ニュース

bloodthirsty butchers結成25周年BOX『血に飢えた四半世紀』その内容が判明

ブラッドサースティ・ブッチャーズ   2012/10/09 15:45掲載
はてなブックマークに追加
bloodthirsty butchers結成25周年BOX『血に飢えた四半世紀』その内容が判明
 11月14日(水)に発売が予定されている、bloodthirsty butchersの結成25周年を記念したBOX『血に飢えた四半世紀』。その驚愕の内容が明らかに。廃盤復活となる10作品を含むブッチャーズのこれまでのアルバム全12作を紙ジャケット・帯付きで封入、同梱されるDVD『血に飢えたDVD』にはこれまでのMVが全10曲、そして店頭プロモーション用として制作された貴重な映画館でのライヴ映像「福山シネマモードepk」が収録されます。

 そしてこの『血に飢えたDVD』には、ブッチャーズが1stアルバムを発表する前、1988年と翌89年に制作されたカセットテープ音源を“音源特典”として収録。「bloodthirsty butchers 1stカセットテープ」はまさにバンドが初めて“作品”として完成させた、ブッチャーズの一番最初の作品。バンド自らスタジオ・レコーディングし、リーダーの吉村秀樹(vo、g)が当時、四畳半の部屋で1本づつカセットをダビングして希望者に無料配布したという恐ろしく貴重な音源(当時の複製数は約100本程度。今回は同時にレコーディングされながらカセットに収録されなかったアウトテイク的な2曲も追加で収録)。

 2本目となる「bloodthirsty butchers 2ndカセットテープ」は、バンドが初めて商品として発表した音源。当時の資料でも“デビュー”と表記されており、これが正真正銘のブッチャーズのデビュー作。VHSのマスターテープから音を立ち上げての収録となっています。2本ともに発表当時以来、一度も世に出たことのなかった“超”が付くほどの幻の音源です!
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015