ニュース

ジョシュア・レッドマン&ブラッド・メルドーがデュオ・ライヴ・アルバムを発表 来日公演も間近に

2016/10/05 13:35掲載
はてなブックマークに追加
 現代ジャズを牽引する、サックス奏者のジョシュア・レッドマン(Joshua Redman)とピアニストのブラッド・メルドー(Brad Mehldau)が、10月5日(水)にデュオ・ライヴ・アルバム『ニアネス』(WPCR-17486 2,400円 + 税)をリリース。2011年に行なったヨーロッパ・ツアーでのライヴ・レコーディングから選り抜いたパフォーマンスが6曲収録されています。

 1990年代にレッドマンのカルテットにメルドーが加わったのをきっかけに、2010年にはメルドーの『ハイウェイ・ライダー』にレッドマンが参加。2013年にはレッドマンの『ウォーキング・シャドウズ』に今度はメルドーがプロデューサーとパフォーマーとして参加するなど、コラボレートを重ねてきた2人。その関係についてメルドーは「すごく久しぶりに会っても、前にあった時とまったく同じ感じで付き合えるような友人関係」だと語っています。

 また、このアルバムを携えての来日公演も10月12日(水)・13日(木)東京・南青山 BLUE NOTE TOKYO、10月14日(金)東京・丸の内 COTTON CLUBにて開催されます。



■2016年10月5日(水)発売
ジョシュア・レッドマン / ブラッド・メルドー
『ニアネス』

WPCR-17486 2,400円 + 税

[収録曲]
01. オーニソロジー
02. オールウェイズ・オウガスト
03. イン・ウォークド・バド
04. メルザンコリー・モード
05. ザ・ニアネス・オブ・ユー
06. オールド・ウエスト

[演奏者]
ジョシュア・レッドマン(sax)
ブラッド・メルドー(pf)


ジョシュア・レッドマン / ブラッド・メルドー デュオ
来日公演


・2016年10月12日(水) / 13日(木)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
チャージ 8,800円(税込 / 別途飲食代)
www.bluenote.co.jp/jp/artists/joshua-redman
 
・2016年10月14日(金)
東京 丸の内 COTTON CLUB
チャージ 8,800円(税込 / 別途飲食代)
www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/joshua-redman-brad-mehldau
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015