ニュース

アークティック・モンキーズ日本特設サイトにて、いしわたり淳治と妹沢奈美による「歌詞の軌跡対談(前半)」公開!

アークティック・モンキーズ   2013/08/29 15:22掲載
はてなブックマークに追加
アークティック・モンキーズ日本特設サイトにて、いしわたり淳治と妹沢奈美による「歌詞の軌跡対談(前半)」公開!
 アークティック・モンキーズ(Arctic Monkeys)の待望のニュー・アルバム『AM』が、9月4日(水)にリリースされるのを記念し、彼らの歌詞にクローズアップするスペシャル企画が『AM』特設サイト(am.hostess.co.jp/campaign.html)で始まりました。

 本企画の第1弾として、先日、最新シングル「Why'd You Only Call Me When You're High?」日本語字幕付きビデオが公開となりましたが、今回は続いて「Crying Lightning」と「Suck It And See」の字幕付きのビデオも公開。そして、本企画の目玉として、作詞家、プロデューサーであるいしわたり淳治と音楽ライターの妹沢奈美による「アークティック・モンキーズ〜歌詞の軌跡スペシャル対談(前半)」が公開、さらに第3弾として「好きな歌詞投票」がスタートしました。

 アークティック・モンキーズをこよなく愛する2人によって行なわれたこの対談。彼らの歌詞の変遷や、言葉遊び、ナンセンスさなどを、ふたり独自の視点から分析する、非常に興味深い内容となっています。

 今まであまり語られることのなかった彼らの歌詞。是非アルバムリリース前に過去の作品を振り返って、「好きな歌詞投票」に参加してみてください。気になる対談の後半は近日公開予定。

 さらに、「好きな歌詞投票」に参加して下さった方の中から抽選で、アルバム・リリース記念爆音上映会にご招待いたします。アルバム・リリース前日の9月3日(火)に、今年6月に行なわれた最新ライヴ映像を爆音上映するスペシャル・イベント。吉祥寺のバウスシアターをはじめ、全国で行われている「爆音上映」を主催する「boid」の協力のもと、彼らの最新ライブ映像が最高の環境で楽しめるチャンスとなっています。完全招待制(入場無料)のレア・イベントとなりますので、ぜひ奮ってご応募ください。

アークティック・モンキーズ爆音上映会
2013年9月3日(火)
都内某所
開場 18:30 / 開演 19:30(本編約1時間30分 / 21:00終了予定)
協力:boid(www.boid-s.com

[お申込方法]
イベント参加申し込みは『AM』特設サイトから
am.hostess.co.jp/campaign.html
※申し込みにはTwitter経由で好きな歌詞投票への参加が必須となります。
・応募締切は8月31日(日)0:00までとさせていただきます。
・当選のお知らせは、8月31日(日)23:30までに当選者様のみにメールにてお知らせをさせて頂きます。抽選に外れた方にはご連絡が行きませんので、予めご了承下さい。


■2013年9月4日発売(UKリリース9月9日)
ARCTIC MONKEYS
『AM』

HSE-10137 税込2,490円
※日本盤は先行リリース、ボーナストラック1曲、歌詞対訳、ライナーノーツ付

[収録曲]
01. Do I Wanna Know?
02. R U Mine?
03. One For The Road
04. Arabella
05. I Want It All
06. No. 1 Party Anthem
07. Mad Sounds
08. Fireside
09. Why’d You Only Call Me When You’re High?
10. Snap Out Of It
11. Knee Socks
12. I Wanna Be Yours
13. 2013(日本盤ボーナストラック)

先行シングル「Why'd You Only Call Me When You're High?」
(高音質Mastered For iTunes仕様)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015