ニュース

デヴィッド・サンボーンの来日公演がBLUE NOTE TOKYOで開催中

2016/12/01 16:12掲載
はてなブックマークに追加
デヴィッド・サンボーンの来日公演がBLUE NOTE TOKYOで開催中
 6度の〈グラミー賞〉に輝くアルト・サックス界の最高峰、デヴィッド・サンボーン(David Sanborn)が、11月30日(水)から12月3日(土)まで東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOにて来日公演を開催。公演初日の様子とメッセージがYouTube(youtu.be/6HITJaf8Dyw)などで公開されています。

 1960年代から数々のブルース〜R&Bバンドで演奏し、75年にソロ・デビュー。ワン&オンリーの音色、まるでシンガーのように歌いあげるフレーズはファンのみならず後進のサックス奏者からも圧倒的な支持を集め、これまで発表したアルバムのすべてがベスト・セラーに輝いています。盟友マーカス・ミラーが15年ぶりにプロデュースを手がけた近作『タイム・アンド・ザ・リヴァー』も好評のなか、今回も新旧とりまぜた名曲の数々を、極上のパフォーマンスで披露してくれそうです。



デヴィッド・サンボーン 来日公演

2016年11月30日(水)〜12月3日(土)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
チャージ 11,000円(税込 / 飲食代別)

[メンバー]
デヴィッド・サンボーン(sax)
マーク・ステファンズ(key)
ニッキー・モロック(g)
アンドレ・ベリー(b)
ビリー・キルソン(dr)
岡部洋一(per)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015