ニュース

映画『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)』プロローグ映像&デジタル・ポスター公開

2021/11/25 13:57掲載
はてなブックマークに追加
映画『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)』プロローグ映像&デジタル・ポスター公開
 巨匠、スティーヴン・スピルバーグが“恐竜”に命をふきこみ、誰も観た事がなかったリアルでスリリングな映像体験に世界中の人々が心を躍らせ、映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック・パーク』、そして『ジュラシック・ワールド』シリーズ。累計5000億円以上の世界興行収入を記録しているこの「ジュラシック」シリーズに関して、全世界待望のシリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)』(JURASSIC WORLD:DOMINION / 2022年6月10日全米公開予定)が、2022年夏に全国ロードショー決定。公開に先駆けて、この度、本作のプロローグ映像とデジタル・ポスターが公開されています。

 今回の映像は、5分30秒を超える長尺映像となり、ハリウッドの最新技術を駆使してよみがえった恐竜たちの息遣いから白亜紀の光景、そして現代の人間社会に出現した恐竜たちの衝撃のアクション映像など、シリーズ史上最高のリアリティを確信できる映像に仕上がっています。映像の冒頭では、6,500万年前の白亜紀時代に恐竜が地球全体を闊歩していた様子が息を呑むようなリアルさで描かれています。人類が存在する遥か以前の地球で活動する恐竜たちの姿が明らかになるとともに、恐竜のDNAが蚊によって保存されたというシリーズ第1作『ジュラシック・パーク』(1993年)で描かれた本シリーズの起源ともいえる瞬間を垣間見ることができます。また、前作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018年)で描かれたイスラ・ヌブラル島から北カリフォルニア州へと移送された恐竜たちが、世界中に放たれるという衝撃のラスト。本映像ではその後のエピソードと思われる、我々人類が住む平穏な世界に突如現れた恐竜たちが、人類を史上最大の危機へと陥れる驚愕のアクション映像の一片が披露されています。本作では、これまでの「ジュラシック」シリーズには登場していなかった新恐竜も登場。2022年夏の公開に向け、少しずつ謎に包まれたベールが明らかになっていきます。

 あわせて、デジタル・ポスターも公開。スクリーンの前でティラノサウルスが吠える、ジュラシックシリーズらしい期待が高まる1枚となっています。

 また、本映像の公開を記念し「期待投稿キャンペーン」の実施が決定。最新作のストーリー予想&ジュラシックシリーズへの熱い想いを「#ジュラ全力待機」のハッシュタグをつけてTwitterに投稿いただくと抽選で豪華賞品が当たります。詳細は公式HPをご確認ください。

 スケール感、映像技術、そしてエンターテインメント性など全てにおいてシリーズ最大級の大迫力でフルスケールアップした本作。恐竜たちがかつてない程凶暴に、そして世界中を縦横無尽に暴れ回る“究極の進化を遂げたジュラシック体験”にぜひご期待ください。


©2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)』
2022年夏全国ロードショー
www.jurassicworld.jp

公式Facebook: facebook.com/jurassicworld.movie
公式Twitter: twitter.com/jurassicworldjp

『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)』プロローグ映像公開記念 期待投稿キャンペーン
www.jurassicworld.jp/jwd-twcp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015