ニュース

Winkの名曲リエディット集を発売したNight Tempoが渋谷とソウルでリリパ開催

2019/04/25 16:33掲載
はてなブックマークに追加
Winkの名曲リエディット集を発売したNight Tempoが渋谷とソウルでリリパ開催
 ネット発の音楽ジャンル「ヴェイパー・ウェイヴ」シーンから登場し、欧米の80年代ジャパニーズ・ポップスを再評価するシティー・ポップ・ブームを牽引する韓国のプロデューサー / DJのNight Tempoが、Winkの楽曲をアレンジした作品『Wink - Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』を4月24日に配信リリース。本作の発売を記念して、4月26日(金)に東京・The Millennials Shibuyaにてリリース・パーティを開催。5月9日(木)には韓国・ソウル Cakeshopでもリリース・イベントを行います。

 『Wink - Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』は、「ザ・昭和グルーヴ」というコンセプトのもと、日本の80年代ポップスからアイドルの作品を“フューチャー・ファンク”と自ら称し、フィルター・ハウスにアップデートするリエディット企画のオフィシャル・リリース第1弾。

 Winkのファンを公言するNight Tempoが、Winkの代表曲「淋しい熱帯魚」「愛が止まらない 〜Turn It Into Love〜」はもちろん、1991年発表のアルバム『Sapphire』収録曲で、相田翔子のソロ楽曲「Get My Love」などをコンパイル&リエディットした4曲入りEPです。なおアートワークは、Night Tempoとタッグを組んで活動する韓国のレトロ・ペインティング・アーティストのtree 13 が、「淋しい熱帯魚」のシングル・ジャケットをモチーフにして完成させています。

 Night Tempoは本作について、「小さい頃から聴いてきた憧れのマイ・アイドル、Wink。この夢のようなコラボは、自分の音楽人生にとって大きなモチベーションになりました」とコメント。また本作のリリースに合わせ、Night Tempoが自ら手掛けた「淋しい熱帯魚(Night Tempo Showa Groove Mix)」のMVを公開中です。


 4月26日に東京・The Millennials Shibuyaにて開催のリリース・パーティ〈Japanese Things〉に続いて、5月9日に韓国・ソウル Cakeshopにて開催されるリリース・イベントには、メキシコのMacross 82-99をはじめとする、Night Tempo率いるSailor Teamのクルーがアメリカ、ロシア、香港からこのパーティのために集結。Winkのリエディット発売をNight Tempoのホーム・グラウンドでも祝うことになっています。

 
 なおNight Tempoは、7月に米ロサンゼルスで人気パーティー・オーガナイザー集団“Brownies & Lemonade”が開催するイベントへの出演が決定しています。

拡大表示拡大表示拡大表示


■2019年4月24日(水)配信開始
Night Tempo
『Wink - Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』

Spotify


[収録曲]
01. 淋しい熱帯魚 (Night Tempo Showa Groove Mix)
02. 愛が止まらない 〜Turn It Into Love〜 (Night Tempo Showa Groove Mix)
03. Get My Love (Night Tempo Showa Groove Mix)
04. Special To Me (Night Tempo Showa Groove Mix)

Japanese Things vol.6

2019年4月26日(金)
東京 渋谷 The Millennials Shibuya

Night Tempo presents
Wink The Showa Groove release event


2019年5月9日(木)
韓国 ソウル Cakeshop
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015