/10/30 16:34掲載
はてなブックマークに追加
 “もっと自由な創作を。もっと新しい発見を。もっと世界に発信を。”をテーマとしたショートムービープロジェクト〈SHORT MOVIE CRASH〉の先行上映会が、10月26日(土)、東京・お台場メディアージュにて開催。

 〈SHORT MOVIE CRASH〉とは「映像クリエーター」と「音楽アーティスト」が作品のテーマからお互いの感性、個性、主張をぶつけ合い、様々な化学反応を起こしながら1つのショートフィルム制作するショートムービープロジェクト。新しい興行形態やTUNECOREといった配信システム、クリエーターへの利益還元と発掘&育成支援、世界視野でのコンテンツ配信への試みにもチャレンジし、2カ月ごとに1作品を制作する予定となっています。

 この日舞台挨拶に登壇したのは、「Return of the bad girl」の藤井道人監督、「柩」の門馬直人監督、「ノアの箱車」の清水健太監督の3人と、各作品の出演陣。

 〈SHORT MOVIE CRASH〉について印象に残っていることを聞かれた藤井道人監督は「まずは(COMA-CHIの)ライヴを見せていただいて興奮し、その勢いで作り始めた」とコメント。また企画について感想を聞かれた門馬直人監督は「家族をテーマに書きたかった。書いてもらった脚本をChicago Poodleさんに読んでもらい、曲をうんでもらった」とコメント。また清水健太監督は「10年前、僕はここでチケットのモギリをしていた」というエピソードを披露、「DE DE MOUSEさんは個人的にも好きで、今回は普通こんなところでは使われないようなところに曲を使用したりと、いい意味でのギャップを楽しんでもらえたらいいな」と語りました。

 「柩」の主役、麻亜里は「家族っていいな、人っていいなという気持ちになってもらえたらいいなぁと。 身近にいるご自身の家族の事を思ったりしてみていだたけたら嬉しい」とコメント。

 舞台挨拶に引き続き行われた先行上映では、〈SHORT MOVIE CRASH 2013 1st Crash〉のラインナップである藤井道人監督 x COMA-CHIの「Return of the bad girl」、門馬直人監督 x CChicago Poodleの「柩」、清水健太監督 x CDE DE MOUSEの「ノアの箱車」の3作品が上映されました。

 上映終了後には、Chicago PoodleとDE DE MOUSEの2組がミニライヴを敢行。これはお台場シネマメディアージュ初の試み。DE DE MOUSEとChicago Poodleは、それぞれ映画のテーマとなった「milkyway planet」」や「Wish」を含むライヴを披露。映画館がライヴ会場に早変わりし、劇中で使用された楽曲がそのまま生のパフォーマンスとして再現されると、映画のシーンとリンクし涙する観客の姿も。両者には大きな拍手と声援を送られ、盛り上がりを見せていました。

 〈SHORT MOVIE CRASH〉はこの日を皮切りに、全国で順次上映予定。お近くの映画館にて上映の際は足を運んでみてはいかがでしょう。

クリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されます

(c)SMC

SHORT MOVIE CRASH
www.smcrash.tv

“SHORT MOVIE CRASH 2013 1st Crash”

[Crash#0]
オープニングムービー
オープニングアクト: 麻亜里
オープニングテーマ: 「CRASH」KNOCK OUT MONKEY

[Crash#1]
Return of the bad girl
藤井道人監督 x COMA-CHI
主題歌: 「Return of the bad girl」

[Crash#2]

門馬直人監督 x Chicago Poodle
主題歌: 「with」

[Crash#3]
ノアの箱車
清水健太監督 x DE DE MOUSE
主題歌: 「milkyway planet」

SHORT MOVIE CRASH
2013前半期 劇場公開スケジュール
★特別上映(音楽アーティストのライブあり)

・2013年11月2日(土)〜8日(金)
TOHOシネマズなんば / TOHOシネマズ二条

・2013年11月9日(土)〜15日(金)
シネマサンシャイン池袋 / 中川コロナシネマワールド

・2013年11月9日(土)★
中川コロナシネマワールド

・2013年12月7日(土)〜13日(金)
TOHOシネマズ天神 / 福山コロナシネマワールド / 小倉コロナシネマワールド

・2014年1月4日(土)〜10日(金)
TOHOシネマズ名古屋ベイシティ / 青森コロナシネマワールド(予定) / 小牧コロナシネマワールド / 春日井コロナシネマワールド / 半田コロナシネマワールド / 安城コロナシネマワールド / 豊川コロナシネマワールド / 大垣コロナシネマワールド / 金沢コロナシネマワールド / 福井コロナシネマワールド

・2014年1月11日(土)〜17日(金)
TOHOシネマズ六本木ヒルズ / TOHOシネマズ川崎 / TOHOシネマズららぽーと横浜 / TOHOシネマズ南大沢 / TOHOシネマズ市川コルトンプラザ / TOHOシネマズ海老名 / 小田原コロナシネマワールド

・2014年1月18日(土)★
お台場シネマメディアージュ
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子
[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様
[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る
[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー
[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”
[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター[インタビュー] アンドレア・ボチェッリ、ロックダウン中の心境を反映した、安らぎの新作『Believe〜愛だけを信じて』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015