ニュース

ACIDMAN、韓国のオーディエンスを魅了!

ACIDMAN   2009/07/30 14:46掲載
はてなブックマークに追加
ACIDMAN、韓国のオーディエンスを魅了!
 7月24日(金)、韓国・仁川で開催された〈インチョン・ペンタポート・ロック・フェスティバル2009〉にACIDMANが参加! ACIDMANとして初の海外公演ともなったこのライヴ、日本でのフェス以上の盛り上がりに!

 オープニングの「CARVE WITH THE SENSE」から、オーディエンスの悲鳴にも近い大歓声が上がり、「波、白く」「アイソトープ」とエッジの効いた強力なナンバー披露すると、ライヴの勢いに誘われたACIDMANをはじめて知るオーディエンスも続々と集まり、一気に会場はヒートアップ。

 浦山一悟(ds)の「こんにちは。はじめまして。ACIDMANです。日本から来ました。今日は最後まで楽しんで下さい」と韓国語のMCで大歓声を浴びた後、中盤の「リピート」「赤橙」、そして新曲「ファンタジア」とミディアムなナンバーで観客を魅了。終盤の「Under the rain」「ある証明」から、ラストの「Your Song」と強力なナンバーを立て続けに披露すると、オーディエンスの熱気は頂点に。ステージを去った後も、会場からはアンコールの歓声が鳴り響いていました。

 ACIDMAN初の海外公演となった〈インチョン・ペンタポート・ロック・フェスティバル2009〉。ACIDMANのライヴをはじめて体感するオーディエンスが少なくないなか、圧倒的なパフォーマンスと立体感のある構成で、韓国のロック・ファンへとても強い印象を残したのでは。

 待望のニュー・アルバム『A beautiful greed』は28日付けのオリコン・デイリー・アルバム・ランキングで2位を記録し、9月2日には、最新PVや2008年春からの活動記録を収録したDVD『scene of “A beautiful greed”』をリリース、ファイナルに2度目の武道館公演を控えた全国ツアー〈ACIDMAN LIVE TOUR “A beautiful greed”〉は10月からスタートと、嬉しいトピックが続くACIDMAN。初の海外公演を経て、さらに一段と高い境地へと達した彼らに注目です!


最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015