ニュース

祝!フロントページ・オーケストラが1stアルバムをリリース!

2003/12/18掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 大推薦盤です!この日が来るのをどれほど待った事か! 三木俊雄率いるフロントページ・オーケストラが遂にファーストアルバムを出します!! HP上で“CD制作が目標”とずいぶん前から書かれていただけに、楽しみにしていたファンも多い事でしょう! 来年の2月18日発売。タイトルは『ハーモニー・オブ・ザ・ソウル』(WNCJ-2130 \2,800(税込))。What’s New Recordsからのリリースとなります。

 1996年の結成以来やっとのCDリリースですから、とにかく嬉しい!早く聴きたい! ここでフロント・ページ・オーケストラ(以下F.P.O.)を知らない方のために簡単に紹介。
F.P.O.はテナーサックス奏者の三木俊雄が結成した10人編成のオーケストラで、2トランペット、トロンボーン、ユーフォニアム、アルト、2テナー+3リズムといったユニークな編成。メンバー全員(以下参照)が強力なソリスト集団なので、まるでスモールコンボのような一体感と各々の自己表現がラージアンサンブルの中で展開される、もの凄いグループなわけです。とにかく素晴らしいのですよ、三木俊雄のアレンジメントが!

(メンバー)
三木俊雄(テナーサックス)
池田篤(アルトサックス)
岡崎正典(テナー&ソプラノサックス)
岡崎好朗(トランペット)
奥村晶(トランペット)
片山雄三(トロンボーン)
山岡潤(ユーフォニアム)
福田重男(ピアノ)
俵山昌之(ベース)
高橋徹(ドラムス)

 “10年前にはこんなバンドは存在しなかったし、あったとしても成立しなかった。F.P.O.は日本のジャズシーンの希望だ!”こう言い切るのは、F.P.O.のファンであり、協力者としてF.P.O.のために尽力を尽くしているジャズピアノの日本代表・小曽根真。2000年の暮れにはキーノートでF.P.O.と共演。今回は帯の推薦文とライナーノーツを担当してます。

 アルバムの曲は全てオリジナルで、特に「隅田川」という曲は溜息が出るほどに素晴らしく、間違い無く名曲です! この曲のみF.P.O.の公式HPで試聴が可能なので、是非ともチェックして下さい!
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015