ニュース

黒い衝撃、再び!!

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ   2003/04/23掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 日本でも輸入盤のみの流通であった時から、そのズバ抜けた楽曲センスが話題となり、昨年3月に日本盤化された際には絶賛の声がアチラコチラから聞こえた、デビュー作『ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ登場』(写真)から、早くも1年。ついに、新世代のジーザス&メリーチェインなのか? はたまた、21世紀に突如復活したストゥージスなのか? そんな評判の声も上がった、あの黒い衝撃“ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ”のニュー・アルバムがリリースされます。

 ジーザス&メリーチェインを彷彿させるような轟音ギター・サウンドに、優れたメロディ・センスを兼ね揃える彼らが、前作での評判を受けて、新たに制作したアルバム。過去には、そういった流れで制作された2ndアルバムで消えていったアーティストもいましたが、でも、彼らの場合は、メンバーのひとりがイギリス入国のビザをなかなか取得出来ず、ライヴが行なえないという状況であったのを見かねて、あのU2のボノがアメリカ政府を説得し許可が出たという、そんな“本物”感じるエピソードがあるぐらいなので、そんな心配はまったく無用のはず。どうやら、最近のライヴにて披露されていた「Stop」「US Government」「Shade Of Blue」なる新曲も収録されるという噂のアルバムは、その名も『Take Them On, On Your Own』だそうで、日本盤(VJCP-68505\2,548(税込))は、日本先行となる6月11日にリリースされる予定。なお、日本盤にはボーナス・トラックが追加収録される模様です。今年リリースされる作品のなかでも、是が否でも押えておきたい作品のひとつなので、とにかく注目を!!
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作
[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝![インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作
[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015